目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第32章(CHAPTER 32)

  1. ユダの王ゼデキヤの十年即(すなは)ちネブカデネザルの十八年の頃ヱホバの言(ことば)ヱレミヤにのぞめり
  2. その時バビロンの軍勢ヱルサレムを攻環(せめかこ)み居て預言者ヱレミヤはユダの王の室(いへ)にある獄(ひとや)の庭の内に禁錮(とぢこめ)られたり
  3. ユダの王ゼデキヤ彼を禁錮(とぢこめ)ていひけるは汝(なんぢ)何故(なにゆゑ)に預言してヱホバかく云(いひ)たまふといふや云(いは)く視(み)よ我この邑(まち)をバビロン王の手に付(わた)さん彼之(これ)を取るべし
  4. またユダの王ゼデキヤはカルデヤ人(びと)の手より脱(のが)れず必ずバビロン王の手に付(わた)され口(くち)と口とあひ語り目と目あひ觀(み)るべし
  5. 彼ゼデキヤをバビロンに携(ひ)きゆかんゼデキヤはわが彼を顧(かへりみ)る時まで彼處(かしこ)に居(をら)んとヱホバいひたまふ汝らカルデヤ人(びと)と戰ふとも勝(かつ)ことを得(え)じと
  6.  ヱレミヤいふヱホバの言(ことば)われに臨(のぞ)みていはく
  7. みよ汝(なんぢ)の叔父(おぢ)シヤルムの子ハナメル汝にきたりていはん汝アナトテに在(あ)るわが田地(はたけ)を買へそは之(これ)を贖(あがな)ふ事は汝の分なればなりと
  8. かくてヱホバの言(ことば)のごとく我(わが)叔父の子ハナメル獄(ひとや)の庭にて我に來(きた)り云(いひ)けるは願(ねがは)くは汝ベニヤミンの地のアナトテに在(あ)るわが田地(はたけ)を買へそは之(これ)を嗣(つ)ぎこれを贖(あがな)ふことは汝の分なれば汝みづからこれを買ひとれとこゝに於(おい)てわれ此(これ)はヱホバの言(ことば)なりと知りたれば
  9. 我(わが)叔父の子ハナメルがアナトテにもてる田地(はたけ)をかひて彼に銀十七シケルを稱(はかり)てあたふ
  10. すなはち我その契劵(てがた)を書(かき)てこれに封印し證人(あかしびと)をたて權衡(はかり)をもて銀を稱(はかり)て與(あた)ふ
  11. 而(しか)してわれその約定をのするところの封印せし買劵(かひてがた)とその開きたるものを取り
  12. わが叔父の子ハナメルと買劵(かひてがた)に印せし證人(あかしびと)の前および獄(ひとや)の庭に坐(ざ)するユダ人(びと)の前にてその買劵(かひてがた)をマアセヤの子なるネリヤの子バルクに與(あた)へ
  13. 彼らの前にてわれバルクに命じていひけるは
  14. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かく云(いひ)たまふ汝(なんぢ)これらの契劵(てがた)すなはち此(この)買劵(かひてがた)の封印せし者と開きたるものを取り之(これ)を瓦器(やきもの)の中に貯(たくは)へて多くの日の間(あひだ)保(たも)たしめよ
  15. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいひたまふそは此地(このち)に於(おい)て人(ひと)復(また)屋(いへ)と田地(はたけ)と葡萄園(ぶだうばたけ)を買ふにいたらんと
  16.  われ買契(かひてがた)をネリヤの子バルクに付(わた)せしのちヱホバに祈りて云(いひ)けるは
  17. 嗚呼(あゝ)主(しゆ)ヱホバよ汝はその大(おほい)なる能力(ちから)と伸(のべ)たる腕をもて天と地を造りたまへり汝には爲(な)す能(あた)はざるところなし
  18. 汝(なんぢ)は恩寵(めぐみ)を千萬人に施(ほどこ)し又父の罪をその後(のち)の子孫の懷(ふところ)に報(むく)いたまふ汝は大(おほい)なる全能の神にいまして其名(そのな)は萬軍(ばんぐん)のヱホバとまうすなり
  19. 汝(なんぢ)の謀略(みはかり)は大(おほい)なり汝は事をなすに能(ちから)あり汝の目は人のこどもらの諸(もろもろ)の途(みち)を鑒(みそな)はしおのおのの行(おこなひ)に循(したが)ひその行爲(わざ)の果(み)によりて之(これ)に報(むく)いたまふ
  20. 汝(なんぢ)休徴(しるし)と奇跡(ふしぎなるわざ)をエジプトの地に行(おこな)ひたまひて今日にまでいたるまたイスラエルと他の民の中にも然(しか)りかくして今日のごとくに汝の名を揚(あげ)たまへり
  21. 汝(なんぢ)は休徴(しるし)と奇跡(ふしぎなるわざ)と強き手と伸(のべ)たる腕と大(おほい)なる怖(おそろ)しき事をもて汝の民イスラエルをエジプトの地より導きいだし
  22. この地を彼らにたまへり是(これ)即(すなは)ち汝がかれらの先祖等に與(あた)へんと誓(ちか)ひたまひし乳(ちゝ)と蜜(みつ)の流るゝ地なり
  23. 彼等すなはち入(いり)てこれを獲(え)たりしかども汝の聲(こゑ)に遵(したが)はず汝の例典(おきて)を行はず凡(すべ)て汝がなせと命じたまひし事を爲(なさ)ざりしによりて汝この災(わざはひ)を其上(そのうへ)にくだらしむ
  24. みよ壘(るゐ)成(な)れり是(これ)この邑(まち)を取(とら)んとて來(きた)れるなり劍(つるぎ)と饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)のためにこの邑(まち)は之(これ)を攻(せむ)るカルデヤ人(びと)の手に付(わた)さる汝のいひたまひしことば既(すで)に成(な)れり汝之(これ)を見たまふなり
  25. 主(しゆ)ヱホバよ汝(なんぢ)われに銀をもて田地(はたけ)を買へ證人(あかしびと)を立(たて)よといひたまへり然(しか)るにこの邑(まち)はカルデヤ人(びと)の手に付(わた)さる
  26.  時にヱホバの言(ことば)ヱレミヤに臨(のぞ)みていふ
  27. みよ我はヱホバなりすべて血氣(いのち)ある者の神なり我に爲(な)す能(あた)はざるところあらんや
  28. 故(ゆゑ)にヱホバかくいふ視(み)よわれ此邑(このまち)をカルデヤ人(びと)の手とバビロンの王ネブカデネザルの手に付(わた)さん彼これを取るべし
  29. この邑(まち)を攻(せむ)るところのカルデヤ人(びと)きたり火をこの邑(まち)に放ちて之(これ)を焚(やか)ん屋蓋(やね)のうへにて人がバアルに香(かう)を焚(た)き他(ほか)の神に酒をそゝぎて我を怒(いか)らせしその屋(いへ)をも彼ら亦(また)焚(やか)ん
  30. そはイスラエルの子孫(ひとびと)とユダの子孫はその幼少時(わかきとき)よりわが前に惡(あし)き事のみをなしまたイスラエルの民はその手の作爲(わざ)をもて我をいからする事のみをなしたればなりヱホバ之(これ)をいふ
  31. 此邑(このまち)はその建(たち)し日より今日にいたるまで我(わが)震怒(いかり)を惹(ひ)き我(わが)憤恨(いきどほり)をおこすところの者なれば我前(わがまへ)よりわれ之(これ)を除(のぞ)かんとするなり
  32. こはイスラエルの民とユダの民(たみ)諸(もろもろ)の惡を行ひて我を怒(いか)らせしによりてなり彼らその王等その牧伯(きみ)等その祭司その預言者およびユダの人々とヱルサレムに住(すめ)る者皆(みな)然(しか)なせり
  33. 彼ら背(うしろ)を我にむけて面(かほ)を我にむけずわれ彼らををしへ頻(しきり)にヘ(をし)ふれどもかれらはヘ(をしへ)をきかずしてうけざるなり
  34. 彼らは憎(にく)むべき物をわが名をもて稱(とな)へらるゝ室(いへ)にたてゝ之(これ)を汚(けが)し
  35. 又ベンヒンノムの谷にあるバアルの崇邱(たかきところ)を築きその子(むすこ)女(むすめ)をモロクに献(さゝ)げたりわれは彼らにこの憎むべきことを行(おこな)ひてユダに罪を犯(をか)さしむることを命ぜず斯(かゝ)る事は我(わが)心におこらざりしなり
  36.  いまイスラエルの神ヱホバこの邑(まち)すなはち汝らが劍(つるぎ)と饑饉(ききん)と疫病(えきびやう)のためにバビロン王の手に付(わた)されんといひし所の邑(まち)につきて斯(かく)いひたまふ
  37. みよわれ我(わが)震怒(いかり)と憤恨(いきどほり)と大(おほい)なる怒(いかり)をもて彼らを逐(おひ)やりし諸(もろもろ)の國(くに)より彼らを集め此處(このところ)に導きかへりて安然(やすらか)に居(を)らしめん
  38. 彼らは我民(わがたみ)となり我は彼らの神とならん
  39. われ彼らに一(ひとつ)の心と一(ひとつ)の途(みち)をあたへて常に我を畏(おそ)れしめんこは彼らと其(その)子孫とに福(さいはひ)をえせしめん爲(ため)なり
  40. われ彼らを棄(すて)ずして恩(めぐみ)を施(ほどこ)すべしといふ永遠の契約(けいやく)をかれらにたて我を畏(おそ)るゝの畏(おそれ)をかれらの心におきて我を離れざらしめん
  41. われ悦(よろこ)びて彼らに恩(めぐみ)を施(ほどこ)し心を盡(つく)し精神をつくして誠(まこと)に彼らを此地(このち)に植(うゝ)べし
  42. ヱホバかくいひたまふわれ此(この)諸(もろもろ)の大(おほい)なる災(わざはひ)をこの民に降(くだ)せしごとくわがかれらに言(いひ)し諸(もろもろ)の福(さいはひ)を彼等に降(くだ)さん
  43. 人衆(ひとびと)この地に田野(たはた)を買はん是(これ)汝等が荒(あれ)て人も畜(けもの)もなきにいたりカルデヤ人(びと)の手に付(わた)されしといへる地なり
  44. 人衆(ひとびと)ベニヤミンの地とヱルサレムの四周(まはり)とユダの邑々(まちまち)と山の邑々と平地(ひらち)の邑々と南の方の邑々において銀をもて田野(たはた)をかひ契劵(てがた)を書きてこれに封印し又證人(あかしびと)をたてんそは我かの俘囚者(とらはれしもの)を歸(かへ)らしむればなりとヱホバいひたまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書