目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第22章(CHAPTER 22)

  1. ヱホバかくいひたまへり汝(なんぢ)ユダの王の室(いへ)にくだり彼處(かしこ)にこの言(ことば)をのべていヘ
  2. ダビデの位(くらゐ)に坐(ざ)するユダの王よ汝と汝の臣(しもべ)および此門(このもん)よりいる汝の民ヱホバの言(ことば)をきけ
  3. ヱホバかくいふ汝ら公道(おほやけ)と公義(たゞしき)を行ひ物を奪(うば)はるゝ人をその暴虐者(しへたぐるもの)の手より救ひ異邦人(ことくにびと)と孤子(みなしご)と[やもめ]をなやまし虐(しへた)ぐる勿(なか)れまた此處(このところ)に無辜(つみなきもの)の血を流す勿(なか)れ
  4. 汝(なんぢ)らもし此言(このことば)を眞(まこと)に行(おこな)はゞダビデの位(くらゐ)に坐(ざ)する王とその臣(しもべ)および其民(そのたみ)は車と馬に乗(のり)てこの室(いへ)の門にいることをえん
  5. 然(され)ど汝らもし此言(このことば)を聽(きか)ずばわれ自己(おのれ)を指(さ)して誓(ちか)ふ此室(このいへ)は荒地(あれち)となるべしとヱホバいひたまふ
  6. ヱホバ、ユダの王の家につきてかく曰(いひ)たまふ汝(なんぢ)は我におけることギレアデのごとくレバノンの巓(いたゞき)のごとし然(され)どわれかならず汝を荒野(あれの)となし人の住(すま)はざる邑(まち)となさん
  7. われ破壞者(ほろぼすもの)をまふけて汝を攻(せ)めしめん彼ら各人(おのおの)その武器を執(と)り汝の美(うるは)しき香柏(かうはく)を斫(きり)てこれを火に投(なげ)いれん
  8. 多(おほく)の國(くに)の人此邑(このまち)をすぎ互(たがひ)に語(かたり)てヱホバ何(いか)なれば此(この)大(おほい)なる邑(まち)にかく爲(な)せしやといはんに
  9. 人こたへて是(こ)は彼等(かれら)其(その)神ヱホバの契約(けいやく)をすてゝ他の神を拜(はい)し之(これ)に奉(つか)へしに由(よる)なりといはん
  10.  死者(しにしもの)の爲(ため)に泣くことなくまた之(これ)が爲(ため)に嗟(なげ)くこと勿(なか)れ寧(むしろ)虜(とら)へ移されし者の爲(ため)にいたく嗟(なげ)くべし彼は再び歸(かへり)てその故園(ふるさと)を見ざるべければなり
  11. ユダの王ヨシヤの子シヤルム即(すなは)ちその父に繼(つい)で王となりて遂(つひ)に此處(このところ)をいでたる者につきてヱホバかくいひたまへり彼は再び此處(こゝ)に歸(かへ)らじ
  12. 彼はその移されし處(ところ)に死(しな)んふたゝび此地(このち)を見ざるべし
  13.  不義をもて其室(そのいへ)をつくり不法をもて其(その)樓(たかどの)を造り其(その)隣人(となりびと)を傭(やとふ)て何をも與(あた)へず其(その)價(あたひ)を拂(はら)はざる者は禍(わざはひ)なるかな
  14. 彼いふ我己(おのれ)の爲(ため)に廣厦(ひろきいへ)と涼(すゞ)しき樓(たかどの)をつくり又己(おのれ)の爲(ため)に窓を造り香柏(かうはく)をもて之(これ)を蔽(おほ)ひ赤く之(これ)を塗(ぬら)んと
  15. 汝(なんぢ)香柏(かうはく)を爭(あらそ)ひもちふるによりて王たるを得(う)るか汝の父は食飮(くひのみ)せざりしや公義(たゞしき)と公道(おほやけ)を行ひて福(さいはひ)を得(え)ざりしや
  16. 彼は貧者(まづしきもの)と患艱者(なやめるもの)の訟(うつたへ)を理(たゞ)して祥(さいはひ)をえたりかく爲(な)すは我を識(しる)ことに非(あら)ずやとヱホバいひ給(たま)ふ
  17. 然(され)ど汝の目と心は惟(たゞ)貪(むさぼり)をなさんとし無辜(つみなきもの)の血を流さんとし虐遇(しへたげ)と暴逆(ばうぎゃく)をなさんとするのみ
  18. 故(ゆゑ)にヱホバ、ユダの王のヨシヤの子ヱホヤキムにつきてかく曰(いひ)たまふ衆人(ひとびと)は哀(かな)しいかな我(わが)兄かなしいかな我(わが)姉といひて嗟(なげ)かず又哀しいかな主(しゆ)よ哀しいかな其(その)榮(さかえ)と曰(いひ)て嗟(なげ)かじ
  19. 彼は驢馬(ろば)を埋(うづむ)るがごとく埋(うづめ)られん即(すなは)ち曳(ひか)れてヱルサレムの門の外に投棄(なげすて)らるべし
  20.  汝(なんぢ)レバノンに登りて呼ばはりバシヤンに汝の聲(こゑ)を揚(あ)げアバリムより呼(よば)はれ其(そ)は汝の愛する者悉(ことごと)く滅(ほろぼ)されたればなり
  21. 汝(なんぢ)の平康(やすらか)なる時我汝に語(かたり)しかども汝は我にきかじといへり汝いとけなき時よりわが聲(こゑ)を聽(きか)ずこれ汝の故習(つね)なり
  22. 汝(なんぢ)の牧者はみな風に呑(のみ)つくされ汝の愛する者はとらへ移されん其時(そのとき)汝はおのれの諸(もろもろ)の惡のために痛く恥(はづ)べし
  23. 汝(なんぢ)レバノンにすみ巣(す)を香柏(かうはく)につくる者よ汝の劬勞(くるしみ)子を産む婦(をんな)の痛苦((いたみ)のごとくにきたらんとき汝の哀慘(なげき)はいかにぞや
  24.  ヱホバいひたまふ我は活(い)くユダの王ヱホヤキムの子ヱコニヤは我(わが)右の手の指環(ゆびわ)なれども我これを拔(ぬか)ん
  25. われ汝の生命(いのち)を索(もとむ)る者の手および汝が其面(そのかほ)を畏(おそ)るゝ者の手すなはちバビロンの王ネブカデネザルの手とカルデヤ人(びと)の手に汝を付(わた)さん
  26. われ汝(なんぢ)と汝を生(うみ)し母を汝等がうまれざりし他(ほか)の地に逐(おひ)やらん汝ら彼處(かしこ)に死(しぬ)べし
  27. 彼らの靈魂(たましひ)のいたく歸(かへ)らんことを願ふところの地に彼らは歸(かへ)ることをえず
  28. この人ヱコニヤは賤(いやし)むべき壞(やぶ)れたる器(うつは)ならんや好(この)ましからざる器具(きぐ)ならんや如何(いか)なれば彼と其(その)子孫は逐出(おひいだ)されてその識(しら)ざる地に投(なげ)やらるゝや
  29. 地よ地よ地よヱホバの言(ことば)をきけ
  30. ヱホバかくいひたまふこの人を子なくして其(その)生命(いのち)の中(うち)に榮(さか)えざる人と録(しる)せそはその子孫のうちに榮(さか)えてダビデの位(くらゐ)に坐(ざ)しユダを治(をさむ)る人かさねてなかるべければなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書