目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第4章(CHAPTER 4)

  1. ヱホバいひたまふイスラエルよ汝(なんぢ)もし歸(かへ)らば我に歸れ汝もし憎むべき者を我前(わがまへ)より除(のぞ)かば流蕩(さまよ)はじ
  2. かつ汝は眞實(まこと)と正直(なほき)と公義(たゞしき)とをもてヱホバは活(い)くと誓(ちか)はんさらば萬國(ばんこく)の民は彼によりて福祉(さいはひ)をうけ彼によりて誇(ほこ)るべし
  3.  ヱホバ、ユダとヱルサレムの人々にかくいひたまふ汝等の新田(しんでん)を耕(たがや)せ荊棘(いばら)の中に種(ま)くなかれ。
  4. ユダの人々とヱルサレムに住める者よ汝等みづから割禮(かつれい)をおこなひてヱホバに屬(つ)きおのれの心の前の皮を去れ然(しか)らざれば汝等の惡行(あしきおこなひ)のためわが怒(いかり)火の如(ごと)くに發して燃えんこれを滅(け)すものなかるべし
  5.  汝等ユダに告げヱルサレムに示していへ[らっぱ]を國(くに)の中(うち)に吹けとまた大聲(おほごゑ)に呼(よば)はりていへ汝等あつまれ我儕(われら)堅(かた)き邑(まち)にゆくべしと
  6. シオンに指示(しめ)す合圖(あひづ)の旗(はた)をたてよ逃(にげ)よ留(とゞま)る勿(なか)れそは我北より災(わざはひ)とおほいなる敗壞(ほろび)をきたらすればなり
  7. 獅子(しし)は其(その)森よりいでて上(のぼ)り國々を滅(ほろぼ)すものは進みきたる彼汝の國(くに)を荒さんとて既(すで)にその處(ところ)よりいでたり汝の諸邑(まちまち)は滅(ほろぼ)されて住む者なきに至らん
  8. この故(ゆゑ)に汝等麻(あさ)の衣(ころも)を身にまとひて悲(かなし)み哭(なげ)けそはヱホバの烈(はげし)き怒(いかり)いまだ我儕(われら)を離れざればなり
  9. ヱホバいひたまひけるはその日王(わう)と牧伯(きみ)等はその心をうしなひ祭司は驚き預言者は異(あやし)むべし
  10.  我いひけるは嗚呼(あゝ)主ヱホバよ汝はまことに此民(このたみ)とヱルサレムを大(おほい)にあざむきたまふすなはち汝(なんぢ)はなんぢら安かるべしと云給(いひたま)ひしに劍(つるぎ)命にまでおよべり
  11.  その時この民とヱルサレムにいふものあらん熱き風 曠野(あらの)の童山(はげやま)よりわが民の女(むすめ)にふききたると此(こ)は簸(ひ)るためにあらず潔(きよ)むる爲(ため)にもあらざるなり
  12. これよりも猶(なほ)はげしき風われより來(きた)らん今我かれらに鞫(さばき)を示さん
  13. みよ彼は雲のごとく上りきたらん其車(そのくるま)は颶風(はやて)のごとくにしてその馬は鷹(わし)よりも疾(はや)し嗚呼(あゝ)われらは禍(わざはひ)なるかな我儕(われら)滅(ほろぼ)さるべし
  14. ヱルサレムよ汝の心の惡をあらひ潔(きよ)めよ然(さら)ばすくはれん汝の惡(あし)き念(おもひ)いつまで汝のうちにあるや
  15. ダンより告(つ)ぐる聲(こゑ)ありエフライムの山より災(わざはひ)を知(しら)するなり
  16. なんぢら國々の民に告げまたヱルサレムに知らせよ攻(せ)めかこむ者遠き國(くに)より來(きた)りユダの諸邑(まちまち)にむかひて其聲(そのこゑ)を揚(あ)ぐと
  17. 彼らは田圃(たはた)をまもる者のごとくにこれを圍(かこ)むこは我に從(したが)はざりしに由(よ)るとヱホバいひ給(たま)ふ
  18. 汝(なんぢ)の途(みち)と汝の行(おこなひ)これを汝に招(まね)けりこれは汝の惡なり誠(まこと)に苦(にが)くして汝の心におよぶ
  19.  嗚呼(あゝ)わが腸(はらわた)よ我(わが)腸(はらわた)よ痛苦(いたみ)心の底におよびわが心胸(むね)とゞろくわれ默(もく)しがたし我(わが)靈魂(たましひ)よ汝[らっぱ]の聲(こゑ)と軍(いくさ)の鬨(さわぎ)をきくなり
  20. 敗滅(ほろび)に敗滅(ほろび)のしらせありこの地は皆荒(あら)されわが幕屋(まくや)は頃刻(にはか)にやぶられ我幕(わがまく)は忽(たちま)ち破られたり
  21. 我が旗(はた)をみ[らっぱ]の聲(こゑ)をきくは何時(いつ)までぞや
  22. それ我民(わがたみ)は愚(おろか)にして我を識(し)らず拙(つたな)き子等(こども)にして曉(さと)ることなし彼らは惡を行ふに智(さと)けれども善(ぜん)を行ふことを知(しら)ず
  23.  われ地を見るに形なくして空(むなし)くあり天を仰(あふ)ぐに其處(そこ)に光なし
  24. 我(われ)山を見るに皆(みな)震(ふる)へまた諸(すべて)の丘も動けり
  25. 我(われ)見(みる)に人あることなし天空(そら)の鳥も皆(みな)飛(とび)されり
  26. 我みるに肥美(ゆたか)なる地は沙漠(あれち)となり且(かつ)その諸(すべて)の邑(まち)はヱホバの前にその烈(はげ)しき怒(いかり)の前に毀(こぼ)たれたり
  27.  そはヱホバかくいひたまへりすべて此地(このち)は荒地とならんされど我ことごとくは之(これ)を滅(ほろぼ)さじ
  28. 故(ゆゑ)に地は皆哀しみ上なる天は暗くならん我すでに之(これ)をいひ且(かつ)これを定(さだ)めて悔(く)いずまた之(これ)をなす事を止(やめ)ざればなり
  29. 邑(まち)の人みな騎兵(きへい)と射者(いて)の咄喊(さけび)のために逃(にげ)て叢林(もり)にいり又岩の上に升(のぼ)れり邑(まち)はみな棄(すて)られて其處(そこ)に住む人なし
  30. 滅(ほろぼ)されたる者よ汝(なんぢ)何をなさんとするや設令(たとひ)汝くれなゐの衣(ころも)をき金(こがね)の飾物をもて身を粧(よそほ)ひ目をぬりて大(おほき)くするとも汝が身を粧(よそほ)ふはいたづらなり汝の戀人(こひゞと)らは汝をいやしめ汝のいのちを索(もとむ)るなり
  31. われ子をうむ婦(をんな)のごとき聲(こゑ)首子(うひご)をうむ者の苦(くるし)むがごとき聲(こゑ)を聞く是(こ)れシオンの女(むすめ)の聲(こゑ)なりかれ自(みづか)ら歎(なげ)き手をのべていふ嗚呼(あゝ)われは禍(わざはひ)なるかな我(わが)靈魂(たましひ)殺す者のために疲れはてぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書