目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第42章(CHAPTER 42)

  1. わが扶(たす)くるわが僕(しもべ)わが心よろこぶわが撰人(えらびゞと)をみよ 我(われ)わが靈(みたま)をかれにあたへたり かれ異邦人(ことくにびと)に道をしめすべし
  2. かれは叫(さけ)ぶことなく聲(こゑ)をあぐることなくその聲(こゑ)を街頭(ちまた)にきこえしめず
  3. また傷(いた)める蘆(あし)ををることなくほのくらき燈火(ともしび)をけすことなく 眞理(まこと)をもて道をしめさん
  4. かれは衰(おとろ)へず喪膽(きおち)せずして道を地にたてをはらん もろもろの島はその法言(をしへ)をまちのぞむべし
  5.  天をつくりてこれをのべ 地とそのうへの産物(なりいでもの)とをひらき そのうへの民に息(いき)をあたへ その中をあゆむものに靈(みたま)をあたへたまふ神ヱホバかく言給(いひたま)ふ
  6. 云(いは)く われヱホバ公義(たゞしき)をもてなんぢを召(めし)たり われなんぢの手をとり汝(なんぢ)をまもり なんぢを民の契約(けいやく)とし異邦人(ことくにびと)のひかりとなし
  7. 而(しか)して瞽(めしひ)の目を開き俘囚(とらはれびと)を獄(ひとや)よりいだし 暗(くらき)にすめるものを檻(をり)のうちより出(いだ)さしめん
  8. われはヱホバなり是(これ)わが名なり 我はわが榮光(えいくわう)をほかの者にあたへず わがほまれを偶像にあたへざるなり
  9. さきに預言(よげん)せるところはや成(な)れり 我(われ)また新しきことをつげん 事(こと)いまだ兆(きざ)さゞるさきに我まづなんぢらに聞(きか)せんと
  10.  海にうかぶもの 海のなかに充(みつ)るもの もろもろの島およびその民よ ヱホバにむかひて新しき歌をうたひ 地の極(はて)よりその頌美(ほまれ)をたゝへまつれ
  11. 荒野(あれの)とその中のもろもろの邑(まち)とケダル人(びと)のすめるもろもろの村里はこゑをあげよ セラの民はうたひて山のいたゞきよりよばはれ
  12. 榮光(えいくわう)をヱホバにかうぶらせ その頌美(ほまれ)をもろもろの島にて語りつげよ
  13. ヱホバ勇士(ますらを)のごとく出(いで)たまふ また戰士(いくさびと)のごとく熱心をおこし 聲(こゑ)をあげてよばはり大能(ちから)をあらはして仇(あた)をせめ給(たま)はん
  14.  われ久しく聲(こゑ)をいださず默(もだ)して己(おのれ)をおさへたり 今われ子をうまんとする婦人(をんな)のごとく叫(さけ)ばん 我いきづかしくかつ喘(あへ)がん
  15. われ山と岡とをあらし且(かつ)すべてその上の木草をからし もろもろの河を島としもろもろの池を涸(から)さん
  16. われ瞽者(めしひ)をその未(いま)だしらざる大路(おほぢ)にゆかしめ その未(いま)だしらざる徑(みち)をふましめ 暗(くらき)をその前に光となし 曲(まが)れるをその前になほくすべし 我(われ)これらの事をおこなひて彼らをすてじ
  17. 刻(きざ)みたる偶像(ぐうざう)にたのみ鑄(い)たる偶像にむかひて汝等はわれらの神なりといふものは退(しりぞ)けられて大(おほい)に恥(はぢ)をうけん
  18.  聾者(みゝしひ)よきけ 瞽者(めしひ)よ眼をそゝぎてみよ
  19. 瞽者(めしひ)はたれぞ わが僕(しもべ)にあらずや 誰かわがつかはせる使者(つかひ)の如(ごと)き瞽者(みゝしひ)あらんや 誰かわが友の如(ごと)きめしひあらんや 誰かヱホバの僕(しもべ)のごときめしひあらんや
  20. 汝(なんぢ)おほくのことを見れども顧(かへり)みず 耳をひらけども聞(きか)ざるなり
  21. ヱホバおのれ義(ぎ)なるがゆゑに大(おほい)にしてたふとき律法(おきて)をたまふをよろこび給(たま)へり
  22. 然(しか)るにこの民はかすめられ奪はれて みな穴中(あなのなか)にとらはれ獄(ひとや)のなかに閉(とぢ)こめらる 斯(かく)てその掠(かす)めらるゝを助(たす)くる者なく その奪(うば)はれたるを償(つくの)へといふ者なし
  23.  なんぢらのうち誰かこのことに耳をかたぶけん たれか心をもちゐて後(のち)のために之(これ)をきかん
  24. ヤコブを奪(うば)はせしものは誰ぞ かすむる者にイスラエルをわたしゝ者はたれぞ 是(これ)ヱホバにあらずや われらヱホバに罪ををかし その道をあゆまず その律法(おきて)にしたがふことを好(この)まざりき
  25. この故(ゆゑ)にヱホバ烈(はげ)しき怒(いかり)をかたぶけ 猛(たけ)きいくさをきたらせ その烈(はげ)しきこと火の如(ごと)く四圍(まはり)にもゆれども彼しらず その身に焚(やけ)せまれども心におかざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書