目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第31章(CHAPTER 31)

  1. ヱホバいひたまふ其時(そのとき)われはイスラエルの諸(すべて)の族(やから)の神となり彼らは我民(わがたみ)とならん
  2. ヱホバかくいひたまふ劍(つるぎ)をのがれて遺(のこ)りし民は曠野(あらの)の中に恩(めぐみ)を獲(え)たりわれ往(ゆき)て彼イスラエルに安息(やすみ)をあたへん
  3. 遠方よりヱホバ我に顯(あらは)れていひたまふ我(われ)窮(かぎり)なき愛をもて汝(なんぢ)を愛せり故(ゆゑ)にわれたえず汝をめぐむなり
  4. イスラエルの童女(をとめ)よわれ復(ふたゝ)び汝を建(たて)ん汝は建(たて)らるべし汝ふたゝび[つゞみ]をもて身を飾り歡樂者(たのしむもの)の舞(まひ)にいでん
  5. 汝(なんぢ)また葡萄(ぶだう)の樹をサマリヤの山に植(うゑ)ん植(うゝ)る者は植(うゑ)てその果を食(くら)ふことをえん
  6. エフライムの山の上に守望者(まもるもの)の立(たち)て呼(よば)はる日きたらんいはく汝ら起(たて)よ我らシオンにのぼりて我儕(われら)の神ヱホバにまうでんと
  7.  ヱホバかくいひたまふ汝(なんぢ)らヤコブの爲(ため)に歡(よろこ)びて呼(よば)はり萬國(ばんこく)の首(かしら)なる者のために叫べ汝ら示し且(かつ)歌ひて言ヘヱホバよ願くはイスラエルの遺(のこ)れる者汝の民を救(すく)ひたまへと
  8. みよ我彼らを北の地よりひきかへり彼らを地の極(はて)より集めん彼らの中には瞽者(めしひ) 跛者(あしなへ) 孕(はら)める婦(をんな) 子を産みし婦(をんな)ともに居(を)る彼らは大(おほい)なる群(むれ)をなして此處(こゝ)にかへらん
  9. 彼ら悲泣(かなしみ)來(きた)らん我かれらをして祈祷(いのり)をもて來(きた)らしめ直(なほ)くして蹶(つまづ)かざる途(みち)より水の流(ながれ)に歩(あゆ)みいたらしめん我はイスラエルの父にしてエフライムは我(わが)長子(ちやうし)なればなり
  10.  萬國(ばんこく)の民よ汝らヱホバの言(ことば)をきゝ之(これ)を遠き諸島(しまじま)に示していヘイスラエルを散(ちら)せしものこれを聚(あつ)め牧者(ぼくしゃ)のその群(むれ)を守るが如(ごと)く之(これ)を守らん
  11. すなはちヱホバ、ヤコブを贖(あがな)ひ彼等よりも強き者の手よりかれを救出(すくひいだ)したまへり
  12. 彼らは來(きたり)てシオンの頂(いたゞき)によばはりヱホバの賜(たま)ひし福(さいはひ)なる麥(むぎ)と酒と油および若き羊と牛の爲(ため)に寄集(よりつど)はんその靈魂(たましひ)は灌(うるほ)ふ園(その)のごとくならん彼らは重(かさね)て愁(うれ)ふること無(なか)るべし
  13. その時童女(をとめ)は舞(まひ)てたのしみ壯者(わかきもの)と老者(おいたるもの)もろともに樂しまん我かれらの悲(かなしみ)をかへて喜(よろこび)となしかれらの愁(うれへ)をさりてこれを慰(なぐ)さめん
  14. われ膏(あぶら)をもて祭司の心を飫(あか)しめ我恩(わがめぐみ)をもて我民(わがたみ)に滿(みた)しめんとヱホバ言(いひ)たまふ
  15.  ヱホバかくいひたまふ歎(なげ)き悲(かなし)みいたく憂(うれ)ふる聲(こゑ)ラマに聞(きこ)ゆラケルその兒子(こども)のために歎(なげ)きその兒子(こども)のあらずなりしによりて慰(なぐさめ)をえず
  16. ヱホバかくいひたまふ汝の聲(こゑ)を禁(とゞめ)て哭(なく)こと勿(なか)れ汝の目を禁(とゞめ)て涙を流すこと勿(なか)れ汝の工(わざ)に報(むくい)あるべし彼らは其(その)敵の地より歸(かへ)らんとヱホバいひ給(たま)ふ
  17. 汝(なんぢ)の後(のち)の日に望(のぞみ)あり兒子等(こどもら)その境(さかひ)に歸(かへ)らんとヱホバいひたまふ
  18. われ固(まこと)にエフライムのみづから歎(なげ)くをきけり云(いは)く汝は我を懲(こら)しめたまふ我は軛(くびき)に馴(なれ)ざる犢(こうし)のごとくに懲治(こらしめ)を受(うけ)たりヱホバよ汝はわが神なれば我を牽轉(ひきかへ)したまへ然(さら)ば我轉(かへ)るべし
  19. われ轉(かへ)りし後に悔(く)いヘ(をしへ)を承(うけ)しのちに我髀(わがもゝ)を撃(う)つ我(われ)幼時(わかきとき)の羞(はぢ)を身にもてば恥(は)ぢかつ辱(はづか)しめらるゝなりと
  20. ヱホバいひたまふエフライムは我(わが)愛するところの子悦(よろこ)ぶところの子ならずや我彼にむかひてかたるごとに彼を念(おも)はざるを得(え)ず是(こゝ)をもて我(わが)膓(はらわた)かれの爲(ため)に痛む我必ず彼を恤(あはれ)むべし
  21.  汝(なんぢ)のために指路號(みちしるべ)を置き汝のために柱をたてよ汝のゆける道なる大路に心をとめよイスラエルの童女(をとめ)よ歸(かへ)れこの汝の邑々(まちまち)にかへれよ
  22. 違(そむ)ける女(むすめ)よ汝いつまで流蕩(さまよ)ふやヱホバ新しき事を地に創造(つく)らん女は男を抱(いだ)くべし
  23.  萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいひ給(たま)ふ我かの俘囚(とらはれ)し者を返さん時人々復(また)ユダの地とその邑々(まちまち)に於(おい)て此言(このことば)をいはん義(たゞし)き居所(すみか)よ聖(きよ)き山よ願くはヱホバ汝を祝(めぐ)みたまへと
  24. ユダとその諸(すべて)の邑々(まちまち)に農夫と群(むれ)を牧(か)ふもの偕(とも)に住(すま)はん
  25. われ疲れたる靈魂(たましひ)を飫(あか)しめすべての憂(うれ)ふる靈魂(たましひ)をなぐさむるなり
  26. 茲(こゝ)にわれ目を醒(さま)しみるに我眠(わがねむり)は甘(あま)かりし
  27.  ヱホバいひたまふ視(み)よ我が人の種(たね)と畜(けもの)の種とをイスラエルの家とユダの家とに播(ま)く日いたらん
  28. 我彼らを拔(ぬ)き毀(こぼ)ち覆(たふ)し滅(ほろぼ)し難(なやま)さんとうかゞひし如(ごと)くまた彼らを建て植ゑんとうかゞふべしとヱホバいひ給(たま)ふ
  29. その時彼らは父が酸(す)き葡萄(ぶだう)を食(くら)ひしによりて兒子(こども)の齒(は)齪(う)くと再びいはざるべし
  30. 人はおのおの自己(おのれ)の惡によりて死なん凡(おほよ)そ酸(す)き葡萄(ぶだう)をくらふ人はその齒(は)齪(う)く
  31.  ヱホバいひたまふみよ我イスラエルの家とユダの家とに新しき契約(けいやく)を立(たつ)る日きたらん
  32. この契約は我(わが)彼らの先祖の手をとりてエジプトの地よりこれを導きいだせし日に立(たて)しところの如(ごと)きにあらず我かれらを娶(めと)りたれども彼らはその我(わが)契約を破れりとヱホバいひたまふ
  33. 然(され)どかの日の後に我(わが)イスラエルの家に立(たて)んところの契約は此(これ)なり即(すなは)ちわれ我(わが)律法(おきて)をかれらの衷(うち)におきその心の上に録(しる)さん我は彼らの神となり彼らは我民(わがたみ)となるべしとヱホバいひたまふ
  34. 人おのおの其隣(そのとなり)とその兄弟にヘ(をし)へて汝ヱホバを識(しれ)と復(また)いはじそは小より大にいたるまで悉(ことごと)く我をしるべければなりとヱホバいひたまふ我彼らの不義を赦(ゆる)しその罪をまた思はざるべし
  35.  ヱホバかく言(いふ)すなはち是(これ)日をあたへて晝(ひる)の光となし月と星をさだめて夜の光となし海を激(げき)してその濤(なみ)を鳴(なら)しむる者その名は萬軍(ばんぐん)のヱホバと言(いふ)なり
  36. ヱホバいひたまふもし此等(これら)の規律(さだめ)我前(わがまへ)に廢(すた)らばイスラエルの子孫も我前に廢(すた)りて永遠(いつまで)も民たることを得(え)ざるべし
  37. ヱホバかくいひたまふ若(も)し上の天(てん)量(はか)ることを得(え)下の地の基(もとゐ)探ることをえば我またイスラエルのすべての子孫を其(その)もろもろの行(おこなひ)のために棄(すつ)べしヱホバこれをいふ
  38.  ヱホバいひたまふ視(み)よ此邑(このまち)ハナネルの塔(たふ)より隅(すみ)の門までヱホバの爲(ため)に建つ日きたらん
  39. 量繩(はかりなは)ふたゝび直(たゞ)ちにガレブの岡をこえゴアテの方に轉(めぐ)るべし
  40. 屍(しかばね)と灰の谷またケデロンの溪(たに)にいたるまでと東の方の馬の門の隅(すみ)にいたるまでの諸(すべて)の田地(たはた)皆ヱホバの聖(きよ)き處(ところ)となり永遠におよぶまで再び拔(ぬか)れまた覆(たふ)さるゝ事なかるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書