目次 前へ 次へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第51章(CHAPTER 51)

  1. ヱホバかくいひたまふ視(み)よわれ滅(ほろぼ)すところの風を起してバビロンを攻(せ)め我に悖(もと)る者の中に住む者を攻(せむ)べし
  2. われ簸者(ひるもの)をバビロンに遣(つかは)さん彼らこれを簸(ひ)てその地を空(むなし)くせん彼らすなはちその禍(わざはひ)の日にこれを四方(よも)より攻(せ)むべし
  3. 弓を張る者に向ひまた鎧(よろひ)を被(き)て立(たち)あがる者に向ひて射者(いて)の者(もの)其(その)弓を張らん汝(なんぢ)らその壯者(わかきもの)を憫(あはれ)まず其(その)軍勢を悉(ことごと)く滅(ほろぼ)すべし
  4. 然(され)ば殺さるゝ者カルデヤ人(びと)の地に[たふ]れ刺(さゝ)るゝ者その街(ちまた)に[たふ]れん
  5.  イスラエルとユダはその神(かみ)萬軍(ばんぐん)のヱホバに棄(す)てられず彼らの地にはイスラエルの至聖者(いときよきもの)にむかひて犯(をか)せるところの罪(つみ)充(み)つ
  6. 汝(なんぢ)らバビロンのうちより逃げいでておのおの其(その)生命をすくへ其(それ)の罪のために滅(ほろぼ)さるゝ勿(なか)れ今はヱホバの仇(あだ)をかへしたまふ時なれば報(むくい)をそれになしたまふなり
  7. バビロンは金の杯(さかづき)にしてヱホバの手にあり諸(すべて)の地を醉(ゑは)せたり國々その酒を飮めり是(こゝ)をもて國々狂へり
  8. バビロンは忽(たちま)ち[たふ]れて壞(やぶ)る之(これ)がために哭(なげ)けその傷のために乳香(にうかう)をとれ是(これ)或(あるひ)は愈(いえ)ん
  9. われらバビロンを醫(いや)さんとすれども愈(いえ)ず我らこれをすてゝ各(おのおの)その國(くに)に歸(かへ)るべしそはその罰(ばつ)天におよび雲にいたればなり
  10. ヱホバわれらの義(たゞしき)をあらはしたまふ來(きた)れシオンに於(おい)て我らの神ヱホバの作爲(わざ)をのべん
  11.  矢を磨(と)ぎ楯(たて)を取れヱホバ、メデア人(びと)の王等(わうたち)の心を激發(ひきおこ)したまふヱホバ、バビロンをせめんと謀(はか)り之(これ)を滅(ほろぼ)さんとしたまふ是(これ)ヱホバの復仇(あだがへし)その殿(みや)の復仇(あだがへし)たるなり
  12. バビロンの石垣に向ひて纛(はた)を樹(た)て圍(かこみ)を堅(かた)くし番兵を設(まう)け伏兵をそなへよ蓋(そは)ヱホバ、バビロンに住める者をせめんとて謀(はか)りその言(いひ)しごとく行(おこな)ひたまへばなり
  13. おほくの水の傍(ほとり)に住み多くの財寶(たから)をもてる者よ汝の終(をはり)汝の貧婪(むさぼり)の限(かぎり)來(きた)れり
  14. 萬軍(ばんぐん)のヱホバおのれを指(さ)して誓(ちか)ひいひ給(たま)ふ我まことに人を蝗(いなご)のごとくに汝の中(うち)に充(みた)さん彼ら汝に向ひて鯨波(とき)の聲(こゑ)を揚(あ)ぐべし
  15.  ヱホバその能力(ちから)をもて地をつくり其(その)知慧(ちゑ)をもて世界を建てその明哲(さとり)をもて天を舒(のべ)たまへり
  16. 彼(かれ)聲(こゑ)を發(いだ)したまふ時は天に衆(おほく)の水いづかれ雲を地の極(はて)より起らしめ電光(いなびかり)と雨をおこし風をその庫(くら)よりいだしたまふ
  17. すべての人は獸(けもの)のごとくにして智慧(ちゑ)なし諸(すべて)の鑄物師(いものし)はその作りし像(ざう)のために辱(はぢ)を取る其(その)鑄(い)るところの像は僞(いつはり)の者にしてその中(うち)に靈(たましひ)なし
  18. 其等(それら)は空(むな)しき者にして迷妄(まよひ)の工作(わざ)なりわが臨(のぞ)むとき其等(それら)は滅(ほろぶ)べし
  19. ヤコブの分は此(かく)の如(ごと)くならず彼は萬物(よろづのもの)およびその産業の族(やから)の造化主(つくりぬし)なりその名は萬軍(ばんぐん)のヱホバといふ
  20.  汝(なんぢ)はわが鎚(つち)にして戰(いくさ)の器具(うつは)なりわれ汝をもて諸(すべて)の邦(くに)を碎(くだ)き汝をもて萬國(ばんこく)を滅(ほろぼ)さん
  21. われ汝をもて馬とその騎(の)る者を摧(くだ)き汝をもて車とその御(ぎょ)する者を碎(くだ)かん
  22. われ汝をもて男と女をくだき汝をもて老(おい)たる者と幼(いとけな)き者をくだき汝をもて壯者(わかきもの)と童女(おとめ)をくだくべし
  23. われ汝をもて牧者(ひつじかひ)とその群(むれ)をくだき汝をもて農夫とその軛(くびき)を負(お)ふ牛をくだき汝をもて方伯等(きみたち)と督宰等(つかさたち)をくだかん
  24. 汝(なんぢ)らの目の前にて我バビロンとカルデヤに住(すめ)るすべての者がシオンになせし諸(もろもろ)の惡(あし)きことに報(むく)いんとヱホバいひたまふ
  25.  ヱホバ言ひたまはく全地を滅(ほろぼ)したる滅(ほろぼ)す山よ視(み)よわれ汝の敵となるわれ手を汝の上に伸(のべ)て汝を巖(いは)より轉(まろ)ばし汝を焚山(やけやま)となすべし
  26. ヱホバいひたまふ人(ひと)汝より石を取(とり)て隅石(すみいし)となすことあらじ亦(また)汝より石を取りて基礎(いしずゑ)となすことあらじ汝はいつまでも荒地(あれち)となりをらん
  27.  纛(はた)を地に樹(た)て[らつぱ]を國々の中(うち)に吹き國々の民をあつめて之(これ)を攻めアララテ、ミンニ、アシケナズの諸國(くにぐに)を招きて之(これ)を攻め軍長をたてゝ之(これ)を攻め恐(おそ)ろしき蝗(いなご)のごとくに馬をすゝめよ
  28. 國々の民をあつめて之(これ)を攻(せ)めメデア人(びと)の王(わう)等とその方伯(きみ)等とその督宰(つかさ)等およびそのすべての領地の人をあつめて之(これ)を攻めよ
  29. 地は震(ふる)ひ搖(うご)かんそはヱホバその意旨(おもひ)をバビロンになしバビロンの地をして住む人なき荒地とならしめたまふべければなり
  30. バビロンの勇者は戰(たゝかひ)をやめて其(その)城にこもりその力失(う)せて婦(をんな)のごとくにならん其宅(そのいへ)は燒けその門閂(くわんぬき)は折れん
  31. [はや]は趨(はしり)て[はや]にあひ使者(つかひ)は趨(はしり)て使者にあひバビロンの王につげて邑(まち)は盡(ことごと)く取られ
  32. 渡口(わたしば)は取られ沼は燒(やか)れ兵卒は怖(おそ)るといはん
  33.  萬軍(ばんぐん)のヱホバ、イスラエルの神かくいひたまふバビロンの女(むすめ)は禾場(うちば)のごとしその踏(ふま)るゝ時きたれり暫(しばら)くありてその苅(から)るゝ時いたらん
  34. バビロンの王ネブカデネザル我を食(くら)ひ我を滅(ほろぼ)し我を空(むなし)き器(うつは)のごとくなし龍(たつ)の如(ごと)くに我を呑(の)みわが[うまきもの]をもて其(その)腹(はら)を充(みた)し我を逐出(おひいだ)せり
  35. シオンに住(すめ)る者いはんわがうけし虐遇(しへたげ)と我(わが)肉はバビロンにかゝるべしヱルサレムいはん我(わが)血はカルデヤに住める者にかゝるべしと
  36. さればヱホバかくいひたまふ視(み)よわれ汝(なんぢ)の訟(うつたへ)を理(たゞ)し汝の爲(ため)に仇(あだ)を復(かへ)さん我その海を涸(かわ)かし其(その)泉を乾かすべし
  37. バビロンは頽壘(くづれづか)となり山犬の巣窟(すまひ)となり詫異(おどろき)となり嗤笑(わらひ)となり人なき所とならん
  38. 彼らは獅子(しゝ)のごとく共に吼(ほ)え小獅(わかきしゝ)のごとくに吼(ほ)ゆ
  39. 彼らの慾(よく)の燃(もゆ)る時にわれ筵(ふるまひ)を設(まう)けてかれらを醉(よは)せ彼らをして喜ばしめながき寢(ねむり)にいりて目を醒(さま)すことなからしめんとヱホバいひたまふ
  40. われ屠(ほふ)る羔羊(こひつじ)のごとく又(また)牡羊(をひつじ)と牡山羊(をやぎ)のごとくにかれらをくだらしめん
  41.  セシヤクいかにして取られしや全地の人の頌美者(ほむるもの)いかにして執(とら)へられしや國々の中(うち)にバビロンいかにして詫異(おどろき)となりしや
  42. 海バビロンに溢(あふ)れかゝりその多くの波濤(なみ)これを覆(おほ)ふ
  43. その諸邑(まちまち)は荒れて燥(かわ)ける地となり沙漠(すなはら)となり住む人なき地とならん人の子そこを過(すぐ)ることあらじ
  44. われベルをバビロンに罰(ばつ)しその呑(のみ)たる者を口より取出さん國々はまた川の如(ごと)くに彼に來(きた)らじバビロンの石垣[たふ]れん
  45.  我民(わがたみ)よ汝らその中(うち)よりいで各(おのおの)ヱホバの烈(はげ)しき怒(いかり)をまぬかれてその命を救へ
  46. 汝(なんぢ)ら心を弱くする勿(なか)れ此地(このち)にてきく所の浮言(うはさ)によりて畏(おそ)るゝ勿(なか)れ浮言(うはさ)は此年(このとし)も來(きた)り次の年も亦(また)きたらん此地(このち)に強暴(しへたげ)あり宰者(つかさ)と宰者(つかさ)とあひ攻(せむ)ることあらん
  47. 故(ゆゑ)に視(み)よ我バビロンの偶像(ぐうざう)を罰(ばつ)する日來(きた)らんその全地は辱(はづかし)められ其(その)殺さるゝ者は悉(ことごと)くその中(うち)に[たふ]れん
  48. 然(しか)して天と地とその中(うち)にあるところのすべての者はバビロンの事の爲(ため)に歡(よろこ)び歌はんそは敗壞者(ほろぼすもの)北の方より此處(こゝ)に來(きた)ればなりヱホバこれをいひたまふ
  49. バビロンがイスラエルの殺さるゝ者を[たふ]せし如(ごと)く全地の殺さるゝ者バビロンに[たふ]るべし
  50.  劍(つるぎ)を逃(のが)るゝ者よ往(ゆ)け止(とゞま)る勿(なか)れ遠方よりヱホバを憶(おぼ)えヱルサレムを汝らの心に置くべし
  51. 罵言(のゝしり)をきくによりて我ら羞(は)づ異邦人(ことくにびと)ヱホバの室(いへ)の聖處(きよきところ)にいるによりて我らの面(かほ)には羞恥(はぢ)盈(み)つ
  52. この故(ゆゑ)にヱホバいひたまふ視(み)よわがその偶像(ぐうざう)を罰(ばつ)する日いたらん傷(きずつ)けられたる者はその全國に呻吟(うめく)べし
  53. たとひバビロン天に昇(のぼ)るとも其城(そのしろ)を高くして堅(かた)むるとも敗壞者(ほろぼすもの)我よりいでて彼らにいたらんとヱホバいひたまふ
  54.  バビロンに[さけび]の聲(こゑ)ありカルデヤ人(びと)の地に大(おほい)なる敗壞(ほろび)あり
  55. ヱホバ、バビロンをほろぼし其中(そのうち)に大(おほい)なる聲(こゑ)を絶(たや)したまふ其(その)波濤(なみ)は巨水(おほみづ)のごとくに鳴りその聲(こゑ)は響(ひゞき)わたる
  56. 破滅者(ほろぼすもの)これに臨(のぞ)みバビロンにいたる其(その)勇士は執(とら)へられ其(その)弓は折らるヱホバは施報(むくい)をなす神なればかならず報(むく)いたまふなり
  57. われその牧伯(きみ)等と博士(はかせ)等と督宰(つかさ)等と勇士(ゆうし)とを醉(ゑは)せん彼らは永(なが)き寢(ねむり)にいりて目を醒(さま)すことあらじ萬軍(ばんぐん)のヱホバと名(なづ)くる王これをいひ給(たま)ふ
  58. 萬軍(ばんぐん)のヱホバかくいひたまふバビロンの闊(ひろ)き石垣は悉(ことごと)く毀(こぼ)たれその高き門は火に焚(やか)れん斯(かく)民の勞苦(らうく)は徒(いたづら)となるべし民は火のために憊(つか)れん
  59.  これマアセヤの子なるネリヤの子セラヤがユダの王ゼデキヤとともに其(その)治世(よ)の四年にバビロンに往(ゆ)くときにあたりて預言者ヱレミヤがこれに命ぜし言(ことば)なりこのセラヤは侍從(じじう)の長(かしら)なり
  60. ヱレミヤ、バビロンにのぞまんとする諸(すべて)の災(わざはひ)を書(ふみ)にしるせり是(これ)即(すなは)ちバビロンの事につきて録(しる)せる此(この)すべての言(ことば)なり
  61. ヱレミヤ、セラヤにいひけるは汝(なんぢ)バビロンに往(ゆき)しとき愼(つゝし)みてこの諸(すべて)の言(ことば)を讀(よ)め
  62. 而(しか)して汝(なんぢ)いふべしヱホバよ汝はこの處(ところ)を滅(ほろぼ)し人と畜(けもの)をいはず凡(すべ)て此處(こゝ)に住む者なからしめて窮(かぎり)なくこれを荒地となさんと此處(こゝ)にむかひていひたまへり
  63. 汝(なんぢ)この書(ふみ)を讀畢(よみをは)りしとき之(これ)に石をむすびつけてユフラテの中(うち)に投(なげ)いれよ
  64. 而(しか)していふべしバビロンは我これに[わざはひ]をくだすによりて是(かく)しづみて復(また)おこらざるべし彼らは絶(たえ)はてんと
      此(こゝ)まではヱレミヤの言(ことば)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書