目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第8章(CHAPTER 8)

  1. ヱホバいひたまふその時人ユダの王等(わうたち)の骨とその牧伯(つかさ)等の骨と祭司の骨と預言者の骨とヱルサレムの民の骨をその墓よりほりいだし
  2. 彼等の愛し奉(つか)へ從ひ求め且(かつ)祭れるところの日と月と天の衆群(しうぐん)の前にこれを曝(さら)すべし其骨(そのほね)はあつむる者なく葬(はうむ)る者なくして糞土(ふんど)のごとくに地の面(おもて)にあらん
  3. この惡(あし)き民の中(うち)ののこれる餘遺(のこり)の者すべてわが逐(おひ)やりしところに餘(のこ)れる者皆生(いく)るよりも死ぬることを願(ねがは)んと萬軍(ばんぐん)のヱホバ云(いひ)たまふ
  4.  汝(なんぢ)また彼らにヱホバかくいふと語るべし人もし仆(たふ)るれば起きかへるにあらずやもし離るれば歸(かへ)り來(きた)るにあらずや
  5. 何故(なにゆゑ)にヱルサレムにをる此民(このたみ)は恒(つね)にわれを離れて歸(かへ)らざるや彼らは詐僞(いつはり)をかたく執(とり)て歸(かへ)ることを否(いな)めり
  6. われ耳を側(そばだ)てゝ聽(きく)に彼らは善(よき)ことを云(いは)ず一人もその惡を悔(く)いてわがなせし事は何ぞやといふ者なし彼らはみな戰場(いくさば)に馳入(はせい)る馬のごとくにその途(みち)に歸(かへ)るなり
  7. 天空(そら)の鶴はその定期(とき)を知り斑鳩(やまばと)と燕(つばめ)と鴈(かり)はそのきたる時を守るされど我民(わがたみ)はヱホバの律法(おきて)をしらざるなり
  8.  汝(なんぢ)いかで我ら智慧(ちゑ)ありわれらにはヱホバの律法(おきて)ありといふことをえんや視(み)よまことに書記の僞(いつはり)の筆(ふで)之(これ)を僞(いつはり)とせり
  9. 智慧(ちゑ)ある者は辱(はづか)しめられまたあわてゝ執(とら)へらる視(み)よ彼等ヱホバの言(ことば)を棄(すて)たり彼ら何の智慧(ちゑ)あらんや
  10. 故(ゆゑ)にわれその妻を他人にあたへ其(その)田圃(たはた)を他人に嗣(つが)しめん彼らは小さき者より大(おほい)なる者にいたるまで皆(みな)貪婪者(むさぼるもの)また預言者より祭司にいたるまで皆(みな)詭詐(いつはり)をなす者なればなり
  11. 彼ら我民(わがたみ)の女(むすめ)の傷を淺く醫(いや)し平康(やす)からざる時に平康(やすし)平康(やすし)といへり
  12. 彼ら憎(にく)むべき事をなして恥辱(はづかしめ)らる然(さ)れど毫(すこし)も恥(はぢ)ずまた恥を知らずこの故(ゆゑ)に彼らは仆(たふ)るゝ者と偕(とも)に仆(たふ)れんわが彼らを罰(ばつ)するときかれら躓(つまづ)くべしとヱホバいひたまふ
  13. ヱホバいひたまふ我彼らをことごとく滅(ほろぼ)さん葡萄(ぶだう)の樹に葡萄(ぶだう)なく無花果(いちじく)の樹に無花果(いちじく)なしその葉も槁(か)れたり故(ゆゑ)にわれ殲滅者(ほろぼすもの)を彼らにつかはす
  14.  我ら何ぞ此(こゝ)にとゞまるやあつまれよ我ら堅(かた)き城邑(まち)にゆきて其處(そこ)に滅(ほろび)ん我儕(われら)ヱホバに罪を犯(をか)せしによりて我らの神ヱホバ我らを滅(ほろぼ)し毒なる水を飮(のま)せたまへばなり
  15. われら平康(やすき)を望めども善(よき)こと來(きた)らず慰(なぐさ)めらるゝ時を望むにかへつて恐懼(おそれ)きたる
  16. その馬の嘶(いなゝき)はダンよりきこえこの地みなその強き馬の聲(こゑ)によりて震(ふる)ふ彼らきたりて此地(このち)とその上にある者および邑(まち)とその中に住(すめ)る者を食(くら)ふ
  17. 視(み)よわれ呪詛(まじなひ)のきかざる蛇(へび)蝮(まむし)を汝らのうちに遣(つかは)さん是(これ)汝らを噛(かむ)べしとヱホバいひたまふ
  18.  嗚呼(あゝ)われ憂(うれ)ふいかにして慰藉(なぐさめ)をえんや我衷(わがうち)の心(こゝろ)惱(なや)む
  19. みよ遠き國(くに)より我民(わがたみ)の女(むすめ)の聲(こゑ)ありていふヱホバはシオンに在(いま)さゞるか其(その)王はその中(うち)に在(あら)ざるかと(ヱホバいひたまふ)彼らは何故(なにゆゑ)にその偶像(ぐうざう)と異邦(ことくに)の虚(むなし)き物をもて我を怒(いか)らせしやと
  20. 收穫(かりいれ)の時は過(す)ぎ夏もはや畢(をは)りぬされど我らはいまだ救(すく)はれず
  21. 我民(わがたみ)の女(むすめ)の傷(いたみ)によりて我も傷(いた)み且(かつ)悲しむ恐懼(おそれ)我に迫(せま)れり
  22. ギレアデに乳香(にうかう)あるにあらずや彼處(かしこ)に醫者(いしゃ)あるにあらずやいかにして我(わが)民の女(むすめ)はいやされざるや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書