目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第33章(CHAPTER 33)

  1. ヱレミヤ尚(なほ)獄(ひとや)の庭に禁錮(とぢこめ)られてをる時ヱホバの言(ことば)ふたゝび彼に臨(のぞ)みていふ
  2. 事をおこなふヱホバ事をなして之(これ)を成就(とぐ)るヱホバ其名(そのな)をヱホバと名(なの)る者かく言ふ
  3. 汝(なんぢ)我に[よび]求めよわれ汝に應(こた)へん又汝が知(しら)ざる大(おほい)なる事と祕密(かくれ)たる事とを汝に示さん
  4. イスラエルの神ヱホバ壘(るゐ)と劍(つるぎ)によりて毀(こぼ)たれたる此邑(このまち)の室(いへ)とユダの王の室(いへ)につきてかくいひ給(たま)ふ
  5. 彼らカルデヤ人(びと)と戰(たゝか)はんとて來(きた)る是(これ)には我(わが)震怒(いかり)と憤恨(いきどほり)をもて殺すところの人々の屍體(しかばね)充(みつ)るにいたらん我かれらの諸(もろもろ)の惡のためにわが面(かほ)をこの邑(まち)に蔽(おほ)ひかくせり
  6. 視(み)よわれ卷布(まきぬの)と良藥(よきくすり)をこれに持(もち)きたりて人々を醫(いや)し平康(やすき)と眞實(まこと)の豐厚(ゆたか)なるをこれに示さん
  7. 我ユダの俘囚人(とらはれびと)とイスラエルの俘囚人を歸(かへ)らしめ彼らを建(たて)て從前(もと)のごとくになすべし
  8. われ彼らが我にむかひて犯(をか)せし一切(すべて)の罪を潔(きよ)め彼らが我にむかひて犯し且(かつ)行(おこな)ひし一切(すべて)の罪を赦(ゆる)さん
  9. 此邑(このまち)は地のもろもろの民の中において我(わ)がために欣喜(よろこび)の名となり頌美(ほまれ)となり榮耀(さかえ)となるべし彼等はわが此民(このたみ)にほどこすところの諸(もろもろ)の恩惠(めぐみ)を聞(きか)ん而(しか)してわがこの邑(まち)にほどこすところの諸(もろもろ)の恩惠(めぐみ)と諸の福祿(さいはひ)のために發振(ふる)へ且(かつ)身を動搖(うごか)さん
  10.  ヱホバかくいひ給(たま)へり汝らが荒れて人もなく畜(けもの)もなしといひしこの處(ところ)即(すなは)ち荒れて人もなく住む者もなく畜(けもの)もなきユダの邑(まち)とヱルサレムの街(ちまた)に
  11. 再び欣喜(よろこび)の聲(こゑ) 歡樂(たのしみ)の聲 新娶者(はなむこ)の聲 新婦(はなよめ)の聲および萬軍(ばんぐん)のヱホバをあがめよヱホバは善(ぜん)にしてその矜恤(あはれみ)は窮(かぎり)なしといひて其(その)感謝の祭物(そなへもの)をヱホバの室(いへ)に携(たづさ)ふる者の聲(こゑ)聞(きこ)ゆべし蓋(そは)われこの地の俘囚人(とらはれびと)を返らしめて初(はじめ)のごとくになすべければなりヱホバ之(これ)をいひたまふ
  12.  萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまふ荒れて人もなく畜(けもの)もなきこの處(ところ)と其(その)すべての邑々(まちまち)に再び牧者(かふもの)のその群(むれ)を伏(ふさ)しむる牧場(まきば)あるにいたらん
  13. 山の邑(まち)と平地(ひらち)の邑と南の方の邑とベニヤミンの地とヱルサレムの四周(まはり)とユダの邑(まち)において群(むれ)ふたゝびその之(これ)を核(かぞ)ふる者の手の下を過(とほ)らんとヱホバいひたまふ
  14.  ヱホバ言(いひ)たまはく視(み)よ我(わが)イスラエルの家とユダの家に語りし善言(よきことば)を成就(なしとぐ)る日きたらん
  15. その日その時にいたらばわれダビデの爲(ため)に一(ひとつ)の義(たゞし)き枝(えだ)を生ぜしめん彼は公道(おほやけ)と公義(たゞしき)を地に行(おこな)ふべし
  16. その日ユダは救(すくひ)をえヱルサレムは安らかに居(を)らんその名はヱホバ我儕(われら)の義と稱(とな)へらるべし
  17. ヱホバかくいひたまふイスラエルの家の位(くらゐ)に坐(ざ)する人ダビデに缺(かく)ることなかるべし
  18. また我前(わがまへ)に燔祭(はんさい)をさゝげ素祭(そさい)を燃(もや)し恒(つね)に犠牲(いけにへ)を献(さゝ)ぐる人レビ人(びと)なる祭司に絶(たえ)ざるべし
  19.  ヱホバのことばヱレミヤに臨(のぞ)みていふ
  20. ヱホバかくいふ汝(なんぢ)らもし我(わが)晝(ひる)につきての契約(けいやく)と我(わが)夜につきての契約を破りてその時々に晝(ひる)も夜もなからしむることをえば
  21. 僕(しもべ)ダビデに吾(わ)が立(たて)し契約もまた破れその子はかれの位(くらゐ)に坐(ざ)して王となることをえざらんまたわが我に事(つか)ふるレビ人(びと)なる祭司に立(たて)し契約も破れん
  22. 天の星は數(かぞ)へられず濱(はま)の沙(いさご)は量(はか)られずわれその如(ごと)く我僕(わがしもべ)ダビデの裔(すゑ)と我に事(つか)ふるレビ人(びと)を掾iまさ)ん
  23.  ヱホバの言(ことば)またヱレミヤに臨(のぞ)みていふ
  24. 汝(なんぢ)この民の語りてヱホバはその選(えら)みし二(ふたつ)の族(やから)を棄(すて)たりといふを聞(きか)ざるか彼らはかく我民(わがたみ)を藐(かろん)じてその眼(め)にこれを國(くに)と見なさゞるなり
  25. ヱホバかくいひ給(たま)ふもしわれ晝(ひる)と夜(よる)とについての契約(けいやく)を立(たて)ずまた天地の律法(おきて)を定(さだ)めずば
  26. われヤコブと我僕(わがしもべ)ダビデとの裔(すゑ)をすてゝ再びかれの裔(すゑ)の中よりアブラハム、イサク、ヤコブの裔(すゑ)を治(をさ)むる者を取(とら)ざるべし我その俘囚(とらはれ)し者を返らしめこれを恤(あは)れむべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書