目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第23章(CHAPTER 23)

  1. ヱホバいひ給(たま)ひけるは嗚呼(あゝ)わが養(やしな)ふ群(むれ)を滅(ほろぼ)し散(ちら)す牧者(ぼくしゃ)は禍(わざはひ)なるかな
  2. 故(ゆゑ)にイスラエルの神ヱホバ我(わが)民を養ふ牧者につきて斯(かく)いふ汝(なんぢ)らはわが群(むれ)を散(ちら)しこれを逐(おひ)はなちて顧(かへり)みざりき視(み)よわれ汝らの惡(あし)き行(おこなひ)によりて汝等に報(むく)ゆべしとヱホバいふ
  3. われ我群(わがむれ)の遺餘(のこり)たる者をその逐(おひ)はなちたる諸(すべて)の地より集め再びこれを其牢(そのをり)に歸(かへ)さん彼らは子を産(うみ)て多くなるべし
  4. 我これを養(やしな)ふ牧者をその上に立(たて)ん彼等はふたゝび慄(をのゝ)かず懼(おそれ)ずまた失(うせ)じとヱホバいひたまふ
  5.  ヱホバいひたまひけるは視(み)よわがダビデに一(ひとつ)の義(たゞし)き枝(えだ)を起(おこ)す日來(きた)らん彼王となりて世を治(をさ)め榮(さか)え公道(おほやけ)と公義(たゞしき)を世に行(おこな)ふべし
  6. 其日(そのひ)ユダは救(すくひ)をえイスラエルは安(やすき)に居(を)らん其名(そのな)はヱホバ我儕(われら)の義(ぎ)と稱(となへ)らるべし
  7. この故(ゆゑ)にヱホバいひ給(たま)ふ視(み)よイスラエルの民をエジプトの地より導(みちびき)出(いだ)せしヱホバは活(い)くと人衆(ひとびと)復(また)いはずして
  8. イスラエルの家の裔(すゑ)を北の地と其(その)諸(すべ)て逐(おひ)やりし地より導(みちびき)出(いだ)せしヱホバは活(い)くといふ日來(きた)らん彼らは自己(おのれ)の地に居(を)るべし
  9.  預言者輩(よげんしゃたち)のために我心(わがこゝろ)はわが衷(うち)に壞(やぶ)れわが骨は皆震(ふる)ふ且(かつ)ヱホバとその聖言(きよきことば)のためにわれは醉(ゑへ)る人のごとく酒に勝(かた)るゝ人のごとし
  10. この地は姦淫(かんいん)をなすもの盈(み)ち地は呪詛(のろひ)によりて憂(うれ)へ曠野(あらの)の艸(くさ)は枯(か)る彼らの途(みち)はあしく其力(そのちから)は正しからず
  11. 預言者と祭司は偕(とも)に邪惡なりわれ我家(わがいへ)に於(おい)てすら彼等の惡を見たりとヱホバいひたまふ
  12. 故(ゆゑ)にかれらの途(みち)は暗(くらき)に在(あ)る滑(なめらか)なる途(みち)の如(ごと)くならん彼等推(おさ)れて其途(そのみち)に仆(たふ)るべし我(われ)災(わざはひ)をその上にのぞましめん是(これ)彼らが刑罰(つみせ)らるゝ年なりとヱホバいひたまふ
  13.  われサマリヤの預言者の中に愚昧(おろか)なる事あるをみたり彼等はバアルに託(よ)りて預言し我民(わがたみ)イスラエルを惑(まど)はせり
  14. 我(われ)ヱルサレムの預言者の中にも憎(にく)むべき事あるを見たり彼等は姦淫(かんいん)をなし詐僞(いつはり)をおこなひ惡人の手を堅(かた)くして人をその惡に離れざらしむ彼等みな我にはソドムのごとく其民(そのたみ)はゴモラのごとし
  15. この故(ゆゑ)に萬軍(ばんぐん)のヱホバ預言者につきてかくいひたまふ視(み)よわれ[いんちん]を之(これ)に食(くら)はせ毒水をこれに飮(のま)せんそは邪惡ヱルサレムの預言者よりいでて此(この)全地に及べばなり
  16.  萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまふ汝等に預言する預言者の言(ことば)を聽く勿(なか)れ彼等は汝らを欺(あざむ)きヱホバの口よりいでざるおのが心の默示(もくし)を語るなり
  17. 常に彼らは我を藐忽(かろん)ずる者にむかひて汝等平安(やすき)をえんとヱホバいひたまへりといひ又己(おの)が心の剛愎(かたく)なるに循(したが)ひて行(あゆ)むところのすべての者に向ひて災(わざはひ)汝らに來(きた)らじといへり
  18. 誰かヱホバの議會に立(たち)て其言(そのことば)を見聞(みきゝ)せし者あらんや誰か其耳(そのみゝ)を傾けて我言(わがことば)を聽(きゝ)し者あらんや
  19. みよヱホバの暴風(はやて)あり怒(いかり)と旋轉風(つむじかぜ)いでて惡人の首(かうべ)をうたん
  20. ヱホバの怒(いかり)はかれがその心の思(おもひ)を行ひてこれを遂(と)げ給(たま)ふまでは息(やま)じ末の日に汝ら明(あきらか)にこれを曉(さと)らん
  21. 預言者等はわが遣(つかは)さゞるに趨(はし)り我(わが)告(つげ)ざるに預言せり
  22. 彼らもし我(わが)議會(ぎくわい)に立ちしならば我民にわが言(ことば)をきかしめて之(これ)をその惡(あし)き途(みち)とその惡き行(おこなひ)に離れしめしならん
  23.  ヱホバいひ給(たま)ふ我はたゞ近くにおいてのみ神たらんや遠くに於(おい)ても神たるにあらずや
  24. ヱホバいひたまふ人我に見られざる樣(やう)に密(ひそか)なる處(ところ)に身を匿(かく)し得(う)るかヱホバいひたまふ我は天地に充(みつ)るにあらずや
  25. われ我名(わがな)をもて[いつはり]を預言する預言者等がわれ夢を見たりわれ夢を見たりと曰(い)ふをきけり
  26. [いつはり]を預言する預言者等はいつまで此(この)心をいだくや彼らは其(その)心の詐僞(いつはり)を預言するなり
  27. 彼らは其(その)先祖がバアルによりて我名(わがな)を忘れしごとく互(たがひ)に夢をかたりて我民にわが名を忘れしめんと思ふや
  28. 夢をみし預言者は夢を語るべし我言(わがことば)を受(うけ)し者は誠實(まこと)をもて我言を語るべし糠(ぬか)いかで麥(むぎ)に比擬(たぐふ)ことをえんやとヱホバいひたまふ
  29. ヱホバ言(いひ)たまはく我言(わがことば)は火のごとくならずや又磐(いは)を打碎(うちくだ)く槌(つち)の如(ごと)くならずや
  30. 故(ゆゑ)に視(み)よわれ我言(わがことば)を相互(たがひ)に竊(ぬす)める預言者の敵となるとヱホバいひたまふ
  31. 視(み)よわれは彼いひたまへりと舌をもて語るところの預言者の敵となるとヱホバいひたまふ
  32. ヱホバいひたまひけるは視(み)よわれ僞(いつはり)の夢を預言する者の敵となる彼らは之(これ)を語りまたその[いつはり]と其(その)誇(ほこり)をもて我(わが)民を惑(まど)はす我かれらを遣(つかは)さずかれらに命ぜざるなり故(ゆゑ)に彼らは斯民(このたみ)に益(えき)なしとヱホバいひたまふ
  33.  この民(たみ)或(また)は預言者又は祭司汝に問(とふ)てヱホバの重負(おもに)は何ぞやといはゞ汝彼等にこたへてヱホバの重負(おもに)は我(われ)汝等を棄(すて)んとヱホバの云(いひ)たまひし事是(これ)なりといふべし
  34. ヱホバの重負(おもに)といふところの預言者と祭司と民には我その人と其家にこれを降(くだ)さん
  35. 汝(なんぢ)らはおのおの斯(かく)互(たがひ)に言ひその兄弟にいふべしヱホバは何と應(こた)へたまひしやヱホバは何と云(いひ)たまひしやと
  36. 汝ら復(ふたゝ)びヱホバの重負(おもに)といふべからず人の重負となる者は其人(そのひと)の言(ことば)なるべし汝らは活(いけ)る神萬軍(ばんぐん)のヱホバなる我らの神の言(ことば)を枉(まぐ)るなり
  37. 汝(なんぢ)かく預言者にいふべしヱホバは汝に何と答へたまひしやヱホバは何といひたまひしやと
  38. 汝らもしヱホバの重負(おもに)といはゞヱホバそれにつきてかくいひたまふ我(われ)人を汝らに遣(つかは)して汝等ヱホバの重負(おもに)といふべからずといはしむるも汝らはヱホバの重負(おもに)といふ此言(このことば)をいふによりて
  39. われ必ず汝(なんぢ)らを忘れ汝らと汝らの先祖にあたへし此邑(このまち)と汝らとを我(わが)前より棄(すて)ん
  40. 且(かつ)われ永遠の辱(はづかしめ)と永遠なる忘らるゝことなき恥(はぢ)を汝らにかうむらしめん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書