目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第53章(CHAPTER 53)

  1. われらが宣(のぶ)るところを信ぜしものは誰ぞや ヱホバの手はたれにあらはれしや
  2. かれは主(しゆ)のまへに芽(めば)えのごとく 燥(かわ)きたる土よりいづる樹株(こかぶ)のごとくそだちたり われらが見るべきうるはしき容(すがた)なく うつくしき貌(かたち)はなく われらがしたふべき艶色(みばえ)なし
  3. かれは侮(あなど)られて人にすてられ 悲哀(かなしみ)の人にして病患(なやみ)をしれり また面(かほ)をおほひて避(さく)ることをせらるゝ者のごとく侮(あなど)られたり われらも彼をたふとまざりき
  4.  まことに彼はわれらの病患(なやみ)をおひ我儕(われら)のかなしみを擔(にな)へり 然(しか)るにわれら思(おも)へらく彼はせめられ神にうたれ苦しめらるゝなりと
  5. 彼はわれらの愆(とが)のために傷(きずつ)けられ われらの不義のために碎(くだ)かれ みづから懲罰(こらしめ)をうけてわれらに平安(やすき)をあたふ そのうたれし痍(きず)によりてわれらは癒(いや)されたり
  6. われらはみな羊(ひつじ)のごとく迷ひておのおの己(おの)が道にむかひゆけり 然(しか)るにヱホバはわれら凡(すべ)てのものの不義をかれのうへに置(おき)たまへり
  7.  彼はくるしめらるれどもみづから謙(へりく)だりて口をひらかず 屠場(ほふりば)にひかるゝ羔羊(こひつじ)の如(ごと)く毛をきる者のまへにもだす羊(ひつじ)の如(ごと)くしてその口をひらかざりき
  8. かれは虐待(しへたげ)と審判(さばき)とによりて取去(とりさら)れたり その代(よ)の人のうち誰か彼が活(いけ)るものの地より絶(たゝ)れしことを思ひたりしや 彼はわが民のとがの爲(ため)にうたれしなり
  9. その墓はあしき者とともに設(まう)けられたれど死(しぬ)るときは富(とめ)るものとともになれり かれは暴(あらび)をおこなはずその口には虚僞(いつはり)なかりき
  10.  されどヱホバはかれを碎(くだ)くことをよろこびて之(これ)をなやましたまへり 斯(かく)てかれの靈魂(たましひ)とがの献物(そなへもの)をなすにいたらば彼その末(すゑ)をみるを得(え)その日は永(なが)からん かつヱホバの悦(よろこ)び給(たま)ふことは彼の手によりて榮(さか)ゆべし
  11. かれは己(おの)がたましひの煩勞(いたづき)をみて心たらはん わが義(たゞ)しき僕(しもべ)はその知識によりておほくの人を義(ぎ)とし又かれらの不義をおはん
  12. このゆゑに我かれをして大(おほい)なるものとともに物をわかち取(とら)しめん かれは強きものとともに掠物(えもの)をわかちとるべし 彼はおのが靈魂(たましひ)をかたぶけて死にいたらしめ愆(とが)あるものとともに數(かぞ)へられたればなり 彼はおほくの人の罪をおひ愆(とが)あるものの爲(ため)にとりなしをなせり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書