目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第43章(CHAPTER 43)

  1. ヤコブよなんぢを創造(さうざう)せるヱホバいま如此(かく)いひ給(たま)ふ イスラエルよ汝(なんぢ)をつくれるもの今かく言給(いひたま)ふ おそるゝなかれ我(われ)なんぢを贖(あがな)へり 我なんぢの名をよべり汝はわが有(もの)なり
  2. なんぢ水中(みづのなか)をすぐるときは我ともにあらん 河のなかを過るときは水なんぢの上にあふれじ なんぢ火中(ひのなか)をゆくとき焚(やか)るゝことなく[ほのほ]もまた燃(もえ)つかじ
  3. 我はヱホバなんぢの神イスラエルの聖者(せいしゃ) なんぢの救主(すくひぬし)なり われエジプトを予(あた)へてなんぢの贖代(あがなひしろ)となし エテオピアとセバとをなんぢに代(か)ふ
  4. われ看(み)てなんぢを寶(たから)とし尊(たふと)きものとし亦(また)なんぢを愛す この故(ゆゑ)にわれ人をもてなんぢにかへ 民をなんぢの命(いのち)にかへん
  5. 懼(おそ)るゝなかれ我なんぢとともにあり 我なんぢの裔(すゑ)を東よりきたらせ西より汝(なんぢ)をあつむべし
  6. われ北にむかひて釋(ゆる)せといひ南にむかひて留(とゞむ)るなかれといはん わが子輩(こら)を遠きよりきたらせ わが女(むすめ)らを地の極(はて)よりきたらせよ
  7. すべてわが名をもて稱(とな)へらるゝ者をきたらせよ 我かれらをわが榮光のために創造せり われ曩(さき)にこれを造りかつ成(なし)をはれり
  8.  目あれども瞽者(めしひ)のごとく耳あれども聾者(みゝしひ)のごとき民をたづさへ出(いで)よ
  9. 國々はみな相集(あひつど)ひもろもろの民はあつまるべし 彼等のうち誰かいやさきに成(な)るべきことをつげ之(これ)をわれらに聞(きか)することを得(え)んや その證人(あかしびと)をいだして己(おのれ)の是(ぜ)なるをあらはすべし 彼等きゝて此(こ)はまことなりといはん
  10. ヱホバ宣給(のたまは)くなんぢらはわが證人(あかしびと)わがえらみし僕(しもべ)なり 然(され)ばなんぢら知(しり)てわれを信じわが主(しゆ)なるをさとりうべし 我よりまへにつくられし神なく我よりのちにもあることなからん
  11. たゞ我(われ)のみ我(われ)はヱホバなり われの外(ほか)にすくふ者あることなし
  12. われ前(さき)につげ また救(すくひ)をほどこし また此事(このこと)をきかせたり 汝等のうちには他神(あだしかみ)なかりき なんぢらはわが證人(あかしびと)なり 我は神なり これヱホバ宣給(のたまへ)るなり
  13. 今よりわれは主(しゆ)なり わが手より救(すく)ひいだし得(う)るものなし われ行(おこな)はゞ誰かとゞむることを得(え)んや
  14.  なんぢらを贖(あがな)ふものイスラエルの聖者ヱホバかく言(いひ)たまふ なんぢらの爲(ため)にわれ人をバビロンにつかはし彼處(かしこ)にあるカルデヤ人(びと)をことごとく下(くだ)らせ その宴樂(あそび)の船にのりてのがれしむ
  15. われはヱホバなんぢらの聖者(せいしゃ)イスラエルを創造(さうざう)せしもの又なんぢらの王なり
  16. ヱホバは海のなかに大路(おほぢ)をまうけ大(おほい)なる水のなかに徑(みち)をつくり
  17. 戰車(いくさぐるま)および馬 軍兵(つはもの) 武士(ものゝふ)をいできたらせ ことごとく仆(たふ)れて起(おこ)ることあたはず 皆ほろびて燈火(ともしび)のきえうするが如(ごと)くならしめ給(たま)へり
  18. ヱホバ言給(いひたまは)く なんぢら往昔(むかし)のことを思ひいづるなかれ また上古(いにしへ)のことをかんがふるなかれ
  19. 視(み)よわれ新しき事(わざ)をなさん頓(やが)ておこるべし なんぢら知(しら)ざるべけんや われ荒野に道をまうけ沙漠(さばく)に河をつくらん
  20. 野の獸(けもの)われを崇(あが)むべし 野犬(のいぬ)および駝鳥(だてう)もまた然(しか)り われ水を荒野にいだし河を沙漠にまうけてわが民わがえらびたる者にのましむべければなり
  21. この民はわが頌美(ほまれ)をのべしめんとて我おのれのために造れるなり
  22.  然(しか)るにヤコブよ汝(なんぢ)われを呼(よび)たのまざりき イスラエルよ汝われを厭(いと)ひたり
  23. なんぢ燔祭(はんさい)のひつじを我にもちきたらず犠牲(いけにへ)をもて我をあがめざりき われ汝にそなへものの荷(に)をおはせざりき また乳香(にうかう)をもて汝をわづらはせざりき
  24. なんぢは銀貨(かね)をもて我がために菖蒲(あやめ)をかはず 犠牲(いけにへ)のあぶらをもて我をあかしめず 反(かへり)てなんぢの罪の荷をわれに負(おは)せ なんぢの邪曲(よこしま)にて我をわづらはせたり
  25.  われこそ我みづからの故(ゆゑ)によりてなんぢの咎(とが)をけし汝のつみを心にとめざるなれ
  26. なんぢその是(ぜ)なるをあらはさんがために己(おの)が事をのべて我に記念せしめよ われら相共(あひとも)にあげつらふべし
  27. なんぢの遠祖(とほつおや)つみををかし汝(なんぢ)のをしへの師(し)われにそむけり
  28. この故(ゆゑ)にわれ聖所の長(をさ)たちを汚(けが)さしめヤコブを詛(のろ)はしめイスラエルをのゝしらしめん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書