目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第51章(CHAPTER 51)

  1. 義(ぎ)をおひ求めヱホバを尋(たづ)ねもとむるものよ我にきけ なんぢらが斫出(きりいだ)されたる磐(いは)となんぢらの掘出(ほりいだ)されたる穴とをおもひ見よ
  2. なんぢらの父アブラハム及びなんぢらを生(うみ)たるサラをおもひ見よ われ彼をその唯一人(たゞひとり)なりしときに召しこれを祝してその子孫(しそん)をまし加へたり
  3. そはヱホバ、シオンを慰(なぐさ)め またその凡(すべ)てあれたる所をなぐさめて その荒野(あれの)をエデンのごとく その沙漠(さばく)をヱホバの園(その)のごとくなしたまへり 斯(かく)てその中によろこびと歡樂(たのしみ)とあり感謝とうたうたふ聲(こゑ)とありてきこゆ
  4.  わが民よわが言(ことば)にこゝろをとめよ わが國人(くにびと)よわれに耳をかたぶけよ 律法(おきて)はわれより出(い)づ われわが途(みち)をかたく定(さだ)めてもろもろの民の光となさん
  5. わが義はちかづきわが救(すくひ)はすでに出(いで)たり わが臂(かひな)はもろもろの民をさばかん もろもろの島はわれを俟望(まちのぞ)み わがかひなに依ョ(よりたのま)ん
  6. なんぢら目をあげて天を觀(み)また下なる地をみよ 天は烟(けぶり)のごとくきえ地は衣(ころも)のごとくふるびその中にすむ者これとひとしく死(しな)ん されどわが救(すくひ)はとこしへにながらへ わが義(ぎ)はくだくることなし
  7.  義(ぎ)をしるものよ心のうちにわが律法(おきて)をたもつ民よ われにきけ人のそしりをおそるゝなかれ人ののゝしりに慴(をのゝ)くなかれ
  8. そはかれら衣(ころも)のごとく蠧(しみ)にはまれ羊(ひつじ)の毛のごとく蟲(むし)にはまれん されどわが義はとこしへに存(なが)らへ わがすくひ萬代(よろづよ)におよぶべし
  9.  さめよ醒(さめ)よヱホバの臂(かひな)よちからを着(き)よ さめて古(いにし)への時むかしの代(よ)にありし如(ごと)くなれ ラハブをきりころし鰐(わに)をさしつらぬきたるは汝(なんぢ)にあらずや
  10. 海をかわかし大(おほい)なる淵(ふち)の水をかわかし また海のふかきところを贖(あがな)はれたる人のすぐべき路(みち)となしゝは汝にあらずや
  11. ヱホバに贖(あがな)ひすくはれしもの歌うたひつゝ歸(かへ)りてシオンにきたり その首(かうべ)にとこしへの歡喜(よろこび)をいたゞきて快樂(たのしみ)とよろこびとをえん 而(しか)してかなしみと歎息(なげき)とはにげさるべし
  12.  我こそ我(われ)なんぢらを慰(なぐさ)むれ 汝いかなる者なれば死(しぬ)べき人をおそれ草の如(ごと)くなるべき人の子をおそるゝか
  13. いかなれば天をのべ地の基(もとゐ)をすゑ汝をつくりたまへるヱホバを忘れしや 何(いか)なれば汝をほろぼさんとて豫備(そなへ)する虐(しへた)ぐるものの憤(いきどほ)れるをみて常にひねもす懼(おそ)るゝか 虐(しへた)ぐるものの忿恚(いきどほり)はいづこにありや
  14. 身をかゞめゐる俘囚(とらはれびと)はすみやかに解(とか)れて 死(しぬ)ることなく穴にくだることなく その食(かて)はつくること無(なか)るべし
  15. 我は海をふるはせ波をなりどよめかする汝(なんぢ)の神ヱホバなり その御名(みな)を萬軍(ばんぐん)のヱホバといふ
  16. 我(われ)わが言(ことば)をなんぢの口におき わが手のかげにて汝をおほへり かくてわれ天をうゑ地の基(もとゐ)をすゑ シオンにむかひて汝はわが民なりといはん
  17.  ヱルサレムよさめよさめよ起(おき)よ なんぢ前(さき)にヱホバの手よりその忿恚(いきどほり)のさかづきをうけて飮み よろめかす大杯(おほさかづき)をのみ且(かつ)すひほしたり
  18. なんぢの生(うめ)るもろもろの子のなかに汝をみちびく者なく 汝のそだてたるもろもろの子の中にてなんぢの手をたづさふる者なし
  19. この二(ふたつ)のこと汝(なんぢ)にのぞめり誰かなんぢのために歎(なげか)んや 荒廢(あれすたれ)の饑饉(ききん)ほろびの劍(つるぎ)なんぢに及べり我いかにして汝をなぐさめんや
  20. なんぢの子らは息(いき)たえだえにして網(あみ)にかゝれる羚羊(かもしか)のごとくして街衢(ちまたちまた)の口にふす ヱホバの忿恚(いきどほり)となんぢの神のせめとはかれらに滿(みち)たり
  21.  このゆゑに苦しめるもの酒にあらで酔(ゑひ)たるものよ之(これ)をきけ
  22. なんぢの主(しゆ)ヱホバおのが民の訟(うたへ)をあげつらひ給(たま)ふ なんぢの神かくいひ給(たま)ふ 我(われ)よろめかす酒杯(さかづき)をなんぢの手より取除(とりのぞ)き わがいきどほりの大杯(おほさかづき)をとりのぞきたり 汝ふたゝびこれを飮(のむ)ことあらじ
  23. 我(われ)これを汝をなやますものの手にわたさん 彼らは曩(さき)になんぢの靈魂(たましひ)にむかひて云(いへ)らく なんぢ伏(ふ)せよわれら越(こえ)ゆかんと 而(しか)してなんぢその背(せ)を地(つち)のごとくし衢(ちまた)のごとくし彼等のこえゆくに任(まか)せたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書