目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第56章(CHAPTER 56)

  1. ヱホバ如此(かく)いひ給(たま)ふ なんぢら公平をまもり正義をおこなふべし わが救(すくひ)のきたるはちかく わが義のあらはるゝは近ければなり
  2. 安息日(あんそくにち)をまもりて汚(けが)さず その手をおさへて惡(あし)きことをなさず 斯(かく)おこなふ人かく堅(かた)くまもる人の子はさいはひなり
  3. ヱホバにつらなれる異邦人(ことくにびと)はいふなかれ ヱホバ必ず我をその民より分(わか)ち給(たま)はんと 寺人(じじん)もまたいふなかれ われは枯(かれ)たる樹なりと
  4. ヱホバ如此(かく)いひたまふ わが安息日(あんそくにち)をまもり わが悦(よろこ)ぶことをえらみて我(わ)が契約を堅(かた)くまもる寺人(じじん)には
  5. 我(われ)わが家のうちにてわが垣(かき)のうちにて子(むすこ)にも女(むすめ)にもまさる記念のしるしと名とをあたへ 並(また)とこしへの名をたまふて絶(たゆ)ることなからしめん
  6.  またヱホバにつらなり これに事(つか)ヘ ヱホバの名を愛しその僕(しもべ)となり 安息日(あんそくにち)をまもりて汚(けが)すことなく 凡(すべ)てわが契約(けいやく)をかたくまもる異邦人(ことくにびと)は
  7. 我(われ)これをわが聖山(きよきやま)にきたらせ わが祈(いのり)の家のうちにて樂(たのし)ましめん かれらの燔祭(はんさい)と犠牲(いけにへ)とはわが祭壇(さいだん)のうへに納(をさ)めらるべし わが家はすべての民のいのりの家ととなへらるべければなり
  8. イスラエルの放逐(おひやら)れたるものを集めたまふ主(しゆ)ヱホバのたまはく 我さらに人をあつめて既(すで)にあつめられたる者にくはへん
  9.  野獸(のゝけもの)よ みなきたりてくらへ 林にをるけものよ皆きたりてくらへ
  10. 斥候(ものみ)はみな瞽者(めしひ)にしてしることなし みな唖(おふし)なる犬にして吠(ほゆ)ることあたはず みな夢みるもの臥(ふし)ゐるもの眠ることをこのむ者なり
  11. この犬はむさぼること甚(はなは)だしくして飽(あく)ことをしらず かれらは悟(さと)ることを得(え)ざる牧者(ぼくしゃ)にして皆おのが道にむかひゆき 何(いづ)れにをる者もおのおの己(おのれ)の利(り)をおもふ
  12. かれら互(たがひ)にいふ請(いで)われ酒をたづさへきたらん われら濃酒(こきさけ)にのみあかん かくて明日もなほ今日のごとく大(おほい)にみち足(たら)はせんと

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書