目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ・・ 40 5052

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第29章(CHAPTER 29)

  1. 預言者ヱレミヤ、ヱルサレムより書(ふみ)をかの虜(とら)へうつされて餘(のこ)れるところの長老および祭司と預言者ならびにネブカデネザルがヱルサレムよりバビロンに移したるすべての民に送れり
  2. 是(これ)より先ヱコニヤ王と王后(きさき)と寺人(しゞん)およびユダとヱルサレムの牧伯等(きみたち)および木匠(たくみ)と鐵匠(かぢ)はヱルサレムをされり
  3. ヱレミヤその書(ふみ)をシヤパンの子エラサおよびヒルキヤの子ゲマリヤ即(すなは)ちユダの王ゼデキヤがバビロンにつかはしてバビロンの王ネブカデネザルにいたらしむる者の手によりて送れり其書(そのふみ)にいはく
  4. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神すべて虜(とらへ)うつされし者即(すなは)ち我ヱルサレムよりバビロンに移さしめし者にかくいふ
  5. 汝(なんぢ)ら屋(いへ)を建てこれに住(すま)ひ圃(はたけ)をつくりてその果(み)をくらへ
  6. 妻を娶(めとり)て子(むすこ)女(むすめ)をうみ又汝らの子(むすこ)に[よめ]を娶(めと)り汝らの女(むすめ)を嫁(とつ)がしめ彼らに子(むすこ)女(むすめ)を生(うま)しめよ此(こ)は汝等かしこに減(へら)ずして掾iまさ)んがためなり
  7. 我(わが)汝らを虜(とらへ)移さしめしところの邑(まち)の安(やすき)を求めこれが爲(ため)にヱホバにいのれその邑(まち)の安(やすき)によりて汝らもまた安(やすき)をうればなり
  8. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいひたまふ汝(なんぢ)らの中の預言者と卜筮士(うらなひし)に惑(まど)はさるゝ勿(なか)れまた汝ら自(みづか)ら作りしところの夢に聽(きゝ)したがふ勿(なか)れ
  9. そは彼ら我名(わがな)をもて[いつはり]を汝らに預言すればなり我彼らを遣(つかは)さずとヱホバいひたまふ
  10. ヱホバかくいひたまふバビロンに於(おい)て七十年滿(みち)なばわれ汝らを眷(かへり)み我(わが)嘉言(よきことば)を汝らになして汝らをこの處(ところ)に歸(かへ)らしめん
  11. ヱホバいひたまふ我が汝らにむかひて懷(いだ)くところの念(おもひ)は我これを知るすなはち災(わざはひ)をあたへんとにあらず平安(やすき)を與(あた)へんとおもひ又汝らに後(のち)と望(のぞみ)をあたへんとおもふなり
  12. 汝(なんぢ)らわれに[よば]はり往(ゆき)て我にいのらん我(われ)汝らに聽(きく)べし
  13. 汝らもし一心(いつしん)をもて我を索(もと)めなば我に尋(たづ)ね遇(あ)はん
  14. ヱホバいひたまふ我汝らの遇(あふ)ところとならんわれ汝らの俘虜(とらはれ)を解(と)き汝らを萬國(ばんこく)よりすべて我(わが)汝らを逐(おひ)やりし處(ところ)より集め且(かつ)我汝らをして虜(と)らはれて離れしめしその處(ところ)に汝らをひき歸(かへ)らんとヱホバいひたまふ
  15.  ヱホバわれらの爲(ため)にバビロンに於(おい)て預言者を立(たて)たまひしと汝らはいふ
  16. ダビデの位(くらゐ)に坐(ざ)する王とこの邑(まち)に住(すめ)るすべての民汝らと偕(とも)にとらへ移されざりし兄弟につきてヱホバかくいひたまふ
  17. 萬軍のヱホバかくいふ視(み)よわれ劍(つるぎ)と饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)を彼らにおくり彼らを惡(あし)くして食(くら)はれざる惡(あし)き無花果(いちじく)のごとくになさん
  18. われ劍(つるぎ)と饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)をもて彼らを逐(お)ひまた彼らを地の萬國(ばんこく)にわたして虐(しへたげ)にあはしめ我彼らを逐(おひ)やる諸國(くにぐに)に於(おい)て呪詛(のろひ)となり詫異(おどろき)となり人の嗤笑(わらひ)となり恥辱(はづかしめ)とならしめん
  19. 是(これ)彼ら我言(わがことば)を聽(きか)ざればなりとヱホバいひたまふ我この言(ことば)を我僕(わがしもべ)なる預言者によりて遣(おく)り頻(しきり)におくれども汝ら聽(きか)ざるなりとヱホバいひたまふ
  20. わがヱルサレムよりバビロンにおくりし諸(すべて)の俘虜人(とらはれびと)よ汝(なんぢ)らヱホバの言(ことば)をきけ
  21.  我名(わがな)をもて[いつはり]を汝らに預言するコラヤの子アハブとマアセヤの子ゼデキヤにつきて萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいふ視(み)よわれ彼らをバビロンの王ネブカデネザルの手に付(わた)さん彼これを汝らの目の前に殺すべし
  22. バビロンにあるユダの俘虜人(とらはれびと)は皆彼らをもて詛(のろひ)となし願(ねがは)くはヱホバ汝をバビロンの王が火にて焚(やき)しゼデキヤとアハブのごとき者となしたまはん事をといふ
  23. こは彼らイスラエルの中に惡をなし鄰(となり)の妻を犯し且(かつ)我彼らに命ぜざる[いつはり]の言ことば)をわが名をもて語りしによる我これを知りまた證(あかし)すとヱホバいひたまふ
  24.  汝(なんぢ)ネヘラミ人(びと)シマヤにかく語りいふべし
  25. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいふ汝(なんぢ)おのれの名をもて書(ふみ)をヱルサレムにある諸(すべて)の民と祭司マアセヤの子ゼパニヤおよび諸(すべて)の祭司に送りていふ
  26. ヱホバ汝(なんぢ)を祭司ヱホヤダに代(かへ)て祭司となし汝らをヱホバの室(いへ)の監督(つかさ)となしたまふ此(こは)すべて狂妄(くる)ひ且(かつ)みづから預言者なりといふ者を獄(ひとや)と桎梏(あしがせ)につながしめんためなり
  27. 然(しか)るに汝いま何故(なにゆゑ)に汝らにむかひてみづから預言者なりといふところのアナトテのヱレミヤを斥責(いまし)めざるや
  28. そは彼バビロンにをる我儕(われら)に書(ふみ)を送り時(とき)尚(なほ)長ければ汝ら家を建て之(これ)に住(すま)ひ圃(はたけ)をつくりてその實(み)をくらへといへり
  29. 祭司ゼパニヤこの書(ふみ)を預言者ヱレミヤに讀(よみ)きかせたり
  30. 時にヱホバの言(ことば)ヱレミヤにのぞみていふ
  31. 諸(すべて)の俘虜人(とらはれびと)に書(ふみ)をおくりて云(いふ)べしネヘラミ人(びと)シマヤの事につきてヱホバかくいふ我シマヤを遣(つかは)さゞるに彼汝らに預言し汝らに[いつはり]を信ぜしめしによりて
  32. ヱホバかくいふ視(み)よ我ネヘラミ人(びと)シマヤと其(その)子孫を罰(ばつ)すべし彼ヱホバに逆(そむ)くことをヘ(をし)へしによりて此民(このたみ)のうちに彼に屬する者一人も住(すま)ふことなからん且(かつ)我民(わがたみ)に吾(わ)がなさんとする善事(よきこと)をみざるべしとヱホバいひたまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書