目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第14章(CHAPTER 14)

  1. 乾旱(ひでり)の事につきてヱレミヤにのぞみしヱホバの言(ことば)は左のごとし
  2. ユダは悲(かなし)むその門は傾(かたむ)き地にたふれて哭(なげ)くヱルサレムの[さけび]は上(あが)る
  3. その侯伯(きみ)等は僕(しもべ)をつかはして水を汲(くま)しむ彼ら井(ゐど)にいたれども水を見ず空(むなし)き器(うつは)をもちて歸(かへ)り恥(はぢ)かつ憂(うれ)へてその首(かうべ)をおほふ
  4. 地に雨ふらずして土(つち)燥裂(ひわれ)たるにより農夫は恥(はぢ)て首を掩(おほ)ふ
  5. また野にある[めじか]は子をうみて之(これ)を棄(す)つ草なければなり
  6. 野の驢馬(ろば)は童山(はげやま)のうへにたちて山犬のごとく喘(あへ)ぎ草なきによりて目眩(くら)む
  7.  ヱホバよ我儕(われら)の罪われらを訟(うつた)へて證(あかし)をなすとも願(ねがは)くは汝の名の爲(ため)に事をなし給(たま)へ我儕(われら)の違背(そむき)はおほいなり我儕(われら)汝に罪を犯したり
  8. イスラエルの企望(のぞみ)なる者その艱(なやめ)るときに救(すく)ひたまふ者よ汝いかなれば此地(このち)に於(おい)て他邦人(ことくにびと)のごとくし一夜(ひとよ)寄宿(やどり)の旅客(たびゞと)のごとくしたまふや
  9. 汝(なんぢ)いかなれば呆(あきれ)てをる人のごとくし救(すくひ)をなすこと能(あた)はざる勇士のごとくしたまふやヱホバよ汝は我らの間(うち)にいます我儕(われら)は汝の名をもて稱(とな)へらるゝ者なり我らを棄(すて)たまふ勿(なか)れ
  10.  ヱホバこの民にかくいひたまへり彼らかく好んでさまよひ其足(そのあし)を禁(とゞ)めざればヱホバ彼らを悦(よろこ)ばずいまその愆(とが)をおぼえ其罪(そのつみ)を罰(ばつ)すべし
  11. ヱホバまた我にいひたまひけるは汝(なんぢ)この民のために恩(めぐみ)をいのる勿(なか)れ
  12. 彼ら斷食(だんじき)するとも我その[よぶ]をきかず燔祭(はんさい)と素祭(そさい)を献(さゝぐ)るとも我これをうけず却(かへつ)てわれ劍(つるぎ)と饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)をもて彼らを滅(ほろぼ)すべし
  13.  われいひけるは嗚呼(あゝ)主(しゆ)ヱホバよみよ預言者たちはこの民にむかひ汝ら劍(つるぎ)を見ざるべし饑饉(ききん)は汝らにきたらじわれ此處(こゝ)に鞏固(たしか)なる平安を汝らにあたへんといへり
  14. ヱホバ我にいひたまひけるは預言者等は我名(わがな)をもて詭(いつはり)を預言せりわれ之(これ)を遣(つかは)さず之(これ)に命ぜずまた之(これ)にいはず彼らは虚誕(いつはり)の默示(もくし)と卜筮(うらなひ)と虚(むなし)きことと己(おのれ)の心の詐(いつはり)を汝らに預言(よげん)せり
  15. この故(ゆゑ)にかの吾(わ)が遣(つかは)さゞるに我名(わがな)をもて預言して劍(つるぎ)と饑饉(ききん)はこの地にきたらじといへる預言者等につきてヱホバかくいふこの預言者等は劍(つるぎ)と饑饉(ききん)に滅(ほろぼ)さるべし
  16. また彼等の預言をうけし民は饑饉(ききん)と劍によりてヱルサレムの街(ちまた)に擲棄(なげすて)られんこれを葬(はうむ)る者なかるべし彼等とその妻および其子(そのむすこ)その女(むすめ)みな然(しか)りそはわれ彼らの惡をその上に斟(そゝ)げばなり
  17. 汝(なんぢ)この言(ことば)を彼らに語るべしわが目は夜も晝もたえず涙を流さんそは我民(わがたみ)の童女(をとめ)大(おほい)なる滅(ほろび)と重き傷によりて亡(ほろぼ)さるればなり
  18. われ出(いで)て畑にゆくに劍(つるぎ)に死(しね)る者あり我邑(まち)にいるに饑饉(ききん)に艱(なや)むものあり預言者も祭司もみなその地にさまよひて知(しる)ところなし
  19.  汝(なんぢ)はユダを悉(ことごと)くすてたまふや汝の心はシオンをきらふや汝いかなれば我儕(われら)を撃(うち)て愈(いえ)しめざるか我ら平安(やすき)を望めども善(よき)ことあらず又醫(いや)さるゝ時を望むに却(かへつ)て驚懼(おそれ)あり
  20. ヱホバよ我らはおのれの惡と先祖の愆(とが)を知るわれら汝に罪を犯したり
  21. 汝(なんぢ)の名のために我らを棄(すて)たまふ勿(なか)れ汝の榮(さかえ)の位(くらゐ)を辱(はづかし)めたまふ勿(なか)れ汝のわれらに立(たて)し契約(けいやく)をおぼえて毀(やぶ)りたまふなかれ
  22. 異邦(ことくに)の虚(むなし)き物の中(うち)に雨を降(ふら)せうるものあるや天みづから白雨(ゆふだち)をくだすをえんや我らの神ヱホバ汝(なんぢ)これを爲(な)したまふにあらずや我ら汝を望むそは汝すべて此等(これら)を悉(ことごと)く作りたまひたればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書