目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第50章(CHAPTER 50)

  1. ヱホバかくいひ給(たま)ふ わがなんぢらの母をさりたる離書(さりぶみ)はいづこにありや 我いづれの債主(さいしゆ)になんぢらを賣(うり)わたしゝや 視(み)よなんぢらはその不義のために賣(う)られ なんぢらの母は汝(なんぢ)らの咎戻(とが)のために去られたり
  2. わがきたりし時なにゆゑ一人もをらざりしや 我よびしとき何故(なにゆゑ)ひとりも答ふるものなかりしや わが手みぢかくして贖(あがな)ひえざるか われ救(すく)ふべき力なからんや 視(み)よわれ叱咤(しつた)すれば海はかれ河はあれのとなり そのなかの魚は水なきによりかわき死(しに)て臭氣(にほひ)をいだすなり
  3. われKきころもを天にきせ麁布(あらたへ)をもて蔽(おほひ)となす
  4.  主(しゆ)ヱホバはヘ(をしへ)をうけしものの舌をわれにあたへ言(ことば)をもて疲れたるものを扶(たすけ)支(さゝ)ふることを知得(しりえ)しめたまふ また朝ごとに醒(さま)しわが耳をさましてヘ(をしへ)をうけし者のごとく聞(きく)ことを得(え)しめたまふ
  5. 主ヱホバわが耳をひらき給(たま)へり われは逆(さから)ふことをせず退(しりぞ)くことをせざりき
  6. われを撻(むちう)つものにわが背をまかせ わが鬚(ひげ)をぬくものにわが頬(ほゝ)をまかせ 恥(はぢ)と唾(つばき)とをさくるために面(かほ)をおほふことをせざりき
  7. 主ヱホバわれを助けたまはん この故(ゆゑ)にわれ恥(はづ)ることなかるべし 我わが面(かほ)を石の如(ごと)くして恥(はぢ)しめらるゝことなきを知る
  8. われを義とするもの近(ちか)きにあり たれか我とあらそはんや われら相共(あひとも)にたつべし わが仇(あだ)はたれぞや近づききたれ
  9. 主ヱホバわれを助け給(たま)はん 誰かわれを罪(つみ)せんや 視(み)よかれらはみな衣(ころも)のごとくふるび蠧(しみ)のためにくひつくされん
  10.  汝等のうちヱホバをおそれその僕(しもべ)の聲(こゑ)をきくものは誰ぞや 暗(くらき)をあゆみて光をえざるともヱホバの名(みな)をたのみおのれの神にたよれ
  11. 火をおこし火把(ひのたば)を帶(おぶ)るものよ汝等みなその火のほのほのなかをあゆめ 又なんぢらの燃(もや)したる火把(ひのたば)のなかをあゆめ なんぢら斯(かく)のごとき事をわが手よりうけて悲(かなし)みのうちに臥(ふす)べし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書