目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第26章(CHAPTER 26)

  1. ユダの王ヨシヤの子ヱホヤキムが位(くらゐ)に即(つき)し初(はじめ)のころヱホバより此言(このことば)いでていふ
  2. ヱホバかくいふ汝(なんぢ)ヱホバの室(いへ)の庭に立(たち)我(わが)汝に命じていはしむる諸(すべて)の言(ことば)をユダの邑々(まちまち)より來(きた)りてヱホバの室(いへ)に拜(をがみ)をする人々に告(つげ)よ一言をも減(へら)す勿(なか)れ
  3. 彼等聞(きゝ)ておのおの其(その)惡(あし)き途(みち)を離るゝことあらん然(さら)ば我かれらの行(おこなひ)の惡(あしき)がために災(わざはひ)を彼らに降(くだ)さんとせることを悔(くゆ)べし
  4. 汝(なんぢ)彼等にヱホバかくいふといへ汝等もし我に聽(きか)ずわが汝らの前に置(おき)し律法(おきて)を行はず
  5. 我(わが)汝らに遣(つかは)し切(しきり)に遣(つかは)せし我僕(わがしもべ)なる預言者の言(ことば)を聽(きか)ずば(汝らは之をきかざりき)
  6. 我この室(いへ)をシロの如(ごと)くになし又この邑(まち)を地の萬國(ばんこく)に詛(のろ)はるゝ者となすべし
  7. 祭司と預言者及び民みなヱレミヤがヱホバの室(いへ)に立(たち)てこの言(ことば)をのぶるをきけり
  8.  ヱレミヤ、ヱホバに命ぜられし諸(すべて)の言(ことば)を民に告畢(つげをは)りしとき祭司と預言者および諸(すべて)の民彼を執(とら)へいひけるは汝は必ず死(しぬ)べし
  9. 汝(なんぢ)何故(なにゆゑ)にヱホバの名をもて預言し此室(このいへ)はシロの如(ごと)くになりこの邑(まち)は荒蕪(あれち)となりて住む者なきにいたらんと云(いひ)しやと民みなヱホバの室(いへ)にあつまりてヱレミヤを攻(せ)む
  10.  ユダの牧伯(きみ)等この事をきゝて王の家をいでヱホバの室(いへ)にのぼりてヱホバの家の新しき門の入口に坐(ざ)せり
  11. 祭司と預言者等牧伯等(きみたち)とすべての民に訴(うつたへ)ていふ此人(このひと)は死にあたる者なり是(これ)は汝らが耳に聽(きゝ)しごとくこの邑(まち)にむかひて惡(あし)き預言をなしたるなり
  12. 是(こゝ)に於(おい)てヱレミヤ牧伯(つかさ)等とすべての民にいひけるはヱホバ我を遣(つかは)し汝らが聽(きけ)る諸(すべて)の言(ことば)をもて此宮(このいへ)とこの邑(まち)にむかひて預言せしめたまふ
  13. 故(ゆゑ)に汝(なんぢ)らいま汝らの途(みち)と行爲(おこなひ)をあらためて汝らの神ヱホバの聲(こゑ)にしたがへ然(さら)ばヱホバ汝らに災(わざはひ)を降(くだ)さんとせしことを悔(くい)たまふべし
  14. みよ我は汝らの手にあり汝らの目に善(よし)とみゆるところ義(たゞし)とみゆることを我に行(おこな)へ
  15. 然(され)ど汝ら善(よ)くこれを知れ汝らもし我を殺さば必ず無辜(つみなき)ものの血なんぢらの身とこの邑(まち)と其中(そのうち)に住(すめ)る者に歸(き)せんヱホバ我を遣(つかは)してこの諸(すべて)の言(ことば)を汝らの耳につげしめたまひしなればなり
  16.  牧伯(きみ)等とすべての民すなはち祭司と預言者にいひけるは此人(このひと)は死にあたる者にあらず是(これ)は我らの神ヱホバの名によりて我儕(われら)に語りしなりと
  17. 時にこの地の長老(としより)數人立(たち)て民のすべての集(あつま)れる者につげていひけるは
  18. ユダの王ヒゼキヤの代(よ)にモレシテ人(びと)ミカ、ユダの民に預言して云(いひ)けらく萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひ給(たま)ふシオンは田地(はたけ)のごとく耕(たがへ)されヱルサレムは邱墟(くづれづか)となり此室(このいへ)の山は樹深き崇邱(たかきところ)とならんと
  19. ユダの王ヒゼキヤとすべてのユダ人(びと)は彼を殺さんとせしことありしやヒゼキヤ、ヱホバを畏(おそ)れヱホバに求(もとめ)ければヱホバ彼らに降(くだ)さんと告給(つげたま)ひし災(わざはひ)を悔給(くいたま)ひしにあらずや我儕(われら)かく爲(な)すは自己(おのれ)の靈魂(たましひ)をそこなふ大(おほい)なる惡をなすなり
  20.  又(また)前(さき)にヱホバの名をもて預言せし人あり即(すなは)ちキリヤテヤリムのシマヤの子ウリヤなり彼ヱレミヤの凡(すべ)ていへるごとく此邑(このまち)とこの地にむかひて預言せり
  21. ヱホヤキム王と其(その)すべての勇士とすべての牧伯(きみ)等その言(ことば)を聽(きけ)り是(こゝ)において王彼を殺さんと欲(おも)ひしがウリヤこれをきゝ懼(おそれ)てエジプトに逃(にげ)ゆきしかば
  22. ヱホヤキム王人をエジプトに遣(つかは)せり即(すなは)ちアクボルの子エルナタンに數人をそへてエジプトにつかはしければ
  23. 彼らウリヤをエジプトより引出しヱホヤキム王の許(もと)に携(つれ)きたりしに王劍(つるぎ)をもて之(これ)を殺し其(その)屍骸(しかばね)を賤者(いやしきもの)の墓に棄(すて)させたりと
  24. 時にシヤパンの子アヒカム、ヱレミヤをたすけこれを民の手にわたして殺さゞらしむ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書