目次 前へ 次へ 1 10 20 30 ・・ 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

Old Testament「Book of Isaiah」
旧約聖書:イザヤ書

第65章(CHAPTER 65)

  1. 我はわれを求めざりしものに問(とひ)もとめられ 我をたづねざりしものに見出(みいだ)され わが名をよばざりし國(くに)にわれ曰(いへ)らく われは此(こゝ)にあり我はこゝに在(あり)と
  2. 善(よか)らぬ途(みち)をあゆみ おのが思念(おもひ)にしたがふ悖(もと)れる民をひねもす手をのべて招(まね)けり
  3. この民はまのあたり恒(つね)にわが怒(いかり)をひき 園(その)のうちにて犠牲(いけにへ)をさゝげ 瓦(かはら)の壇(だん)にて香(かう)をたき
  4. 墓のあひだにすわり隱密(ひそか)なる處(ところ)にやどり 猪(ゐのこ)の肉をくらひ憎(にく)むべきものの羹(あつもの)をその器皿(うつはもの)にもりて
  5. 人にいふなんぢ其處(そこ)にたちて我にちかづくなかれ そは我なんぢよりも聖(きよ)しと 彼らはわが鼻のけぶり終日(ひねもす)もゆる火なり
  6. 視(み)よこの事わが前にしるされたり われ默(もだ)さずして報(むく)いかへすべし 必ずかれらの懷中(ふところ)に報(むく)いかへすべし
  7. ヱホバいひ給(たまは)く なんぢらの邪曲(よこしま)となんぢらが列祖(せんぞたち)のよこしまとはともに報(むく)いかへすべし かれらは山上にて香(かう)をたき岡のうへにて我を汚(けが)しゝがゆゑに 我まづその作(わざ)をはかりてその懷中(ふところ)にかへすべし
  8.  ヱホバ如此(かく)いひたまふ 人ぶだうのなかに汁あるを見ばいはん これを壞(やぶ)るなかれ福祉(さいはひ)その中にあればなりと 我わが僕等(しもべら)のために如此(かく)おこなひてことごとくは壞(やぶ)らじ
  9. ヤコブより一裔(ひとつのすゑ)をいだし ユダよりわれ山々をうけつぐべき者をいださん わが撰(えら)みたる者はこれをうけつぎ我(わ)がしもべらは彼處(かしこ)にすむべし
  10. シヤロンは羊(ひつじ)のむれの牧場(まきば)となり アコルの谷はうしの群(むれ)のふす所となりて我をたづねもとめたるわが民の有(もの)とならん
  11. 然(され)どなんぢらヱホバを棄(すて)わがきよき山をわすれ 机をガド(禍福(くわふく)の神)にそなへ雜合(まぜあは)せたる酒をもりてメニ(運命の神)にさゝぐる者よ
  12. われ汝(なんぢ)らを劍(つるぎ)にわたすべく定(さだ)めたり なんぢらは皆かゞみて屠(ほふ)らるべし 汝等はわが呼(よび)しときこたへず わが語(かた)りしとききかず わが目にあしき事をおこなひ わが好(この)まざりし事をえらみたればなり
  13.  このゆゑに主(しゆ)ヱホバかく言給(いひたま)ふ わが僕等(しもべら)はくらへども汝等はうゑ わが僕等はのめども汝等はかわき 我(わが)しもべらは喜べどもなんぢらははぢ
  14. わが僕等(しもべら)はこゝろ樂(たのし)きによりて歌うたへども汝等はこゝろ哀(かなし)きによりて叫(さけ)び また靈魂(たましひ)うれふるによりて泣叫(なきさけ)ぶべし
  15. なんぢらが遺(のこす)名はわが撰(えら)みたるものの呪詛(のろひ)の料とならん 主(しゆ)ヱホバなんぢらを殺したまはん 然(され)どおのれの僕等(しもべら)をほかの名をもて呼(よび)たまふべし
  16. 斯(かゝ)るがゆゑに地にありて己(おのれ)のために福祉(さいはひ)をねがふものは眞實(しんじつ)の神にむかひて福祉(さいはひ)をもとめ 地にありて誓(ちか)ふものは眞實(しんじつ)の神をさして誓(ちか)ふべし さきの困難(なやみ)は忘れられてわが目よりかくれ失(うせ)たるに因(よ)る
  17.  視(み)よわれ新しき天とあたらしき地とを創造す 人さきのものを記念することなく之(これ)をその心におもひ出(いづ)ることなし
  18. 然(され)どなんぢらわが創造する者によりて永遠(とこしへ)にたのしみよろこべ 視(み)よわれはヱルサレムを造りてよろこびとしその民を快樂(たのしみ)とす
  19. われヱルサレムを喜びわが民をたのしまん 而(しか)して泣聲(なくこゑ)とさけぶ聲(こゑ)とはふたゝびその中にきこえざるべし
  20. 日數(ひかず)わづかにして死(しぬ)る嬰兒(みどりご)といのちの日をみたさゞる老人(としより)とはその中にまたあることなかるべし 百歳にて死(しぬ)るものも尚(なほ)わかしとせられ 百歳にて死(しぬ)るものを詛(のろは)れたる罪人(つみびと)とすべし
  21. かれら家をたてゝ之(これ)にすみ葡萄園(ぶだうぞの)をつくりてその果(み)をくらふべし
  22. かれらが建(たつ)るところにほかの人すまず かれらが造るところの果(み)はほかの人くらはず そはわが民のいのちは樹(き)の命(いのち)の如(ごと)く 我(わ)がえらみたる者はその手の工(わざ)ふるびうするとも存(ながら)ふべければなり
  23. かれらの勤勞(はたらき)はむなしからず その生(うむ)ところの者はわざはひにかゝらず 彼等はヱホバの福祉(さいはひ)をたまひしものの裔(すゑ)にしてその子輩(こら)もあひ共にをる可(べけ)ればなり
  24. かれらが呼(よば)ざるさきにわれこたへ 彼らが語りをへざるに我きかん
  25. 豺狼(おほかみ)とこひつじと食物(くひもの)をともにし 獅(しゝ)は牛のごとく藁(わら)をくらひ 蛇(へび)はちりを糧(かて)とすべし 斯(かく)てわが聖山(きよきやま)のいづこにても害(そこな)ふことなく傷(やぶ)ることなからん これヱホバの聖言(みことば)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):イザヤ書 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書