目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第44章(CHAPTER 44)

  1. されどわが僕(しもべ)ヤコブよわが撰(えら)みたるイスラエルよ今きけ
  2. なんぢを創造(さうざう)し なんぢを胎内(はらのうち)につくり又なんぢを助くるヱホバ如此(かく)いひたまふ わがしもベヤコブよわが撰(えら)みたるヱシュルンよおそるゝなかれ
  3. われ渇(かわ)けるものに水をそゝぎ乾(ひ)たる地に流(ながれ)をそゝぎ わが靈(みたま)をなんぢの子輩(こら)にそゝぎ わが恩惠(めぐみ)をなんぢの裔(すゑ)にあたふべければなり
  4. 斯(かく)てかれらは草のなかにて川のほとりの柳(やなぎ)のごとく生(はえ)そだつべし
  5. ある人はいふ我はヱホバのものなりと ある人はヤコブの名をとなへん ある人はヱホバの有(もの)なりと手にしるしてイスラエルの名をなのらん
  6.  ヱホバ、イスラエルの王イスラエルをあがなふもの萬軍(ばんぐん)のヱホバ如此(かく)いひたまふ われは始(はじめ)なりわれは終(をはり)なり われの外(ほか)に神あることなし
  7. 我いにしへの民をまうけしより以來(このかた) たれかわれのごとく後事(のちのこと)をしめし又つげ又わが前にいひつらねんや 試(こゝろ)みに成(なら)んとすること來(きた)らんとすることを告(つげ)よ
  8. なんぢら懼(おそ)るゝなかれ慴(をのゝ)くなかれ 我いにしへより聞(きか)せたるにあらずや告(つげ)しにあらずや なんぢらはわが證人(あかしびと)なり われのほか神あらんや 我のほかには磐(いは)あらず われその一つだに知(しる)ことなし
  9.  偶像をつくる者はみな空(むな)しく かれらが慕(した)ふところのものは益(えき)なし その證(あかし)をするものは見(みる)ことなく知(しる)ことなし 斯(かゝ)るがゆゑに恥(はぢ)をうくべし
  10. たれか神をつくり又えきなき偶像(ぐうざう)を鑄(い)たりしや
  11. 視(み)よその伴侶(ともがら)はみなはぢん その匠工(たくみ)らは人なり かれら皆あつまりて立(たつ)ときはおそれてもろともに恥(はづ)るなるべし
  12.  鐵匠(かなだくみ)は斧(をの)をつくるに炭の火をもてこれをやき鎚(つち)もてこれを鍛(きた)へつよき腕(うで)をもてこれをうちかたむ 飢(うゝ)れば力おとろへ水をのまざればつかれはつべし
  13. 木匠(こだくみ)はすみなはをひきはり朱(しゆ)にてゑがき[かんな]にてけづり文回(ふみまはし)をもて畫(ゑが)き 之(これ)を人の形にかたどり人の美(うるは)しき容(すがた)にしたがひて造り 而(しか)して家のうちに安置(あんち)す
  14. あるひは香柏(かうはく)をきりあるひは槲(かしは)をとり あるひは橿(かし)をとり 或(あるひ)ははやしの樹のなかにて一(ひとつ)をえらび あるひは杉をうゑ雨をえて長(そだ)たしむ
  15. 而(しか)して人これを薪(たきゞ)となし之(これ)をもておのが身をあたゝめ又これを燃してパンをやき 又これを神につくりてをがみ偶像につくりてその前にひれふす
  16. その半(なかば)は火にもやし その半(なかば)は肉をにて食(くら)ひ あるひは肉をあぶりてくひあき また身をあたゝめていふ あゝ我あたゝまれり われ熱(あつ)きをおぼゆ
  17. 斯(かく)てその餘(あまり)をもて神につくり偶像につくりてその前にひれふし之(これ)ををがみ之(これ)にいのりていふ なんぢは吾神(わがかみ)なり我をすくへと
  18.  これらの人は知(しる)ことなく悟(さと)ることなし その眼(め)ふさがりて見えず その心とぢてあきらかならず
  19. 心のうちに思ふことをせず智識(ちしき)なく明悟(さとり)なきがゆゑに 我(われ)そのなかばを火にもやしその炭火のうへにパンをやき肉をあぶりて食(くら)ひ その木のあまりをもて我いかで憎(にく)むべきものを作るべけんや 我いかで木のはしくれに俯伏(ひれふ)すことをせんやといふ者もなし
  20. かゝる人は灰(はひ)をくらひ 迷(まよ)へる心にまどはされて己(おの)がたましひを救(すく)ふあたはず またわが右手にいつはりあるにあらずやとおもはざるなり
  21.  ヤコブよイスラエルよ 此等(これら)のことを心にとめよ 汝(なんぢ)はわが僕(しもべ)なり 我(われ)なんぢを造れり なんぢわが僕(しもべ)なり イスラエルよ我はなんぢを忘れじ
  22. 我(われ)なんぢの愆(とが)を雲のごとくに消し なんぢの罪を霧(きり)のごとくにちらせり なんぢ我にかへれ我なんぢを贖(あがな)ひたればなり
  23. 天よ うたうたヘ ヱホバこのことを成(なし)たまへり 下なる地よよばはれ もろもろの山よ林およびその中のもろもろの木よ こゑを發(はな)ちてうたふべし ヱホバはヤコブを贖(あがな)へり イスラエルのうちに榮光(えいくわう)をあらはし給(たま)はん
  24.  なんぢを贖(あがな)ひなんぢを胎内(はらのうち)につくれるヱホバかく言(いひ)たまふ 我はヱホバなり我よろづのものを創造し たゞ我のみ天をのべ みづから地をひらき
  25. いつはるものの豫兆(しるし)をむなしくし卜者(うらなふもの)をくるはせ智者(かしこきもの)をうしろに退(しりぞ)けてその知識をおろかならしむ
  26. われわが僕(しもべ)のことばを遂(とげ)しめ わが使者(つかひ)のはかりごとを成(なら)しめ ヱルサレムについては民また住(すま)はんといひ ユダのもろもろの邑(まち)については重(かさ)ねて建(たて)らるべし我(われ)その荒廢(あれすたれ)たるところを舊(もと)にかへさんといふ
  27. また淵(ふち)に命(めい)ず かわけ我なんぢのもろもろの川をほさんと
  28. 又(また)クロスについては彼はわが牧者(ぼくしゃ)すべてわが好むところを成(なら)しむる者なりといひ ヱルサレムについてはかさねて建(たて)られその宮の基(もとゐ)すゑられんといふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書