目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 ・・ 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第31章(CHAPTER 31)

  1. 助(たすけ)をえんとてエジプトにくだり馬によりたのむものは禍(わざは)ひなるかな 戰車(いくさぐるま)おほきが故(ゆゑ)にこれにたのみ騎兵(きへい)はなはだ強きがゆゑに之(これ)にたのむ されどイスラエルの聖者(せいしゃ)をあふがずヱホバを求(もとむ)ることをせざるなり
  2. 然(しか)はあれどもヱホバもまた智慧(ちゑ)あるべし かならず禍害(わざはひ)をくだしてその言(ことば)をひるがへしたまはず 起(たち)てあしきものの家をせめ また不義を行ふ者の助(たすけ)をせめ給(たま)はん
  3. かのエジプト人(びと)は人にして神にあらずその馬は肉にして靈(れい)にあらず ヱホバその手(みて)をのばしたまはゞ助くるものも蹟(つまづ)き たすけらるゝ者もたふれてみなひとしく亡(ほろ)びん
  4.  ヱホバ如此(かく)われにいひたまふ 獅(しゝ)のほえ壯獅(わかじゝ)の獲物をつかみてほえたけれるとき 許多(あまた)のひつじかひ相呼(あひよび)つどひてむかひゆくとも その聲(こゑ)によりて挫(くじ)けずその喧譁(かまびす)しきによりて臆(おく)せざるごとく 萬軍(ばんぐん)のヱホバくだりてシオンの山およびその岡にて戰(たゝか)ひ給(たま)ふべし
  5. 鳥の雛(ひな)をまもるがごとく萬軍(ばんぐん)のヱホバはヱルサレムをまもりたまはん これを護(まも)りてこれをすくひ踰越(すぎこし)てこれを援(たす)けたまはん
  6. イスラエルの子輩(こら)よなんぢらさきには甚(はなは)だしく主(しゆ)にそむけり 今たちかへるべし
  7. なんぢらおのが手につくりて罪ををかしゝ白銀(しろかね)のぐうざう黄金(こがね)の偶像をその日おのおのなげすてん
  8. 爰(こゝ)にアツスリヤびとは劍(つるぎ)にてたふれん されど人のつるぎにあらず 劍(つるぎ)かれらをほろぼさん されど世の人のつるぎにあらず かれら劍のまへより逃(にげ)はしりその壯(わか)きものは役丁(よぼろ)とならん
  9. かれらの磐(いは)はおそれによりて逝去(すぎさ)り その君(きみ)たちは旗(はた)をみてくじけん こはヱホバの御言(みことば)なり ヱホバの火はシオンにありヱホバの爐(ろ)はヱルサレムにあり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書