目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第50章(CHAPTER 50)

  1. ヱホバ預言者ヱレミヤによりてバビロンとカルデヤ人(びと)の地のことを語りたまひし言(ことば)
  2. 汝(なんぢ)ら國々(くにぐに)の中(うち)に告げまた宣示(ふれしめ)せ纛(はた)を樹(たて)よ隱すことなく宣示(ふれしめ)して言ヘバビロンは取られベルは辱(はづかし)められメロダクは碎(くだ)かれ其像(そのざう)は辱(はづかし)められ其(その)木像は碎(くだ)かると
  3. そは北の方より一(ひとつ)の國人(くにびと)きたりて之(これ)を攻めその地を荒して其處(そこ)に住む者無(なか)らしむればなり人も畜(けもの)も皆逃去れり
  4. ヱホバいひたまふその日その時イスラエルの子孫かへり來(きた)らん彼らと偕(とも)にユダの子孫かへり來(きた)るべし彼らは哭(なげ)きつゝ行(ゆき)てその神ヱホバに請求(こひもと)むべし
  5. 彼ら面(かほ)をシオンに向(むけ)てその路(みち)を問(と)ひ來(きた)れ我らは永遠わするゝことなき契約(けいやく)をもてヱホバにつらならんといふべし
  6.  我民(わがたみ)は迷へる羊(ひつじ)の群(むれ)なりその牧者(かふもの)之(これ)をいざなひて山にふみ迷(まよ)はしめたれば山より岡とゆきめぐりて其(その)休息所(やすむところ)を忘れたり
  7. 之(これ)に遇(あ)ふもの皆(みな)之(これ)を食(くら)ふその敵いへり我らは罪なし彼らヱホバすなはち義(たゞし)きの在所(あるところ)その先祖の望みしところなるヱホバに罪を犯(をか)したるなり
  8. 汝(なんぢ)らバビロンのうちより逃(にげ)よカルデヤ人(びと)の地より出(いで)よ群(むれ)の前にゆくところの牡山羊(をやぎ)のごとくせよ
  9. 視(み)よわれ大(おほい)なる國々より人を起(おこ)しあつめて北の地よりバビロンに攻め來(きた)らしめん彼ら之(これ)にむかひて備(そなへ)をたてん是(これ)すなはち取(とら)るべし彼らの矢は空(むな)しく返らざる狡(かしこ)き勇士の矢のごとくなるべし
  10. カルデヤは人に掠(かす)められん之(これ)を掠(かす)むる者は皆飽(あく)ことをえんとヱホバ曰(いひ)たまふ
  11.  我(わが)産業を掠(かすむ)る者よ汝(なんぢ)らは喜び樂(たのし)み穀物を碾(こな)す犢(こうし)のごとくに躍(をど)り牡馬(をうま)のごとく嘶(いなゝ)けども
  12. 汝(なんぢ)らの母は痛く辱(はづかし)められん汝らを生(うみ)しものは恥(はづ)べし視(み)よ國々の中の終末(をはり)の者荒野(あれの)となり燥(かわ)ける地となり沙漠(すなはら)とならん
  13. ヱホバの怒(いか)りの爲(ため)に之(これ)に住む者なくして悉(ことごと)く荒地となるべしバビロンを過(すぐ)る者は皆その禍(わざはひ)に驚き且(かつ)嗤(わら)はん
  14. 凡(およ)そ弓を張る者よバビロンの四周(まはり)に備(そなへ)をなして攻(せ)め矢を惜(をし)まずして之(これ)を射(い)よそは彼ヱホバに罪を犯(をか)したればなり
  15. その四周(まはり)に喊(をめ)き叫びて攻めかゝれ是(これ)手を伸ぶその[へい]は倒れその石垣は崩(くづ)る是(これ)ヱホバ仇(あだ)を復(かへ)したまふなり汝らこれに仇(あだ)を復(かへ)せ是(これ)の行(おこな)ひしごとく是(これ)に行(おこな)へ
  16. 播種者(たねまくもの)および穡收時(かりいれどき)に鎌(かま)を執(と)る者をバビロンに絶(たや)せその滅(ほろぼ)すところの劍(つるぎ)を怖(おそ)れて人おのおの其民(そのたみ)に歸(かへ)り各(おのおの)その故土(ふるさと)に逃(にぐ)べし
  17.  イスラエルは散(ちら)されたる羊(ひつじ)にして獅子(しし)之(これ)を追ふ初(はじめ)にアツスリヤの王之(これ)を食ひ後(のち)にこのバビロンの王ネブカデネザルその骨を碎(くだ)けり
  18. この故(ゆゑ)に萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいひたまふ視(み)よわれアツスリヤの王を罰(ばつ)せしごとくバビロンの王とその地を罰(ばつ)せん
  19. われイスラエルを再びその牧場(まきば)に歸(かへ)さん彼カルメルとバシヤンの上に草をくらはんまたエフライムとギレアデの山にてその心を飽(あか)すべし
  20. ヱホバいひたまふ其日(そのひ)その時にはイスラエルの愆(とが)を尋(たづぬ)るも有(あ)らず又ユダの罪を尋(たづぬ)るも遇(あは)じそはわれ我(わが)存(のこ)せしところの者を赦(ゆる)すべければなり
  21.  ヱホバいひたまふ汝(なんぢ)ら上(のぼ)りて悖(もと)れる國(くに)罰を受(うく)べき民を攻(せ)めその後(うしろ)より之(これ)を荒し全くこれを滅せ我(わが)汝らに命ぜしごとく行(おこな)ふべし
  22. その地に戰鬪(いくさ)の[さけび]と大(おほい)なる敗壤(ほろび)あり
  23. 嗚呼(あゝ)全地を摧(くだ)きし鎚(つち)折れ碎(くだ)くるかな嗚呼(あゝ)バビロン國々の中に荒地となるかな
  24. バビロンよわれ汝(なんぢ)をとるために罟(わな)を置けり汝は擒(とら)へらるれども知(しら)ず汝ヱホバに敵せしにより尋(たづね)られて獲(とら)へらるゝなり
  25. ヱホバ庫(くら)を啓(ひら)きてその怒(いか)りの武器をいだしたまふ是(これ)主(しゆ)なる萬軍(ばんぐん)のヱホバ、カルデヤ人(びと)の地に事をなさんとしたまへばなり
  26. 汝(なんぢ)ら終(をはり)の者にいたるまで來(きた)りてこれを攻めその庫(くら)を啓(ひら)き之(これ)を積(つみ)て塵垤(ちりづか)のごとくせよ盡(ことごと)くこれを滅(ほろぼ)して其處(そこ)に遺(のこ)る者なからしめよ
  27. その牡牛(をうし)を悉(ことごと)く殺せこれを屠場(ほふりば)にくだらしめよ其等(それら)は禍(わざはひ)なるかな其日(そのひ)その罰を受(うく)べき時來(きた)れり
  28. バビロンの地より逃げて遁(のが)れ來し者の聲(こゑ)ありて我らの神ヱホバの仇復(あだがへし)その殿(みや)の仇復(あだがへし)をシオンに宣(の)ぶ
  29.  射者(いて)をバビロンに召集(よびあつ)めよ凡(およ)そ弓を張る者よその四周(まはり)に陣どりて之(これ)を攻め何人(たれ)をも逃す勿(なか)れその作爲(わざ)に循(したが)ひて之(これ)に報(むく)いそのすべて行(おこな)ひし如(ごと)くこれに行(おこな)へそは彼イスラエルの聖者(きよきもの)なるヱホバにむかひて驕(たかぶ)りたればなり
  30. 是故(このゆゑ)にその日壯者(わかきもの)は衢(ちまた)に[たふ]れその兵卒は悉(ことごと)く絶(たや)されんとヱホバいひたまふ
  31. 主(しゆ)なる萬軍(ばんぐん)のヱホバいひたまふ驕傲者(たかぶるもの)よ視(み)よわれ汝の敵となる汝の日わが汝を罰する時きたれり
  32. 驕傲者(たかぶるもの)は蹶(つまづ)きて仆(たふ)れん之(これ)を扶(たす)け起(おこ)す者なかるべしわれ火をその諸邑(まちまち)に燃(もや)しその四周(まはり)の者を燒盡(やきつく)さん
  33.  萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまふイスラエルの民とユダの民は偕(とも)に虐(しへた)げらる彼らを虜(とりこ)にせし者は皆固くこれを守りて釋(はな)たざるなり
  34. 彼らを贖(あがな)ふ者は強しその名は萬軍(ばんぐん)のヱホバなり彼必ずその訴(うつたへ)を理(たゞ)してこの地に安(やすき)を與(あた)ヘバビロンに住(すめ)る者を戰慄(をのゝか)しめたまはん
  35. ヱホバいひたまふカルデヤ人(びと)の上バビロンに住(すめ)る者の上およびその牧伯等(きみたち)とその智者等の上に劍(つるぎ)あり
  36. 劍(つるぎ)僞(いつは)る者の上にあり彼ら愚(おろか)なる者とならん劍(つるぎ)その勇士の上にあり彼ら懼(おそ)れん
  37. 劍(つるぎ)その馬の上にあり其(その)車の上にあり又その中(うち)にあるすべての援兵(えんぺい)の上にあり彼ら婦女(をんな)のごとくにならん劍(つるぎ)その寶(たから)の上にあり是(これ)掠(かす)めらるべし
  38. 旱(ひでり)その水の上にあり是(これ)涸(かわ)かん斯(これ)は偶像(ぐうざう)の地にして人々偶像に迷へばなり
  39. 是故(このゆゑ)に野の獸(けもの)彼處(かしこ)に山犬と偕(とも)に居(を)り鴕鳥(だてう)も彼處(かしこ)に棲(すむ)べし何時までも其地(そのち)に住む人なく世々こゝに住む人なかるべし
  40. ヱホバいひたまふ神のソドム、ゴモラとその近隣(となり)の邑々(まちまち)を滅(ほろぼ)せしごとく彼處(かしこ)に住む人なく彼處(かしこ)に宿(やど)る人の子なかるべし
  41.  視(み)よ北の方より民(たみ)きたるあらん大(おほい)なる國(くに)の人とおほくの王たち地の極(はて)より起(おこ)らん
  42. 彼らは弓と槍(やり)をとる情(なさけ)なく矜恤(あはれみ)なしその聲(こゑ)は海のごとくに鳴るバビロンの女(むすめ)よ彼らは馬に乗り戰士(いくさびと)のごとくに備(そな)へて汝を攻(せめ)ん
  43. バビロンの王その風聲(うはさ)をきゝしかば其手(そのて)弱り苦痛(くるしみ)と子を産む婦(をんな)の如(ごと)き劬勞(いたみ)彼に迫(せま)る
  44. 視(み)よ敵(てき)獅子(しゝ)のヨルダンの叢(くさむら)より上(のぼ)るが如(ごと)く堅(かた)き宅(すまひ)に攻めきたらんわれ直(たゞち)に彼等を其處(そこ)より逐奔(おひはし)らせわが選(えら)みたる者をその上に立(たて)ん誰か我のごとき者あらんや誰かわが爲(ため)に時期(とき)を定(さだ)めんや何(いづれ)の牧者(ぼくしゃ)か我前(わがまへ)に立(たつ)ことをえん
  45. さればバビロンにつきてヱホバの謀(はか)りたまひし御謀(みはかり)とカルデヤ人(びと)の地につきて思ひたまひし思想(おもひ)をきけ群(むれ)の弱者(よわきもの)必ず曳(ひき)ゆかれん彼必ずかれらの住居(すまひ)を滅(ほろぼ)すべし
  46. バビロンは取(とら)れたりとの聲(こゑ)によりて地(ち)震(ふる)へその[さけび]國々(くにぐに)の中(うち)に聞(きこ)ゆ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書