目次 前へ 次へ 1 10 20 ・・ 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 ・・ 6066

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第49章(CHAPTER 49)

  1. もろもろの島よ我にきけ 遠きところのもろもろの民よ耳をかたむけよ 我うまれいづるよりヱホバ我を召し われ母の胎(たい)をいづるよりヱホバわが名をかたりつげたまへり
  2. ヱホバわが口を利劍(ときつるぎ)となし我をその手のかげにかくし 我をとぎすましたる矢となして箙(えびら)にをさめ給(たま)へり
  3. また我にいひ給(たま)はく 汝(なんぢ)はわが僕(しもべ)なり わが榮光(えいくわう)のあらはるべきイスラエルなりと
  4. されど我いへり われは徒然(いたづら)にはたらき益(えき)なくむなしく力をつひやしぬと 然(しか)はあれど誠(まこと)にわが審判(さばき)はヱホバにあり わが報(むくい)はわが神にあり
  5.  ヤコブをふたゝび己(おのれ)にかへらしめイスラエルを己(おのれ)のもとにあつまらせんとて 我をうまれいでしより立(たて)ておのれの僕(しもべ)となし給(たま)へるヱホバいひ給(たま)ふ(我はヱホバの前(みまへ)にたふとくせらる 又わが神はわが力となりたまへり)
  6. その聖言(みことば)にいはく なんぢわが僕(しもべ)となりてヤコブのもろもろの支派(わかれ)をおこし イスラエルのうちののこりて全(まつた)うせしものを歸(かへ)らしむることはいと輕(かろ)し 我また汝(なんぢ)をたてゝ異邦人(ことくにびと)の光となし 我がすくひを地のはてにまで到(いた)らしむ
  7. ヱホバ、イスラエルの贖主(あがなひぬし)イスラエルの聖者は人にあなどらるゝもの 民にいみきらはるゝもの 長(をさ)たちに役(えき)せらるゝ者にむかひて如此(かく)いひたまふ もろもろの王は見てたちもろもろの君はみて拜(はい)すべし これ信實(まこと)あるヱホバ、イスラエルの聖者なんぢを選びたまへるが故(ゆゑ)なり
  8.  ヱホバ如此(かく)いひたまふ われ惠(めぐみ)のときに汝(なんぢ)にこたへ救(すくひ)の日になんぢを助けたり われ汝をまもりて民の契約とし國(くに)をおこし荒(あれ)すたれたる地をまた産業としてかれらにつがしめん
  9. われ縛(いま)しめられたる者にいでよといひ暗(くらき)にをるものに顯(あらは)れよといはん かれら途(みち)すがら食(くら)ふことをなし もろもろの禿(かぶろ)なる山にも牧草(まきくさ)をうべし
  10. かれらは飢(うゑ)ずかわかず 又やけたる砂もあつき日もうつことなし 彼等をあはれむもの之(これ)をみちびきて泉のほとりに和(やはら)かにみちびき給(たま)ふべければなり
  11. 我わがもろもろの山を路(みち)とし わが大路(おほぢ)をたかくせん
  12. 視(み)よ人々あるひは遠きよりきたり あるひは北また西よりきたらん 或(あるひ)はまたシニムの地よりきたるべし
  13. 天ようたへ地よよろこべ もろもろの山よ聲(こゑ)をはなちてうたヘ ヱホバはその民をなぐさめその苦(くるし)むものを憐(あはれ)みたまへばなり
  14.  然(され)どシオンはいへりヱホバ我をすて主(しゆ)われをわすれたまへりと
  15. 婦(をんな)その乳兒(ちのみご)をわすれて己(おの)がはらの子をあはれまざることあらんや 縦(たと)ひかれら忘るゝことありとも我はなんぢを忘るゝことなし
  16. われ掌(たなごころ)になんぢを彫刻(ゑりきざ)めり なんぢの石垣はつねにわが前にあり
  17. なんぢの子輩(こら)はいそぎ來(きた)り なんぢを毀(こぼ)つもの汝(なんぢ)をあらす者は汝より出(いで)さらん
  18. なんぢ目をあげて環視(みまは)せよ これらのもの皆あひあつまりて汝がもとに來(きた)るべし ヱホバ宣給(のたまは)く われは活(いく)なんぢ此等(これら)をみな身によそほひて飾(かざり)となし 新婦(にひつま)の帶(おび)のごとくに之(これ)をまとふべし
  19. なんぢの荒(あれ)かつ廢(すた)れたるところ毀(こぼ)たれたる地は こののち住(すま)ふもの多くして狹(せま)きをおぼえん なんぢを呑(のみ)つくしゝもの遙(はるか)にはなれ去るべし
  20. むかし別れたりしなんぢの子輩(こら)はのちの日なんぢの耳のあたりにて語りあはん云(いは)く こゝは我がために狹(せま)し なんぢ外(ほか)にゆきて我にすむべき所をえしめよと
  21. その時なんぢ心裏(こゝろのうち)にいはん 誰かわがために此等(これら)のものを生(うみ)しや われ子をうしなひて獨居(ひとりを)りかつ俘(とらは)れ且(かつ)さすらひたり 誰かこれを育てしや 視(み)よわれ一人のこされたり 此等(これら)はいづこに居(をり)しや
  22.  主(しゆ)ヱホバいひたまはく 視(み)よわれ手をもろもろの國(くに)にむかひてあげ 旗(はた)をもろもろの民にむかひてたてん 斯(かく)てかれらはその懷中(ふところ)になんぢの子輩(こら)をたづさへ その肩(かた)になんぢの女輩(むすめら)をのせきたらん
  23. もろもろの王はなんぢの養父(やしなひおや)となり その后妃(きさきたち)はなんぢの乳母(めのと)となり かれらはその面(かほ)を地につけて汝(なんぢ)にひれふし なんぢの足の塵(ちり)をなめん 而(しか)して汝わがヱホバなるをしり われを俟望(まちのぞ)むものの恥(はぢ)をかうぶることなきを知るならん
  24.  勇士(ますらを)がうばひたる掠物(えもの)をいかでとりかへし 強暴者(あらちを)がかすめたる虜(とりこ)をいかで救(すくひ)いだすことを得(え)んや
  25. されどヱホバ如此(かく)いひたまふ云(いは)く ますらをが掠(かす)めたる虜(とりこ)もとりかへされ 強暴者(あらちを)がうばひたる掠物(えもの)もすくひいださるべし そは我なんぢを攻(せむ)るものをせめてなんぢの子輩(こら)をすくふべければなり
  26. 我なんぢを虐(しへた)ぐるものにその肉をくらはせ またその血をあたらしき酒のごとくにのませて酔(ゑは)しめん 而(しか)して萬民(よろづのたみ)はわがヱホバにして汝(なんぢ)をすくふ者なんぢを贖(あがな)ふものヤコブの全能者(ぜんのうしゃ)なることを知るべし

tombocom HOME | Good News | Confession Cafe | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書