目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第41章(CHAPTER 41)

  1. もろもろの島よ わがまへに默(もだ)せ もろもろの民よ あらたなる力をえて近づききたれ 而(しか)して語れ われら寄集(よりつど)ひて諭(あげつ)らはん
  2. たれか東より人をおこしゝや われは公義(たゞしき)をもて之(これ)をわが足下(あしもと)に召し その前にもろもろの國(くに)を服(ふく)せしめ また之(これ)にもろもろの王ををさめしめ かれらの劍(つるぎ)をちりのごとく かれらの弓をふきさらるゝ藁(わら)のごとくならしむ
  3. 斯(かく)て彼はこれらのものを追(おひ) その足いまだ行(ゆか)ざる道をやすらかに過(すぎ)ゆけり
  4. このことは誰(た)がおこなひしや たが成(なし)しや たが太初(はじめ)より世々の人をよびいだしゝや われヱホバなり 我ははじめなり終(をはり)なり
  5. もろもろの島はこれを見ておそれ地の極(はて)はをのゝきて寄集(よりつど)ひきたれり
  6. かれら互(たがひ)にその隣(となり)をたすけ その兄弟にいひけるは なんぢ雄々(をゝ)しかれ
  7. 木匠(こだくみ)は鐵工(かぬち)をはげまし鎚(つち)をもて平(たひ)らぐるものは鐵碪(かなしき)をうつものを勵(はげ)ましていふ 接合(つぎあは)せいとよしと また釘(くぎ)をもて堅(かた)うして搖(うご)くことなからしむ
  8.  然(され)どわが僕(しもべ)イスラエルよ わが選(えら)めるヤコブわが友アブラハムの裔(すゑ)よ
  9. われ地のはてより汝(なんぢ)をたづさへきたり地のはしよりなんぢを召(めし) かくて汝にいへり 汝はわが僕(しもべ)われ汝をえらみて棄(すて)ざりきと
  10. おそるゝなかれ 我なんぢとともにあり 驚くなかれ我なんぢの神なり われなんぢを強くせん 誠(まこと)になんぢを助けん 誠(まこと)にわがたゞしき右手なんぢを支(さゝ)へん
  11. 視(み)よなんぢにむかひて怒(いか)るものはみな恥(はぢ)をえて惶(あわ)てふためかん なんぢと爭(あらそ)ふものは無(なき)もののごとくなりて滅亡(ほろびう)せん
  12. なんぢ尋(たづ)ぬるとも汝(なんぢ)とたゝかふ人々にあはざるべし 汝といくさする者はなきものの如(ごと)くなりて虚(むな)しくなるべし
  13. そは我(われ)ヱホバなんぢの神はなんぢの右手をとりて汝にいふ 懼(おそ)るゝなかれ我(われ)なんぢを助けんと
  14. またヱホバ宣給(のたま)ふ なんぢ虫にひとしきヤコブよイスラエルの人よ おそるゝなかれ我なんぢをたすけん汝をあがなふものはイスラエルの聖者(せいしゃ)なり
  15. 視(み)よわれ汝(なんぢ)をおほくの鋭歯(ときは)ある新しき打麥(むぎうち)の器(うつは)となさん なんぢ山をうちて細微(こまやか)にし岡を粃糠(もみがら)のごとくにすべし
  16. なんぢ簸(あふ)げば風これを巻(まき)さり 狂風(はやち)これを吹(ふき)ちらさん 汝はヱホバによりて喜びイスラエルの聖者によりて誇(ほこ)らん
  17.  貧(まづ)しきものと乏(とも)しきものと水をもとめて水なくその舌かわきて衰(おとろ)ふるとき われヱホバ聽(きゝ)てこたへん 我イスラエルの神かれらを棄(すて)ざるなり
  18. われ河をかぶろの山にひらき泉を谷のなかにいだし また荒野(あれの)を池となし乾ける地を水のみなもとと變(なさ)ん
  19. 我(われ)あれのに香柏(かうはく) 合歎樹(ねむのき) もちの樹 および油の樹をうゑ沙漠(さばく)に松(まつ) 杉(すぎ) 及び黄楊(つげ)をともに置(おか)ん
  20. かくて彼等これを見てヱホバの手の作(なし)たまふところイスラエルの聖者の造り給(たま)ふ所なるをしり且(かつ)こゝろをとめ且(かつ)ともどもにさとらん
  21.  ヱホバ言給(いひたまは)く なんぢらの道理(ことわり)をとり出(いだ)せ ヤコブの王いひたまはく 汝等のかたき證(あかし)をもちきたれ
  22. これを持來(もちきた)りてわれらに後(のち)ならんとする事をしめせ そのいやさきに成(な)るべきことを示せ われら心をとめてその終(をはり)をしらん 或(あるひ)はきたらんとする事をわれらに聞(きか)すべし
  23. なんぢら後(のち)ならんとすることをしめせ 我儕(われら)なんぢらが神なることを知らん なんぢら或(あるひ)はさいはひし或(あるひ)はわざはひせよ 我儕(われら)ともに見ておどろかん
  24. 視(み)よなんぢらは無(なき)もののごとし なんぢらの事(わざ)はむなし なんぢらを撰(えら)ぶものは憎(にく)むべきものなり
  25.  われ一人を起(おこ)して北よりきたらせ我(わ)が名をよぶものを東よりきたらしむ 彼きたりもろもろの長(をさ)をふみて泥(ひぢ)のごとくにし陶工(すゑつくり)のつちくれを踐(ふむ)がごとくにせん
  26. たれか初(はじめ)よりこれらの事をわれらに告(つげ)てしらしめたりや たれか上古(いにしへ)よりわれらに告(つげ)てこは是(ぜ)なりといはしめたりや 一人だに告(つぐ)るものなし一人だに聞(きか)するものなし 一人だになんぢらの言(ことば)をきくものなし
  27. われ豫(あらか)じめシオンにいはん なんぢ視(み)よ かれらを見よと われ又よきおとづれを告(つぐ)るものをヱルサレムに予(あた)へん
  28. われ見るに一人だになし かれらのなかに謀略(はかりごと)をまうくるもの一人だになし 我(われ)かれらに問(とへ)どこたふるもの一人だになし
  29. かれらの爲(わざ)はみな徒然(いたづら)にして無(なき)もののごとし その偶像(ぐうざう)は風なりまた空(むな)しきなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書