目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第21章(CHAPTER 21)

  1. ゼデキヤ王マルキヤの子パシユルと祭司マアセヤの子ゼパニヤをヱレミヤに遣(つかは)し
  2. バビロンの王ネブカデネザル我らを攻(せ)むれば汝(なんぢ)われらの爲(ため)にヱホバに求めよヱホバ恒(つね)のごとくそのもろもろの奇(ふしぎ)なる跡(わざ)をもて我らを助けバビロンの王を我らより退(しりぞ)かしめたまふことあらんと曰(いは)しむ其時(そのとき)ヱホバの言(ことば)ヱレミヤに臨(のぞ)めり
  3.  ヱレミヤ彼らにこたへけるは汝(なんぢ)らゼデキヤにかく語(い)ふべし
  4. イスラエルの神ヱホバかくいひたまふ視(み)よわれ汝らがこの邑(まち)の外にありて汝らを攻め圍(かこ)むところのバビロン王およびカルデヤ人(びと)とたゝかひて手に持(もつ)ところのその武器をかへし之(これ)を邑(まち)のうちに聚(あつ)めん
  5. われ手を伸べ臂(ひぢ)をつよくし震怒(いかり)と憤恨(いきどほり)と烈(はげし)き怒(いかり)をもて汝らをせむべし
  6. 我また此邑(このまち)にすめる人と畜(けもの)を撃(うた)ん皆重き疫病(えきびやう)によりて死(しぬ)べし
  7. ヱホバいひたまふ此後(こののち)われユダの王ゼデキヤとその諸臣(しもべ)および民(たみ)此邑(このまち)に疫病(えきびやう)と劍(つるぎ)と饑饉(ききん)をまぬかれて遺(のこ)れる者をバビロンの王ネブカデネザルの手と其(その)敵の手および凡(およ)そその生命を索(もとむ)る者の手に付(わた)さんバビロンの王は劍の刃をもて彼らを撃(う)ちかれらを惜(をし)まず顧(かへり)みず恤(あは)れまざるべし
  8.  汝(なんぢ)また此民(このたみ)にヱホバかくいふと語るべし視(み)よわれ生命(いのち)の道と死の道を汝らの前に置く
  9. この邑(まち)にとゞまる者は劍(つるぎ)と饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)に死(しぬ)べしされど汝らを攻め圍(かこ)むところのカルデヤ人(びと)に出降(いでくだ)る者はいきん其(その)命はおのれの掠取物(ぶんどりもの)となるべし
  10. ヱホバいひたまふ我(わが)この邑(まち)に面(かほ)を向(むけ)しは福(さいはひ)をあたふる爲(ため)にあらず禍(わざはひ)をあたへんが爲(ため)なりこの邑(まち)はバビロンの王の手に付(わた)されん彼火をもて之(これ)を焚(や)くべし
  11.  またユダの王の家に告(つぐ)べし汝(なんぢ)らヱホバの言(ことば)をきけ
  12. ダビデの家よヱホバかくいふ汝(なんぢ)朝ごとに義(たゞし)く鞫(さばき)をなし物を奪(うば)はるゝ人をその暴逆者(しへたぐるもの)の手より救(すく)へ否(しから)ざれば汝らの行(おこなひ)の惡(あしき)によりて我怒(わがいかり)火のごとくに發(い)で燃(もえ)て滅(きえ)ざるべし
  13. ヱホバいひたまふ谷と平原(はら)の磐(いは)とにすめる者よみよ我(われ)汝(なんぢ)に敵す汝らは誰か降(くだり)て我儕(われら)を攻(せめ)んや誰かわれらの居處(をるところ)にいらんやといふ
  14. 我(われ)汝らをその行(おこなひ)の果(み)によりて罰(ばつ)せん又其(その)林に火を起し其(その)四周(まはり)をことごとく焚(やき)つくすべしとヱホバいひたまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書