目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第13章(CHAPTER 13)

  1. ヱホバかくいひたまへり汝(なんぢ)ゆきて麻(あさ)の帶(おび)をかひ汝の腰(こし)にむすべ水に入る勿(なか)れ
  2. われすなはちヱホバの言(ことば)に遵(したが)ひ帶をかひてわが腰にむすべり
  3. ヱホバの言(ことば)ふたゝび我にのぞみて云(い)ふ
  4. 汝(なんぢ)が買(かひ)て腰にむすべる帶を取り起(たち)てユフラテにゆき彼處(かしこ)にてこれを磐(いは)の穴にかくせと
  5. こゝに於(おい)てわれヱホバの命じたまひし如(ごと)く往(ゆき)てこれをユフラテの涯(ほとり)にかくせり
  6. おほくの日を經(へ)しのちヱホバ我にいひたまひけるは起(たち)てユフラテにゆきわが汝に命じて彼處(かしこ)にかくさしめし帶を取れと
  7. われすなはちユフラテにゆき帶を我(わが)隱せしところより掘取(ほりとり)しにその帶は朽(くち)て用(もち)ふるにたへず
  8.  またヱホバの言(ことば)われにのぞみて云(い)ふ
  9. ヱホバかくいふ我かくの如(ごと)くユダの驕傲(たかぶり)とヱルサレムの大(おほい)なる驕傲(たかぶり)をやぶらん
  10. この惡(あし)き民はわが言(ことば)を聽(きく)ことをこばみ己(おのれ)の心の剛愎(かたくな)なるにしたがひて行(あゆ)み且(かつ)他の神に從ひてこれにつかへ之(これ)を拜(はい)す彼等は此帶(このおび)の用ふるにたへざるが如(ごと)くなるべし
  11. ヱホバいふ帶(おび)の人の腰に附(つく)がごとくわれイスラエルのすべての家とユダのすべての家を我に附(つか)しめ之(これ)を我民(わがたみ)となし名となし譽(ほまれ)となし榮(さかえ)となさんとせり然(しか)るに彼等はきかざりき
  12.  故(ゆゑ)に汝(なんぢ)この言(ことば)を彼らに語るべしイスラエルの神ヱホバかくいふ酒壺(さかつぼ)には皆(みな)酒盈(み)つと彼汝にこたへていはん我儕(われら)豈(あに)酒壺に酒の盈(みつ)ることを知(しら)ざらんやと
  13. 其時(そのとき)汝かれらにいふべしヱホバかくいふみよわれ此地(このち)に住(すめ)るすべての者とダビデの位(くらゐ)に坐(ざ)する王等と祭司と預言者およびヱルサレムに住(すめ)るすべての者に醉(ゑひ)を盈(みた)せ
  14. 彼らを此(これ)と彼と打(うち)あはせて碎(くだ)かん父と子をも然(しか)すべしわれ彼らを恤(めぐ)まず惜(をし)まず憐(あはれ)まずして滅(ほろぼ)さん
  15.  汝(なんぢ)らきけ耳を傾(かたむ)けよ驕(たかぶ)る勿(なか)れヱホバかたりたまふなり
  16. 汝らの神ヱホバに其(その)いまだ暗(やみ)を起(おこ)したまはざる先汝らの足のくらき山に躓(つまづ)かざる先に榮光(さかえ)を皈(き)すべし汝ら光明(ひかり)を望まんにヱホバ之(これ)を死の蔭(かげ)に變(か)へ之(これ)を昏K(くらやみ)となしたまふにいたらん
  17. 汝ら若(もし)これを聽(きか)ずば我(わが)靈魂(たましひ)は汝らの驕(たかぶり)を隱(ひそか)なるところに悲(かなし)まん又ヱホバの群(むれ)の掠(かす)めらるゝによりて我目(わがめ)いたく泣(なき)て涙をながすべし
  18.  なんぢ王と大后(たいこう)につげよ汝ら自(みづか)ら謙(へりくだ)りて坐(ざ)せそはなんぢらの美(うるは)しき冕(かんむり)なんぢらの首(かうべ)より落(おつ)べければなり
  19. 南の諸邑(まちまち)は閉(とぢ)てこれを啓(ひら)く人なしユダは皆虜(とらへ)移され盡(ことごと)くとらへ移さる
  20.  汝(なんぢ)ら目を擧(あげ)て北より來(きた)る者をみよ汝らが賜(たま)はりし群(むれ)汝のうるはしき群はいづこにあるや
  21. かれ汝の親(したし)み馴(なれ)たる者を汝の上にたてゝ首領(かしら)となさんとき汝何のいふべきことあらんや汝の痛(いたみ)は子をうむ婦(をんな)のごとくならざらんや
  22. 汝(なんぢ)心のうちに何故(なにゆゑ)にこの事我にきたるやといふか汝の罪の重(おもき)によりて汝の裾(すそ)は掲(かゝ)げられなんぢの踵(くびす)はあらはさるゝなり
  23. エテオピア人(びと)その膚(はだへ)をかへうるか豹(へう)その斑駁(まだら)をかへうるか若(もし)これを爲(な)しえば惡に慣(なれ)たる汝らも善(ぜん)をなし得(う)べし
  24. 故(ゆゑ)にわれ彼らを散(ちら)して野の風に吹散(ふきちら)さるゝる[から]のごとくせん
  25. ヱホバいひたまふこは汝の得(う)べき分わが量(はかり)て汝にあたふる産業なり汝我をわすれて虚假(いつはり)を依ョ(たのめ)ばなり
  26. 故(ゆゑ)にわれ汝の前の裳(ころも)を剥(は)ぎて汝の羞恥(はぢ)をあらはさん
  27. われ汝の姦淫(かんいん)と汝の嘶(いなゝき)と汝が岡のうへと野になせし汝の亂淫(らんいん)の罪と汝の憎むべき行(おこなひ)をみたりヱルサレムよ汝は禍(わざはひ)なるかな汝の潔(きよ)くせらるゝには尚(なほ)いくばくの時を經(ふ)べきや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書