目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第11章(CHAPTER 11)

  1. ヱホバよりヱレミヤにのぞめる言(ことば)いふ
  2. 汝(なんぢ)らこの契約(けいやく)の言(ことば)をきゝユダの人とヱルサレムにすめる者に告(つげ)よ
  3. 汝かれらに語れイスラエルの神ヱホバかくいひたまふこの契約の言(ことば)に遵(したが)はざる人は詛(のろ)はる
  4. この契約はわが汝らの先祖をエジプトの地(ち)鐵(てつ)の爐(かまど)の中より導き出(いだ)せし日にかれらに命ぜしものなり即(すなは)ち我いひけらく汝ら我聲(わがこゑ)をきゝ我汝らに命ぜし諸(すべて)の事に從ひて行(おこな)はゞ汝らは我民(わがたみ)となり我は汝らの神とならん
  5. われ汝(なんぢ)らの先祖に乳(ちゝ)と蜜(みつ)の流るゝ地を與(あた)へんと誓(ちか)ひしことを成就(なしとげ)んと即(すなは)ち今日のごとしその時我こたへてアーメン、ヱホバといへり
  6.  またヱホバ我にいひたまひけるは汝(なんぢ)すべて此等(これら)の言(ことば)をユダの諸邑(まちまち)とヱルサレムの衢(ちまた)にしめし汝ら此(この)契約の言(ことば)をきゝてこれを行(おこな)へといふべし
  7. われ汝らの列祖(せんぞ)をエジプトの地より導出(みちびきいだ)せし日より今日にいたるまで切(せち)に彼らを戒(いまし)め頻(しきり)に戒(いまし)めて汝ら我聲(わがこゑ)に遵(したが)へといへり
  8. 然(され)ど彼らは遵(したが)はずその耳を傾(かたむ)けずおのおの其(その)惡(あし)き心の剛愎(かたくな)なるにしたがひて歩(あゆ)めり故(ゆゑ)にわれ此(この)契約の言(ことば)を彼等にきたらす是(こ)はわがかれらに之(これ)を行(おこな)へと命ぜしかども彼等がおこなはざりし者なり
  9.  またヱホバ我にいひたまひけるはユダの人々とヱルサレムに住(すめ)る者の中に叛逆(ほんぎゃく)の事あり
  10. 彼らは我言(わがことば)をきくことを好まざりしところのその先祖の罪にかへり亦(また)他の神に從ひて之(これ)に奉(つか)へたりイスラエルの家とユダの家はわがその列祖(せんぞ)たちと締(むすび)たる契約をやぶれり
  11. この故(ゆゑ)にヱホバかくいひ給(たま)ふみよわれ災禍(わざはひ)をかれらにくださん彼らこれを免(まぬ)かるゝことをえざるべし彼ら我をよぶとも我(われ)聽(きか)じ
  12. ユダの邑(まち)とヱルサレムに住(すめ)る者はゆきてその香(かう)を焚(たき)し神を[よば]んされど是等(これら)はその災禍(わざはひ)の時に絶(たえ)てかれらを救ふことあらじ
  13. ユダよ汝(なんぢ)の神の數(かず)は汝の邑(まち)の數のごとし且(かつ)汝らヱルサレムの衢(ちまた)の數にしたがひて恥(はづ)べき者に壇(だん)をたてたり即(すなは)ちバアルに香(かう)を焚(たか)んとて壇(だん)をたつ
  14.  故(ゆゑ)に汝この民の爲(ため)に祈る勿(なか)れ又その爲(ため)に泣きあるひは求(もとむ)る勿(なか)れ彼らがその災禍(わざはひ)のために我を呼(よぶ)ときわれ彼らに聽(きか)ざるべし
  15. わが愛する者は我室(わがいへ)にて何をなすや惡(あし)き謀(はかりごと)をなすや願(ねがひ)と聖(きよ)き肉汝に災(わざはひ)を脱(まぬか)れしむるやもし然(しか)らば汝よろこぶべし
  16. ヱホバ汝(なんぢ)の名を嘉(よき)果(み)ある美(うるは)しき橄欖(あをかんらん)の樹と稱(よび)たまひしがおほいなる[さわぎ]の聲(こゑ)をもて之(これ)に火をかけ且(かつ)その枝を折りたまふ
  17. 汝を植(うゑ)し萬軍(ばんぐん)のヱホバ汝の災(わざはひ)をさだめ給(たま)へりこれイスラエルの家とユダの家みづから害(そこな)ふの惡をなしたるによるなり即(すなは)ちバアルに香(かう)を焚(た)きてわれを怒(いか)らせたり
  18.  ヱホバ我に知(しら)せたまひければ我これを知るその時なんぢ彼らの作爲(わざ)を我にしめしたまへり
  19. 我は牽(ひか)れて宰(ほふ)られにゆく羔(こひつじ)の如(ごと)く彼らが我をそこなはんとて謀(はかりごと)をなすを知(しら)ず彼らいふいざ我ら樹とその果(み)とを共に滅(ほろぼ)さんかれを生(いけ)る者の地より絶(たち)てその名を人に忘れしむべしと
  20. 義(たゞし)き鞫(さばき)をなし人の心腸(しんちやう)を察(さぐ)りたまふ萬軍(ばんぐん)のヱホバよ我わが訴(うつたへ)を汝にのべたればわれをして汝が彼らに仇(あだ)を報(かへ)すを見せしめたまへ
  21. 是(こゝ)をもてヱホバ、アナトテの人々につきてかくいひたまふ彼等汝の生命を取(とら)んと索(もと)めて言ふ汝ヱホバの名をもて預言する勿(なか)れ恐らくは汝我らの手に死(しな)んと
  22. 故(ゆゑ)に萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまふみよ我かれらを罰(ばつ)すべし壯丁(わかきひと)は劍(つるぎ)に死にその子(むすこ)女(むすめ)は飢饉(ききん)にて死なん
  23. 餘(のこ)る者なかるべし我(われ)災(わざはひ)をアナトテの人々にきたらしめわが彼らを罰(ばつ)するの年をきたらしめん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書