目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第52章(CHAPTER 52)

  1. シオンよ醒(さめ)よさめよ汝(なんぢ)の力を衣(き)よ 聖都(きよきみやこ)ヱルサレムよなんぢの美(うるは)しき衣(ころも)をつけよ 今より割禮(かつれい)をうけざる者および潔(きよ)からざるものふたゝび汝にいること無(なか)るべければなり
  2. なんぢ身の塵(ちり)をふりおとせ ヱルサレムよ起(おき)よすわれ 俘(とらは)れたるシオンのむすめよ汝がうなじの繩(なは)をときすてよ
  3.  そはヱホバかく言給(いひたま)ふ なんぢらは價(あたひ)なくして賣(う)られたり 金(かね)なくして贖(あがな)はるべし
  4. 主(しゆ)ヱホバ如此(かく)いひ給(たま)ふ 曩(さき)にわが民エジプトにくだりゆきて彼處(かしこ)にとゞまれり アツスリヤ人(びと)ゆゑなくして彼等をしへたげたり
  5. ヱホバ宣給(のたまは)く わが民はゆゑなくして俘(とらは)れたり されば我こゝに何をなさん ヱホバのたまはく 彼等をつかさどる者さけびよばはり わが名はつねに終日(ひねもす)けがさるゝなり
  6. この故(ゆゑ)にわが民はわが名をしらん このゆゑにその日には彼らこの言(ことば)をかたるものの我なるをしらん 我こゝに在(あ)り
  7.  よろこびの音信(おとづれ)をつたへ平和をつげ 善(よき)おとづれをつたへ救(すくひ)をつげ シオンに向ひてなんぢの神はすべ治(をさ)めたまふといふものの足は 山上(やまのうへ)にありていかに美(うるは)しきかな
  8. なんぢが斥候(ものみ)の聲(こゑ)きこゆ かれらはヱホバのシオンに歸(かへ)り給(たま)ふを目と目とあひあはせて視(み)るが故(ゆゑ)にみな聲(こゑ)をあげてもろともにうたへり
  9. ヱルサレムの荒廢(あれすた)れたるところよ聲(こゑ)をはなちて共にうたふべし ヱホバその民をなぐさめヱルサレムを贖(あがな)ひたまひたればなり
  10. ヱホバそのきよき手(みて)をもろもろの國人(くにびと)の目のまへにあらはしたまへり 地のもろもろの極(はて)までもわれらの神のすくひを見ん
  11.  なんぢら去(され)よされよ 彼處(かしこ)をいでて汚(けが)れたるものに觸(ふる)るなかれ その中をいでよ ヱホバの器(うつは)をになふ者よ なんぢら潔(きよ)くあれ
  12. なんぢら急ぎいづるにあらず趨(はし)りゆくにあらず ヱホバはなんぢらの前にゆきイスラエルの神はなんぢらの軍後(しんがり)となり給(たま)ふべければなり
  13.  視(み)よわがしもべ智慧(ちゑ)をもておこなはん 上りのぼりて甚(はなは)だたかくならん
  14. 曩(さき)にはおほくの人かれを見ておどろきたり(その面貌(おもつら)はそこなはれて人と異(こと)なり その形容(かたち)はおとろへて人の子とことなれり)
  15. 後(のち)には彼おほくの國民(くにびと)にそゝがん 王たち彼によりて口を緘(つぐ)まん そはかれら未(いま)だつたへられざることを見(み)いまだ聞(きか)ざることを悟(さと)るべければなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書