目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第6章(CHAPTER 6)

  1. ベニヤミンの子等(こどもら)よヱルサレムの中(うち)より逃(のが)れテコアに[らっぱ]をふきベテハケレムに合圖(あひづ)の火をあげよそは北より災(わざはひ)と大(おほい)なる敗壞(ほろび)のぞめばなり
  2. われ美(うるは)しき窈窕(たをやか)なるシオンの女(むすめ)を滅(ほろぼ)さん
  3. 牧者(ぼくしゃ)は其(その)群(むれ)を牽(ひき)て此處(こゝ)にきたりその周圍(まはり)に天幕をはらん群(むれ)はおのおのその處(ところ)にて草を食(くら)はん
  4. 汝(なんぢ)ら戰端(たゝかひ)を開きて之(これ)を攻(せむ)べし起(たて)よわれら日午(ひる)にのぼらん嗚呼(あゝ)惜(をしい)かな日ははや昃(かたむ)き夕日の影長くなれり
  5. 起(たて)よわれら夜の間(うち)にのぼりてその諸(もろもろ)の殿舍(やかた)を毀(こぼ)たん
  6. 萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまへり汝(なんぢ)ら樹をきりヱルサレムに向(むか)ひて壘(るゐ)を築(きづ)けこれは罰(ばつ)すべき邑(まち)なりその中には唯(たゞ)暴逆(ばうぎゃく)のみあり
  7. 源(みなもと)の水をいだすがごとく彼その惡を流(いだ)すその中に暴逆と威虐(しひたげ)きこゆ我前(わがまへ)に憂(うれへ)と傷たえず
  8. ヱルサレムよ汝(なんぢ)訓戒(いましめ)をうけよ然(しか)らざれば我心汝をはなれ汝を荒蕪(あれち)となし住む人なき地となさん
  9.  萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまふ彼らは葡萄(ぶだう)の遺餘(のこり)を摘(つ)みとるごとくイスラエルの遺(のこ)れる者を摘(つみ)とらん汝葡萄(ぶだう)を摘取者(つみとるもの)のごとく[しばしば]手を筐(かご)に入るべし
  10. 我たれに語り誰を警(いまし)めてきかしめんや視(み)よその耳は割禮(かつれい)をうけざるによりて聽(きこ)えず彼らはヱホバの言(ことば)を嘲(あざ)けりこれを悦(よろこ)ばず
  11. ヱホバの怒(いかり)わが身に充(み)つわれ忍(しの)ぶに倦(う)むこれを衢街(ちまた)にある童子(こどもら)と集れる年少者(わかきもの)とに泄(もら)すべし夫(をつと)も婦(つま)も老(おい)たる者も年邁(としすゝみ)し者も執(とら)へらるゝにいたらん
  12. その家と田地(はたけ)と妻はともに佗人(たにん)にわたらん其(そ)はわれ手を擧(あげ)てこの地に住(すめ)る者を撃(うて)ばなりとヱホバいひたまふ
  13. 夫(それ)彼らは少(ちひ)さき者より大(おほい)なる者にいたるまで皆(みな)貪婪者(むさぼるもの)なり又預言者より祭司にいたるまで皆(みな)詭詐(いつはり)をなす者なればなり
  14. かれら淺(あさ)く我民(わがたみ)の女(むすめ)の傷を醫(いや)し平康(やす)からざる時に平康(やすし)平康(やすし)といへり
  15. 彼らは憎(にく)むべき事を爲(なし)て恥辱(はづかしめ)をうくれども毫(すこし)も恥(はぢ)ずまた愧(はぢ)を知らずこの故(ゆゑ)に彼らは傾仆(たふ)るゝ者と偕(とも)にたふれん我來(わがきた)るとき彼ら躓(つまづ)かんとヱホバいひたまふ
  16.  ヱホバかくいひたまふ汝(なんぢ)ら途(みち)に立(たち)て見(み)古き徑(みち)に就(つき)て何(いづれ)か善道(よきみち)なるを尋(たづ)ねて其途(そのみち)に行(あゆ)めさらば汝らの靈魂(たましひ)安(やすき)を得(え)ん然(され)ど彼らこたへて我儕(われら)はそれに行(あゆ)まじといふ
  17. 我また汝(なんぢ)らの上に守望者(まもるもの)をたて[らっぱ]の聲(こゑ)をきけといへり然(され)ど彼等こたへて我儕(われら)は聞(きか)じといふ
  18. 故(ゆゑ)に萬國(ばんこく)の民よきけ會衆よかれらの遇(あふ)ところを知れ
  19. 地よきけわれ災(わざはひ)をこの民にくださんこは彼らの思(おもひ)の結ぶ果(み)なりかれら我言(わがことば)とわが律法(おきて)をきかずして之(これ)を棄(すつ)るによる
  20. シバより我許(わがもと)に乳香(にうかう)きたり遠き國(くに)より菖蒲(あやめ)きたるは何のためぞやわれは汝らの燔祭(はんさい)をよろこばず汝らの犠牲(いけにへ)を甘(うま)しとせず
  21. 故(ゆゑ)にヱホバかくいひたまふみよ我この民の前に躓礙(つまづくもの)をおく父と子とそれに蹶(つまづ)き隣人(となりびと)とその友偕(とも)に滅(ほろ)ぶべし
  22.  ヱホバかくいひたまふみよ民北の國(くに)よりきたる大(おほい)なる民地の極(はて)より起(おこ)る
  23. 彼らは弓と槍(やり)をとる殘忍(ざんにん)にして憫(あはれみ)なしその聲(こゑ)は海の如(ごと)く鳴るシオンの女(むすめ)よかれらは馬に乗り軍人(いくさびと)のごとく身をよろひて汝を攻(せ)めん
  24. 我儕(われら)その風聲(うはさ)をきゝたれば我儕(われら)の手弱り子をうむ婦(をんな)のごとき苦痛(くるしみ)と劬勞(いたみ)われらに迫(せま)る
  25. 汝(なんぢ)ら田地(はたけ)に出(いづ)る勿(なか)れまた路(みち)に行(あゆ)むなかれ敵の劍と畏怖(おそれ)四方(よも)にあればなり
  26. 我民(わがたみ)の女(むすめ)よ麻衣(あさのころも)を身にまとひ灰のうちにまろび獨子(ひとりご)を喪(うしな)ひしごとくに哀(かなし)みていたく哭(なげ)けそは毀滅者(ほろぼすもの)突然(にはか)に我らに來(きた)るべければなり
  27.  われ汝(なんぢ)を民のうちに立(たて)て金(かね)を驗(こゝろむ)る者のごとくなし又城のごとくなすこは汝をしてその途(みち)を知(しら)しめまた試(こゝろ)みしめんためなり
  28. 彼らは皆いたく悖(もと)れる者なり歩行(あるき)て人を謗(そし)る者なり彼らは銅(あかゞね)のごとく鐵(くろがね)のごとし皆(みな)邪(よこしま)なる者なり
  29. [ふいご]は火に焚(や)け鉛(なまり)はつき鎔匠(とかすもの)はいたづらに鎔(とか)す惡者(あしきもの)いまだ除(のぞ)かれざればなり
  30. ヱホバ彼らを棄(すて)たまふによりて彼等は棄(すて)られたる銀と呼ばれん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書