目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第55章(CHAPTER 55)

  1. 噫(あゝ)なんぢら渇(かわ)ける者ことごとく水にきたれ 金(かね)なき者もきたるべし 汝等きたりてかひ求めてくらへ きたれ金(かね)なく價(あたひ)なくして葡萄酒(ぶだうしゅ)と乳(ちゝ)とをかへ
  2. なにゆゑ糧(かて)にもあらぬ者のために金(かね)をいだし 飽(あく)ことを得(え)ざるもののために勞(らう)するや われに聽從(きゝしたが)へ さらばなんぢら美物(よきもの)をくらふをえ脂(あぶら)をもてその靈魂(たましひ)をたのしまするを得(え)ん
  3. 耳をかたぶけ我にきたりてきけ 汝等のたましひは活(いく)べし われ亦(また)なんぢらととこしへの契約(けいやく)をなしてダビデに約(やく)せし變(かは)らざる惠(めぐみ)をあたへん
  4. 視(み)よわれ彼をたてゝもろもろの民の證(あかし)とし又もろもろの民の君(きみ)となし命令する者となせり
  5. なんぢは知(しら)ざる國民(くにびと)をまねかん 汝(なんぢ)をしらざる國民(くにびと)はなんぢのもとに走りきたらん 此(こ)はなんぢの神ヱホバ、イスラエルの聖者(せいしゃ)のゆゑによりてなり ヱホバなんぢを尊(たふと)くしたまへり
  6.  なんぢら遇(あふ)ことをうる間にヱホバを尋(たづ)ねよ 近くゐたまふ間によびもとめよ
  7. 惡(あし)きものはその途(みち)をすて よこしまなる人はその思念(おもひ)をすてゝヱホバに反(かへ)れ さらば憐憫(あはれみ)をほどこしたまはん 我等の神にかへれ豐(ゆたか)に赦(ゆるし)をあたへ給(たま)はん
  8. ヱホバ宣給(のたまは)くわが思(おもひ)はなんぢらの思(おもひ)とことなり わが道はなんぢらのみちと異(こと)なれり
  9. 天の地よりたかきがごとく わが道はなんぢらの道よりも高く わが思(おもひ)はなんぢらの思(おもひ)よりもたかし
  10. 天より雨くだり雪おちて復(また)かへらず 地をうるほして物をはえしめ 萌(め)をいださしめて播(まく)ものに種(たね)をあたへ 食(くら)ふものに糧(かて)をあたふ
  11. 如此(かく)わが口よりいづる言(ことば)もむなしくは我にかへらず わが喜ぶところを成(な)し わが命じ遣(おく)りし事をはたさん
  12. なんぢらは喜びて出(いで)きたり平穩(おだやか)にみちびかれゆくべし山と岡とは聲(こゑ)をはなちて前(みまへ)にうたひ野にある樹はみな手をうたん
  13. 松樹(まつのき)はいばらにかはりてはえ岡拈樹(もちのき)は棘(おどろ)にかはりてはゆべし 此(こ)はヱホバの頌美(ほまれ)となり並(また)とこしへの徴(しるし)となりて絶(たゆ)ることなからん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書