目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第45章(CHAPTER 45)

  1. われヱホバわが受膏者(じゆかうじゃ)クロスの右手をとりてもろもろの國(くに)をそのまへに降(くだ)らしめ もろもろの王の腰(こし)をとき扉をその前にひらかせて門をとづるものなからしめん
  2. われ汝(なんぢ)のまへにゆきて崎嶇(けはしき)をたひらかにし 銅(あかゞね)の門をこぼち くろがねの關木(くわんのき)をたちきるべし
  3. われなんぢに暗(くらき)ところの財貨(たから)とひそかなるところに藏(かく)せるたからとを予(あた)へ なんぢに我はヱホバなんぢの名をよべるイスラエルの神なるを知(しら)しめん
  4. わが僕(しもべ)ヤコブわが撰(えら)みたるイスラエルのために我なんぢの名をよべり 汝(なんぢ)われを知(しら)ずといへどわれ名をなんぢに賜(たま)ひたり
  5. われはヱホバなり 我のほかに神なし 一人もなし 汝われをしらずといへども我なんぢを固(かた)うせん
  6. 而(しか)して日のいづるところより西のかたまで人々我のほかに神なしと知(しる)べし 我はヱホバなり他にひとりもなし
  7. われは光をつくり又くらきを創造す われは平和をつくりまた禍害(わざはひ)をさうざうす 我はヱホバなり 我すべてこれらの事をなすなり
  8.  天ようへより滴(したゝ)らすべし 雲よ義(ぎ)をふらすべし 地はひらけて救(すくひ)を生(しやう)じ義をもともに萌(もえ)いだすべし われヱホバ之(これ)を創造(さうざう)せり
  9.  世人(よのひと)はすゑものの中のひとつの陶器(すゑもの)なるに己(おのれ)をつくれる者とあらそふはわざはひなるかな 泥塊(つちくれ)はすゑものつくりにむかひて汝(なんぢ)なにを作るかといふべけんや 又なんぢの造りたる者なんぢを手なしといふべけんや
  10. 父にむかひて汝なにゆゑに生(う)むことをせしやといひ 婦(をんな)にむかひて汝なにゆゑに産(うみ)のくるしみをなしゝやといふ者はわざはひなるかな
  11.  ヱホバ、イスラエルの聖者イスラエルを造れるもの如此(かく)いひたまふ 後(のち)きたらんとすることを我にとへ またわが子女(こら)とわが手の工(わざ)とにつきて汝等われに言(いは)せよ
  12. われ地をつくりてそのうへに人を創造(さうざう)せり われ自(みづか)らの手をもて天をのべ その萬象(ばんざう)をさだめたり
  13. われ義(ぎ)をもて彼(か)のクロスを起(おこ)せり われそのすべての道をなほくせん 彼はわが邑(まち)をたてわが俘囚(とらはれびと)を價(あたひ)のためならず報(むくい)のためならずして釋(ゆる)すべし これ萬軍(ばんぐん)のヱホバの聖言(みことば)なり
  14.  ヱホバ如此(かく)いひたまふ エジプトがはたらきて得(え)しものとエテオピアがあきなひて得(え)しものとはなんぢの有(もの)とならん また身のたけ高きセバ人(びと)きたりくだりて汝にしたがひ繩(なは)につながれて降(くだ)り なんぢのまへに伏(ふ)しなんぢに祈(いの)りていはん まことに神はなんぢの中にいませり このほかに神なし一人もなしと
  15. 救(すくひ)をほどこし給(たま)ふイスラエルの神よ まことに汝(なんぢ)はかくれています神なり
  16. 偶像をつくる者はみな恥(はぢ)をいだき辱(はづ)かしめをうけ 諸共(もろとも)にはぢあわてゝ退(しりぞ)かん
  17. されどイスラエルはヱホバにすくはれて永遠(とこしへ)の救(すくひ)をえん なんぢらは世々かぎりなく恥(はぢ)をいだかず辱(はづ)かしめをうけじ
  18.  ヱホバは天を創造したまへる者にしてすなはち神なり また地をもつくり成(なし)てこれを堅(かた)くし徒然(いたづら)にこれを創造し給(たま)はず これを人の住所(すみか)につくり給(たま)へり ヱホバかく宣給(のたま)ふ われはヱホバなり我のほかに神あることなしと
  19. われは隱(かく)れたるところ地のくらき所にてかたらず 我はヤコブの裔(すゑ)になんぢらが我をたづぬるは徒然(いたづら)なりといはず 我ヱホバはたゞしき事をかたり直(なほ)きことを告(つ)ぐ
  20.  汝等もろもろの國(くに)より脱(のが)れきたれる者よ つどひあつまり共にすゝみきたれ 木の像をになひ救(すく)ふことあたはざる神にいのりするものは無智(むち)なるなり
  21. なんぢらその道理(ことわり)をもちきたりて述(のべ)よ また共にはかれ 此事(このこと)をたれか上古(いにしへ)より示したりや 誰かむかしより告(つげ)たりしや 此(こ)はわれヱホバならずや 我のほかに神あることなし われは義をおこなひ救(すくひ)をほどこす神にして我のほかに神あることなし
  22. 地の極(はて)なるもろもろの人よ なんぢら我をあふぎのぞめ然(さら)ばすくはれん われは神にして他(ほか)に神なければなり
  23. われは己(おのれ)をさして誓(ちか)ひたり この言(ことば)はたゞしき口よりいでたれば反(かへ)ることなし すべての膝(ひざ)はわがまへに屈(かゞ)み すべての舌はわれに誓(ちかひ)をたてん
  24. 人われに就(つい)ていはん正義(たゞしき)と力とはヱホバにのみありと 人々ヱホバにきたらん すべてヱホバにむかひて怒(いか)るものは恥(はぢ)をいだくべし
  25. イスラエルの裔(すゑ)はヱホバによりて義(ぎ)とせられ且(かつ)ほこらん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書