目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第5章(CHAPTER 5)

  1. 汝等ヱルサレムの邑(まち)をめぐりて視(み)且(かつ)察(さと)りその街(ちまた)を尋(たづ)ねよ汝等もし一人の公義(たゞしき)を行ひ眞理(まこと)を求(もとむ)る者に逢(あ)はゞわれ之(これ)(ヱルサレム)を赦(ゆる)すべし
  2. 彼らヱホバは活(い)くといふとも實(まこと)は僞(いつは)りて誓(ちか)ふなり
  3. ヱホバよ汝(なんぢ)の目は誠實(まこと)を顧(かへり)みるにあらずや汝彼らを撻(うて)どもかれら痛苦(いたみ)をおぼえず彼等を滅(ほろぼ)せどもかれら懲治(いましめ)をうけず其面(そのかほ)を磐(いは)よりも硬(かた)くして歸(かへ)ることを拒(いな)めり
  4.  故(ゆゑ)に我いひけるは此輩(これら)は惟(たゞ)いやしき愚(おろか)なる者なればヱホバの途(みち)と其(その)神の鞫(さばき)を知(しら)ざるなり
  5. われ貴人(たふときひと)にゆきて之(これ)に語らんかれらはヱホバの途(みち)とその神の鞫(さばき)を知るなり然(しかる)に彼らも皆(みな)軛(くびき)を折(を)り縛(なはめ)を斷(たて)り
  6. 故(ゆゑ)に林よりいづる獅子(しし)は彼らを殺しアラバの狼(おほかみ)はかれらを滅(ほろぼ)し豹(へう)はその邑(まち)をねらふ此處(ここ)よりいづる者は皆裂(さか)るべしそは其罪(そのつみ)おほくその背違(そむき)はなはだしければなり
  7.  我(われ)なに故(ゆゑ)に汝(なんぢ)をゆるすべきや汝の諸子(こどもら)われを棄(す)て神にあらざる神を指(さ)して誓(ちか)ふ我すでに彼らを誓(ちか)はせたれど彼ら姦淫(かんいん)して娼妓(あそびめ)の家に群集(むれあつま)る
  8. 彼らは肥(こえ)たる牡馬(をむま)のごとくに行(ゆき)めぐりおのおの嘶(いなゝ)きて隣(となり)の妻を慕(した)ふ
  9. ヱホバいひたまふ我これらの事のために彼らを罰(ばつ)せざらんや我心(わがこゝろ)はかくの如(ごと)き民に仇(あた)を復(かへ)さゞらんや
  10.  汝等その石垣にのぼりて滅(ほろぼ)せされど悉(ことごと)くはこれを滅(ほろぼ)す勿(なか)れその枝(えだ)を截除(きりのぞ)けヱホバのものに有(あら)ざればなり
  11. イスラエルの家とユダの家は大(おほい)に我に悖(もと)るなりとヱホバいひたまふ
  12. 彼等はヱホバを認(みとめ)ずしていふヱホバはある者にあらず災(わざはひ)われらに來(きた)らじ我儕(われら)劍(つるぎ)と飢饉(ききん)をも見ざるべし
  13. 預言者は風となり言(ことば)はかれらの衷(うち)にあらず斯(かく)彼らになるべしと
  14.  故(ゆゑ)に萬軍(ばんぐん)の神ヱホバかくいひたまふ汝等この言(こと)を語(いふ)により視(み)よわれ汝(なんぢ)の口にある我言(わがことば)を火となし此民(このたみ)を薪(たきゞ)となさんその火彼らを焚盡(やきつく)すべし
  15. ヱホバいひ給(たま)ふイスラエルの家よみよ我(われ)遠き國人(くにびと)をなんぢらに來(きた)らしめん其國(そのくに)は強くまた古き國(くに)なり汝等その言(ことば)をしらず其(その)語ることをも曉(さと)らざるなり
  16. その箙(えびら)は啓(ひら)きたる墓のごとし彼らはみな勇士なり
  17. 彼らは汝(なんぢ)の穡(かりい)れたる物と汝の糧食(くひもの)を食(くら)ひ汝の子(むすこ)女(むすめ)を食ひ汝の羊と牛を食ひ汝の葡萄(ぶだう)の樹と無花果(いちじく)の樹を食ひまた劍(つるぎ)をもて汝のョ(たの)むところの堅(かた)き邑(まち)を滅(ほろぼ)さん
  18. されど其時(そのとき)われことごとくは汝(なんぢ)を滅(ほろぼ)さじとヱホバいひたまふ
  19.  汝等何ゆゑにわれらの神ヱホバ此等(これら)の諸(すべて)のことを我儕(われら)になしたまふやといはゞ汝(なんぢ)かれらに答ふべし汝ら我をすて汝らの地に於(おい)て異(こと)なる神に奉(つか)へしごとく汝らのものにあらざる地に於(おい)て異邦人(ことくにびと)につかふべしと
  20.  汝(なんぢ)これをヤコブの家にのべまたこれをユダに示していへ
  21. 愚(おろか)にして了知(さとり)なく目あれども見えず耳あれども聞(きこ)えざる民よこれをきけ
  22. ヱホバいひ給(たま)ふ汝等われを畏(おそ)れざるか我前(わがまへ)に戰慄(をのゝ)かざるか我は沙(すな)を置(おき)て海の界(さかひ)となしこれを永遠(とこしなへ)の限界(かぎり)となし踰(こゆ)ることをえざらしむ其浪(そのなみ)さかまきいたるも勝(かつ)ことあたはず澎湃(なりわたる)もこれを踰(こゆ)るあたはざるなり
  23. 然(しか)るにこの民は背(そむ)き且(かつ)悖(もと)れる心あり既(すで)に背(そむ)きて去れり
  24. 彼らはまた我儕(われら)に雨をあたへて秋の雨と春の雨を時にしたがひて下し我儕(われら)のために收穫(かりいれ)の時節(とき)を定(さだ)めたまへる我神(わがかみ)ヱホバを畏(おそ)るべしと其心(そのこゝろ)にいはざるなり
  25. 汝等の愆(とが)はこれらの事を退(しりぞ)け汝等の罪は嘉物(よきもの)を汝らに來(きた)らしめざりき
  26. 我民(わがたみ)のうちに惡者(あしきもの)あり網(あみ)を張る者のごとくに身をかゞめてうかゞひ罟(わな)を置(おき)て人をとらふ
  27. 樊籠(かご)に鳥の盈(みつ)るがごとく不義の財(たから)彼らの家に充(み)つこの故(ゆゑ)に彼らは大(おほい)なる者となり富(とめ)る者となる
  28. 彼らは肥(こえ)て光澤(つや)あり其(その)惡(あし)き行(おこなひ)は甚(はなはだ)し彼らは訟(うつたへ)をたゞさず孤(みなしご)の訟(うつたへ)を糺(たゞ)さずして利達(さかえ)をえ亦(また)貧者(まづしきもの)の訴(うつたへ)を鞫(さば)かず
  29. ヱホバいひ給(たま)ふわれかくのごときことを罰(ばつ)せざらんや我心(わがこゝろ)は是(かく)のごとき民に仇(あだ)を復(かへ)さゞらんや
  30.  この地に驚(おどろ)くべき事と憎(にく)むべきこと行(おこな)はる
  31. 預言者は僞(いつは)りて預言をなし祭司は彼らの手によりて治(をさ)め我民(わがたみ)は斯(かゝ)る事を愛すされど汝等その終(をはり)に何をなさんとするや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書