目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第29章(CHAPTER 29)

  1. あゝアリエルよアリエルよ あゝダビデの營(えい)をかまへたる邑(まち)よ としに年をくはへ節會(せちゑ)まはりきたらば
  2. われアリエルをなやまし之(これ)にかなしみと歎息(なげき)とあらしめん 彼をアリエルのごとき者となすべし
  3. われ汝(なんぢ)のまはりに營(えい)をかまへ保砦(とりで)をきづきて汝をかこみ櫓(やぐら)をたてゝなんぢを攻(せむ)べし
  4. かくてなんぢは卑(ひく)くせられ 地にふしてものいひ塵(ちり)のなかより低聲(ひくきこゑ)をいだしてかたらん 汝のこゑは巫女(みこ)のこゑのごとく地よりいで汝のことばは塵(ちり)のなかより囀(さへ)づるがごとし
  5.  然(され)どなんぢのあだの群衆(もろもろ)はこまやかなる塵(ちり)の如(ごと)く あらぶるものの群衆(もろもろ)はふきさらるゝ粃糠(もみがら)の如(ごと)くならん 俄(にはか)にまたゝく間にこの事あるべし
  6. 萬軍(ばんぐん)のヱホバはいかづち 地震 おほごゑ 暴風(はやち) つむじかぜ及びやきつくす火の[ほのほ]をもて臨(のぞ)みたまふべし
  7. 斯(かく)てアリエルを攻(せめ)てたゝかふ國々のもろもろ アリエルとその城とをせめたゝかひて難(なや)ますものは みな夢のごとく夜のまぼろしの如(ごと)くならん
  8. 飢(うゑ)たるものの食(くら)ふことを夢みて醒(さめ)きたればその心なほ空(むな)しきがごとく 渇(かわ)けるものの飮(のむ)ことを夢みて醒(さめ)きたれば疲れかつ頻(しきり)にのまんことを欲(ほつ)するがごとく シオンの山をせめて戰ふくにぐにの群衆(もろもろ)もまた然(しか)あらん
  9.  なんぢらためらへ而(しか)しておどろかん なんぢら放肆(ほしいまゝ)にせよ而(しか)して目くらまん かれらは酔(ゑへ)りされど酒のゆゑにあらず かれらはよろめけりされど濃酒(こきさけ)のゆゑにあらず
  10. そはヱホバ酣睡(うまい)の靈(れい)をなんぢらの上にそゝぎ 而(しか)してなんぢらの目をとぢ なんぢらの面(かほ)をおほひたまへり その目は預言者そのかほは先知者(せんちしゃ)なり
  11. かゝるが故(ゆゑ)にすべての默示(もくし)はなんぢらには封(ふう)じたる書(ふみ)のことばのごとくなり 文字しれる人にわたして請(こふ)これを讀(よめ)といはんに答へて封(ふう)じたるがゆゑによむこと能(あた)はずといはん
  12. また文字しらぬ人にわたして請(こふ)これをよめといはんにこたへて文字しらざるなりといはん
  13.  主(しゆ)いひ給(たま)はく この民は口をもて我にちかづき口唇(くちびる)をもてわれを敬(うやま)へども その心はわれに遠(とほざ)かれり そのわれを畏(かしこ)みおそるゝは人の誡命(いましめ)によりてをしへられしのみ
  14. この故(ゆゑ)にわれこの民のなかにて再びくすしき事(わざ)をおこなはん そのわざは奇(くす)しくしていとあやし かれらの中なる智者のちゑはうせ聰明者(さときもの)のさときはかくれん
  15.  己(おの)がはかりごとをヱホバに深くかくさんとする者はわざはひなるかな 暗中(くらきうち)にありて事(わざ)をおこなひていふ 誰かわれを見んや たれか我をしらんやと
  16. なんぢらは曲(まが)れり いかで陶工(すゑものづくり)をみて土塊(つちくれ)のごとくおもふ可(べけ)んや 造られし者おのれを作れるものをさして我をつくれるにあらずといふをえんや 形づくられたる器(うつは)はかたちづくりし者をさして智慧(ちゑ)なしといふを得(え)んや
  17.  暫(しばら)くしてレバノンはかはりて良田(よきはた)となり 良田(よきはた)は林のごとく見ゆるとききたるならずや
  18. その日(ひ)聾者(みゝしひ)はこの書(ふみ)のことばをきゝ盲者(めしひ)の目はくらきより闇(やみ)よりみることを得(う)べし
  19. 謙(へりく)だるものはヱホバによりてその歡喜(よろこび)をまし 人のなかの貧(まづし)きものはイスラエルの聖者によりて快樂(たのしみ)をうべし
  20. 暴(あらぶ)るものはたえ 侮慢者(あなどるもの)はうせ 邪曲(よこしま)の機(をり)をうかゞふ者はことごとく斷滅(たちほろぼ)さるべければなり
  21. かれらは訟(うたへ)をきく時まげて人をつみし 邑門(まちのもん)にていさむるものを謀略(はかりごと)におとしいれ 虚(むな)しき語(ことば)をかまへて義人(たゞしきひと)をしりぞく
  22.  この故(ゆゑ)にむかしアブラハムを贖(あがな)ひたまひしヱホバはヤコブの家につきて如此(かく)いひたまふ ヤコブは今より恥(はぢ)をかうむらず その面(かほ)はいまより色をうしなはず
  23. かれの子孫はその中にわがおこなふ手のわざをみん その時わが名を聖(せい)としヤコブの聖者(せいしゃ)を聖(せい)としてイスラエルの神をおそるべし
  24. 心あやまれるものも知識をえ つぶやけるものもヘ誨(をしへ)をまなばん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書