目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 ・・ 50 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第35章(CHAPTER 35)

  1. 荒野(あれの)とうるほひなき地とはたのしみ 沙漠(さばく)はよろこびて番紅(さふらん)の花のごとくに咲(さき)かゞやかん
  2. 盛(さかん)に咲(さき)かゞやきてよろこび且(かつ)よろこび且(かつ)うたひ レバノンの榮(さかえ)をえカルメルおよびシヤロンの美(うるは)しきを得(え)ん かれらはヱホバのさかえを見(み)われらの神のうるはしきを見るべし
  3.  なんぢら萎(なえ)たる手をつよくし弱りたる膝(ひざ)をすこやかにせよ
  4. 心さわがしきものに對(むかひ)ていへ なんぢら雄々(をゝ)しかれ懼(おそ)るゝなかれ なんぢらの神をみよ 刑罰(けいばつ)きたり神の報(むくい)きたらん 神きたりてなんぢらを救(すく)ひたまふべし
  5.  そのとき瞽者(めしひ)の目はひらけ聾者(みゝしひ)の耳はあくことを得(う)べし
  6. そのとき跛者(あしなへ)は鹿(しか)の如(ごと)くにとびはしり唖者(おふし)の舌はうたうたはん そは荒野(あれの)に水わきいで沙漠(さばく)に川ながるべければなり
  7. やけたる沙(すな)は池となり うるほひなき地はみづの源(みなもと)となり 野犬(のいぬ)のふしたるすみかは蘆葦(あしよし)のしげりあふ所となるべし
  8. かしこに大路(おほぢ)あり そのみちは聖道(きよきみち)ととなへられん 穢(けが)れたるものはこれを過(すぐ)ることあたはず たゞ主(しゆ)の民のために備(そな)へらる これを歩(あゆ)むものはおろかなりとも迷(まよ)ふことなし
  9. かしこに獅(しゝ)をらず あらき獸(けもの)もその路(みち)にのぼることなし 然(され)ばそこにて之(これ)にあふ事なかるべし たゞ贖(あがな)はれたる者のみそこを歩(あゆ)まん
  10. ヱホバに贖(あがな)ひすくはれし者うたうたひつゝ歸(かへり)てシオンにきたり その首(かうべ)にとこしへの歡喜(よろこび)をいたゞき樂(たのしみ)とよろこびとをえん 而(しか)して悲哀(かなしみ)となげきとは逃(にげ)さるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書