目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 ・・ 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第34章(CHAPTER 34)

  1. もろもろの國(くに)よちかづきてきけ もろもろの民よ耳をかたぶけよ 地と地にみつるもの世界とせかいより出(いづ)るすべての者きけ
  2. ヱホバはよろづの國(くに)にむかひて怒(いか)り そのよろづの軍(いくさ)にむかひて忿恚(いきどほ)り かれらをことごとく滅(ほろぼ)し かれらを屠(ほふ)らしめたまふ
  3. かれらは殺されて抛棄(なげすて)られ その屍(かばね)の臭氣(くさきか)たちのぼり山はその血にて融(とか)されん
  4. 天の萬象(ばんざう)はきえうせ もろもろの天は書巻(まきもの)のごとくにまかれん その萬象のおつるは葡萄(ぶだう)の葉のおつるがごとく無花果(いちじく)のかれたる葉のおつるが如(ごと)くならん
  5. わが劍(つるぎ)は天にてうるほひたり 視(み)よエドムの上にくだり滅亡(ほろび)に定めたる民のうへにくだりて之(これ)をさばかん
  6. ヱホバの劍(つるぎ)は血にてみち脂(あぶら)にてこえ 小羊(こひつじ)と山羊(やぎ)との血 牡羊(をひつじ)の腎(じん)のあぶらにて肥(こ)ゆ ヱホバはボズラにて牲(にへ)のけものをころし エドムの地にて大(おほい)にほふることをなし給(たま)へり
  7. その屠場(ほふりば)には野牛 こうし 牡牛(をうし)もともに下(くだ)る そのくには血にてうるほされ その塵(ちり)はあぶらにて肥(こや)さるべし
  8.  こはヱホバの仇(あた)をかへしたまふ日にしてシオンの訟(うたへ)のために報(むくい)をなしたまふ年なり
  9. エドムのもろもろの河はかはりて樹脂(やに)となり その塵(ちり)はかはりて硫黄(ゆわう)となり その土はかはりてもゆる樹脂(やに)となり
  10. 晝も夜もきえずその烟(けぶり)つくる期(とき)なく上騰(たちのぼ)らん かくて世々あれすたれ永遠(とこしへ)までもその所をすぐる者なかるべし
  11. 鵜(う)と[はりねづみ]とそこを己(おの)がものとなし鷺(さぎ)と鴉(からす)とそこにすまん ヱホバそのうへに亂(みだれ)をおこす繩(なは)をはり空虚(むなしき)をきたらする錘(おもし)をさげ給(たま)ふべし
  12. 國(くに)をつぐべき者をたてんとて貴者(たふときもの)ふたゝび呼集(よびあつむ)ることをせじ もろもろの諸侯(きみたち)はみな失(うせ)てなくなるべし
  13. その殿(との)にはことごとく荊(いばら)はえ 城にはことごとく刺草(いらくさ)と薊(あざみ)とはえ 野犬のすみか駝鳥(だてう)の場(には)とならん
  14. 野のけものと豺狼(おほかみ)とこゝにあひ 牡山羊(をやぎ)その友をよび [ふくろふ]もまた宿(やど)りてこゝを安所(やすみどころ)とせん
  15. 蛇(へび)こゝに穴をつくり卵をうみてこれを孚(かへ)しおのれの影の下に子をあつむ 鳶(とび)もまたその偶(とも)とともに此處(こゝ)にあつまらん
  16.  なんぢらヱホバの書(ふみ)をつまびらかにたづねて讀(よむ)べし これらのもの一つも缺(かく)ることなく又ひとつもその偶(とも)をかくものあらじ そはヱホバの口このことを命じ その靈(みたま)これらを集めたまふべければなり
  17. ヱホバこれらのものに鬮(くじ)をひかせ手づから繩(なは)をもて量(はか)り この地をわけあたへて永(なが)くかれらに保(たも)たしめ 世々にいたるまでこゝに住(すま)しめたまはん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書