目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第40章(CHAPTER 40)

  1. なんぢらの神いひたまはく なぐさめよ汝等わが民をなぐさめよ
  2. 懇(ねんご)ろにヱルサレムに語り之(これ)によばはり告(つげ)よ その服役(ふくえき)の期(き)すでに終り その咎(とが)すでに赦(ゆる)されたり そのもろもろの罪によりてヱホバの手よりうけしところは倍(ばい)したりと
  3.  よばはるものの聲(こゑ)きこゆ云(いは)く なんぢら野にてヱホバの途(みち)をそなへ沙漠(さばく)にわれらの神の大路をなほくせよと
  4. もろもろの谷はたかく もろもろの山と岡とはひくゝせられ 曲(まが)りたるはなほく崎嶇(けはしき)はたひらかにせらるべし
  5. 斯(かく)てヱホバの榮光(えいくわう)あらはれ人みな共にこれを見ん こはヱホバの口(みくち)より語(かた)りたまへるなり
  6.  聲(こゑ)きこゆ云(いは)く よばはれ答へていふ何とよばはるべきか いはく人はみな草なり その榮華(はえ)はすべて野の花のごとし
  7. 草はかれ花はしぼむ ヱホバの息(いき)そのうへに吹(ふき)ければなり 實(げ)に民はくさなり
  8. 草はかれ花はしぼむ 然(され)どわれらの神のことばは永遠(とこしへ)にたゝん
  9.  よき音信(おとづれ)をシオンにつたふる者よ なんぢ高山(たかきやま)にのぼれ 嘉(よき)おとづれをヱルサレムにつたふる者よ なんぢ強く聲(こゑ)をあげよ こゑを揚(あげ)ておそるゝなかれ ユダのもろもろの邑(まち)につげよ なんぢらの神きたり給(たま)へりと
  10. みよ主(しゆ)ヱホバ能力(ちから)をもちて來(きた)りたまはん その臂(かひな)は統治(すべをさ)めたまはん 賞賜(たまもの)はその手にあり はたらきの値(あたひ)はその前(みまへ)にあり
  11. 主(しゆ)は牧者(ぼくしゃ)のごとくその群(むれ)をやしなひ その臂(かひな)にて小羊(こひつじ)をいだき之(これ)をその懷中(ふところ)にいれてたづさへ乳(ちゝ)をふくまする者をやはらかに導(みちび)きたまはん
  12.  たれか掌心(たなごゝろ)をもてもろもろの水をはかり指をのばして天をはかり また地の塵(ちり)を量器(ます)にもり天秤(てんびん)をもてもろもろの山をはかり權衡(はかり)をもてもろもろの岡をはかりしや
  13. 誰かヱホバの靈(みたま)をみちびきその議士(はかりびと)となりてヘ(をしへ)しや
  14. ヱホバは誰とともに議(はか)りたまひしや たれかヱホバを聰(さと)くしこれに公平の道をまなばせ知識(ちしき)をあたへ明通(さとり)のみちを示したりしや
  15. 視(み)よもろもろの國民(くにびと)は桶(をけ)のひとしづくのごとく 權衡(はかり)のちりのごとくに思ひたまふ 島々はたちのぼる塵埃(ほこり)のごとし
  16. レバノンは柴(たきゞ)にたらず そのなかの獸(けもの)は燔祭(はんさい)にたらず
  17. ヱホバの前(みまへ)にはもろもろの國民(くにびと)みななきにひとし ヱホバはかれらを無(なき)もののごとく空(むなし)きもののごとく思ひたまふ
  18.  然(され)ばなんぢら誰をもて神にくらべ いかなる肖像(かたち)をもて神にたぐふか
  19. 偶像(ぐうざう)はたくみ鑄(い)てつくり 金工(かぬち)こがねをもて之(これ)をおほひ白銀(しろかね)をもて之(これ)がために鏈(くさり)をつくれり
  20. かゝる寳物(はうもつ)をそなへえざる貧(まづ)しきものは朽(くつ)まじき木をえらみ良匠(よきたくみ)をもとめてうごくことなき像をたゝしむ
  21. なんぢら知(しら)ざるか なんぢら聞(きか)ざるか 始(はじめ)よりなんぢらに傳(つた)へざりしか なんぢらは地の基(もとゐ)をおきしときより悟(さと)らざりしか
  22. ヱホバは地球のはるか上にすわり地にすむものを蝗(いなご)のごとく視(み)たまふ おほぞらを薄絹のごとく布(し)き これを住(すま)ふべき幕屋(まくや)のごとくはり給(たま)ふ
  23. 又もろもろの君(きみ)をなくならしめ地の審士(さばきびと)をむなしくせしむ
  24. かれらは僅(わづ)かに植(うゑ)られ僅(わづ)かに播(まか)れ その幹(みき)わづかに地に根ざししに 神そのうへを吹(ふき)たまへば即(すなは)ちかれて藁(わら)のごとく暴風(はやち)にまきさらるべし
  25. 聖者(せいしゃ)いひ給(たま)はく さらばなんぢら誰をもて我にくらべ我にたぐふか
  26. なんぢら眼(め)をあげて高(たかき)をみよ たれか此等(これら)のものを創造(さうざう)せしやをおもへ 主(しゆ)は數(かず)をしらべてその萬象(ばんざう)をひきいだしおのおのの名をよびたまふ 主のいきほひ大(おほい)なり その力のつよきがゆゑに一も缺(かく)ることなし
  27.  ヤコブよなんぢ何故(なにゆゑ)にわが途(みち)はヱホバにかくれたりといふや イスラエルよ汝(なんぢ)なにゆゑにわが訟(うたへ)はわが神の前をすぎされりとかたるや
  28. 汝(なんぢ)しらざるか聞(きか)ざるかヱホバはとこしへの神(かみ)地のはての創造者にして倦(うみ)たまふことなく また疲れたまふことなく その聰明(さとき)こと測(はか)りがたし
  29. 疲れたるものには力をあたへ勢力(いきほひ)なきものには強きをまし加へたまふ
  30. 年少(としわか)きものもつかれてうみ壯(さか)んなるものも衰(おとろ)へおとろふ
  31. 然(しか)はあれどヱホバを俟望(まちのぞ)むものは新(あらた)なる力をえん また鷲(わし)のごとく翼(つばさ)をはりてのぼらん 走れどもつかれず歩(あゆ)めども倦(うま)ざるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書