目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 ・・ 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第30章(CHAPTER 30)

  1. ヱホバのたまはく 悖(もと)れる子輩(こら)はわざはひなるかな かれら謀略(はかりごと)をすれども我によりてせず 盟(ちかひ)をむすべどもわが靈(みたま)にしたがはず ますます罪につみをくはへん
  2. かれらわが口にとはずして エジプトに下りゆきパロの力をかりておのれを強くしエジプトの蔭(かげ)によらん
  3. パロのちからは反(かへり)てなんぢらの恥(はぢ)となり エジプトの蔭(かげ)によるは反(かへり)てなんぢらの辱(はづ)かしめとなるべし
  4. かれの君(きみ)たちはゾアンにあり かれの使者(つかひ)たちはハネスにきたれり
  5. かれらは皆おのれを益(えき)することあたはざる民によりて恥(はぢ)をいだく かの民はたすけとならず益(えき)とならず かへりて恥(はぢ)となり謗(そしり)となれり
  6.  南のかたの牲畜(けもの)にかゝる重負(おもに)のよげん 曰(いは)く
     かれらその財貨(たから)を若き驢馬(ろば)のかたにおはせ その寳物(はうもつ)を駱駝(らくだ)の背におはせて 牝獅(めじゝ) 牡獅(をじゝ) まむし 及び とびかける蛇(をろち)のいづる苦しみと艱難(なやみ)との國(くに)をすぎて 己(おのれ)をえきすること能(あた)はざる民にゆかん
  7. そのエジプトの助(たすけ)はいたづらにして虚(むな)し このゆゑに我はこれを休みをるラハブとよべり
  8.  いま往(ゆき)てこれをその前にて牌(ふだ)にしるし書(ふみ)にのせ 後の世に傳(つた)へてとこしへに證(あかし)とすべし
  9. これは悖(もと)れる民いつはりをいふ子輩(こら)ヱホバの律法(おきて)をきくことをせざる子輩(こら)なり
  10. かれら見るものに對(むか)ひていふ見るなかれと 默示(もくし)をうる者にむかひていふ直(なほ)きことを示すなかれ 滑(なめら)かなることをかたれ虚僞(いつはり)をしめせ
  11. なんぢら大道(おほぢ)をさり逕(みち)をはなれ われらが前にイスラエルの聖者をあらしむるなかれと
  12. 此(これ)によりてイスラエルの聖者(せいしゃ)かくいひ給(たま)ふ なんぢらこの言(ことば)をあなどり暴虐(しへたげ)と邪曲(よこしま)とをたのみて之(これ)にたよれり
  13. 斯(かゝ)るがゆゑにこの不義なんぢらには凸出(つきいで)ておちんとするたかき垣(かき)のさけたるところのごとく その破壞(やぶれ)にはかに暫(しば)しが間(ま)にきたらんと
  14. 主(しゆ)これを破りあだかも陶工(すゑものづくり)の瓶(かめ)をくだきやぶるがごとくして惜(をし)みたまはず その碎(くだけ)のなかに爐(ろ)より火をとり池より水をくむほどの一片(ひとひら)だに見出すことなからん
  15.  主(しゆ)ヱホバ、イスラエルの聖者かくいひたまへり なんぢら立(たち)かへりて靜かにせば救(すくひ)をえ 平穩(おだやか)にして依ョ(よりたの)まば力をうべしと 然(され)どなんぢらこの事をこのまざりき
  16. なんぢら反(かへり)ていへり 否(いな)われら馬にのりて逃走(にげはし)らんと この故(ゆゑ)になんぢら逃走(にげはし)らん 又いへりわれら疾(はや)きものに乗(のら)んと この故(ゆゑ)になんぢらを追(おふ)もの疾(はや)かるべし
  17. ひとり叱咤(しつた)すれば千人にげはしり 五人しつたすればなんぢら逃走(にげはし)りて その遺(のこ)るものは僅(わづ)かに山嶺(やまのいたゞき)にある杆(さを)のごとく 岡のうへにある旗(はた)のごとくならん
  18.  ヱホバこれにより俟(まち)てのち恩惠(めぐみ)を汝等にほどこし これにより上(あが)りてのちなんぢらを憐(あは)れみたまはん ヱホバは公平の神にましませり 凡(すべ)てこれを俟望(まちのぞ)むものは福(さいは)ひなり
  19. シオンにをりヱルサレムにをる民よ なんぢは再びなくことあらじ そのよばはる聲(こゑ)に應(おう)じて必ずなんぢに惠(めぐみ)をほどこしたまはん 主(しゆ)きゝたまふとき直(たゞち)にこたへたまふべし
  20. 主(しゆ)はなんぢらになやみの糧(かて)とくるしみの水とをあたへ給(たま)はん なんぢをヘ(をしふ)るもの再びかくれじ 汝(なんぢ)の目はそのヘ(をしふ)るものを恒(つね)にみるべし
  21. なんぢ右にゆくも左にゆくもその耳に これは道なりこれを歩(あゆ)むべしと後邊(うしろべ)にてかたるをきかん
  22. 又なんぢら白銀(しろかね)をおほひし刻(きざ)める像(ざう) こがねをはりし鑄(い)たる像をけがれとし 穢物(きたなきもの)のごとく打棄(うちすて)ていはん 去(さ)れと
  23.  なんぢが地にまく種(たね)に主(しゆ)は雨をあたへ また地になりいづる糧(かて)をたまふ その土産(なりいでもの)こえて豐かならん その日なんぢの家畜(けだもの)はひろき牧場(まきば)に草をはむべし
  24. 地をたがへす牛と驢馬(ろば)とは團扇(うちば)にてあふぎ箕(み)にてとほし鹽(しほ)をくはへたる飼料(かひば)をくらはん
  25. 大(おほい)なる殺戮(さつりく)の日やぐらのたふるゝ時もろもろのたかき山もろもろのそびえたる嶺(みね)に河とみづの流(ながれ)とあるべし
  26. かくてヱホバその民のきずをつゝみ そのうたれたる創痍(いたで)をいやしたまふ日には月のひかりは日の光のごとく日のひかりは七倍をくはへて七(なゝつ)の日のひかりの如(ごと)くならん
  27.  視(み)よヱホバの名はとほき所よりきたり そのはげしき怒(いかり)はもえあがる[ほのほ]のごとく その唇(くちびる)はいきどほりにてみち その舌はやきつくす火のごとく
  28. その氣息(いき)はみなぎりて項(うなじ)にまでいたる流(ながれ)のごとし 且(かつ)ほろびの篩(ふるひ)にてもろもろの國(くに)をふるひ又まどはす[たづな]をもろもろの民の口におきたまはん
  29. なんぢらは歌うたはん節會(せちゑ)をまもる夜のごとし なんぢらは心によろこばん笛をならしヱホバの山にきたりイスラエルの磐(いは)につくときの如(ごと)し
  30. ヱホバはその稜威(みいつ)のこゑをきかしめ 烈(はげ)しき怒(いかり)をはなちて燒(やき)つくす火のほのほと暴風(はやち)と大雨と雹(へう)とをもて その臂(かひな)のくだることを示したまはん
  31. ヱホバのこゑによりてアツスリヤ人(びと)はくじけん 主(しゆ)はこれを笞(しもと)にてうち給(たま)ふべし
  32. ヱホバの豫(あらか)じめさだめたまへる杖(つゑ)をアツスリヤのうへにくはへたまふごとに 鼓(つゞみ)をならし琴(こと)をひかん 主(しゆ)はうごきふるふ戰闘(たゝかひ)をもてかれらとたゝかひ給(たま)ふべし
  33. トペテは往古(いにしへ)よりまうけられ また王のために備(そな)へられたり これを深くしこれを廣(ひろ)くしこゝに火とおほくの薪(たきゞ)とをつみおきたり ヱホバの氣息(いき)これを硫黄(ゆわう)のながれのごとくに燃(もや)さん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書