目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第64章(CHAPTER 64)

  1. 願(ねがは)くはなんぢ天を裂(さき)てくだり給(たま)へ なんぢのみまへに山々ふるひ動かんことを
  2. 火の柴(しば)をもやし火の水を沸(わか)すがごとくして降(くだ)りたまへ かくて名(みな)をなんぢの敵にあらはし もろもろの國(くに)をなんぢのみまへに戰慄(ふるひをのゝ)かしめたまへ
  3. 汝(なんぢ)われらが逆料(はかり)あたはざる懼(おそ)るべき事をおこなひ給(たま)ひしときに降(くだ)りたまへり 山々はその前(みまへ)にふるひうごけり
  4. 上古(いにしへ)よりこのかた汝(なんぢ)のほかに何(いか)なる神ありて俟望(まちのぞ)みたる者にかゝる事をおこなひしや いまだ聽(きか)ず いまだ耳にいらず いまだ目にみしことなし
  5. 汝(なんぢ)はよろこびて義(ぎ)をおこなひなんぢの途(みち)にありてなんぢを紀念するものを迎(むか)へたまふ 視(み)よなんぢ怒(いか)りたまへり われらは罪ををかせり かゝる状(さま)なること既(すで)にひさし 我儕(われら)いかで救(すく)はるゝを得(え)んや
  6. 我儕(われら)はみな潔(きよ)からざる物のごとくなり われらの義(ぎ)はことごとく汚(けが)れたる衣(ころも)のごとし 我儕(われら)はみな木葉(このは)のごとく枯(か)れ われらのよこしまは暴風(はやち)のごとく我らを吹去(ふきさ)れり
  7. なんぢの名をよぶ者なく みづから勵(はげ)みて汝(なんぢ)によりすがる者なし なんぢ面(みかほ)をおほひてわれらを顧(かへり)みたまはず われらが邪曲(よこしま)をもてわれらを消失(きえう)せしめたまへり
  8.  されどヱホバよ汝(なんぢ)はわれらの父なり われらは泥塊(つちくれ)にしてなんぢは陶工(すゑつくり)なり 我らは皆なんぢの御手(みて)のわざなり
  9. ヱホバよいたく怒(いか)りたまふなかれ 永(なが)くよこしまを記念したまふなかれ 願(ねがは)くは顧(かへり)みたまへ 我儕(われら)はみななんぢの民なり
  10. 汝(なんぢ)のきよき諸邑(まちまち)は野となりシオンは野となりヱルサレムは荒廢(あれすた)れたり
  11. 我らの先祖が汝を讃(ほめ)たゝへたる榮光(えいくわう)ある我儕(われら)のきよき宮は火にやかれ 我儕(われら)のしたひたる處(ところ)はことごとく荒(あれ)はてたり
  12. ヱホバよこれらの事あれども汝(なんぢ)なほみづから制(おさ)へたまふや なんぢなほ默(もだ)してわれらに深くくるしみを受(うけ)しめたまふや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書