目次 前へ 1 10 ・・ 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

Old Testament「Book of Jeremiah」
旧約聖書:エレミヤ記

第52章(CHAPTER 52)

  1. ゼデキヤは位(くらゐ)に即(つ)きしとき二十一歳なりしがヱルサレムに於(おい)て十一年世ををさめたりその母の名はハムタルといひてリブナのヱレミヤの女(むすめ)なり
  2. ゼデキヤはヱホヤキムが凡(すべ)てなしたる如(ごと)くヱホバの目の前に惡をなせり
  3. すなはちヱホバ、ヱルサレムとユダとを怒(いか)りて之(これ)をその前より棄(す)てはなちたまふ
     是(こゝ)に於(おい)てゼデキヤ、バビロンの王に叛(そむ)けり
  4. ゼデキヤの世の九年十月十日にバビロンの王ネブカデネザルその軍勢をひきゐてヱルサレムに攻(せ)めきたり之(これ)に向ひて陣をはり四周(まはり)に戌樓(やぐら)を建て之(これ)を攻めたり
  5. かくこの邑(まち)攻圍(せめかこ)まれてゼデキヤ王の十一年にまでおよびしが
  6. その四月九日にいたりて城邑(まち)のうち饑(うゝ)ること甚(はなは)だしくなり其(その)地の民食物をえざりき
  7. 是(こゝ)をもて城邑(まち)つひに打破られたれば兵卒は皆逃(にげ)て夜の中(うち)に王の園(その)の邊(ほとり)なる二個の石垣の間の門より城邑(まち)をぬけいで平地の途(みち)に循(したが)ひておちゆけり時にカルデヤ人(びと)は城邑(まち)を圍(かこ)みをる
  8. 茲(こゝ)にカルデヤ人(びと)の軍勢王を追ひゆきヱリコの平地にてゼデキヤに追付(おひつき)けるにその軍勢みな彼を離れて散りしかば
  9. カルデヤ人(びと)王を執(とら)へて之(これ)をハマテの地のリブラにをるバビロンの王の所(もと)に曳(ひ)きゆきければ王彼の罪をさだめたり
  10. バビロンの王すなはちゼデキヤの子等(こたち)をその目の前に殺さしめユダの牧伯(きみ)等を悉(ことごと)くリブラに殺さしめ
  11. またゼデキヤの目を抉(つぶ)さしめたり斯(かく)てバビロンの王かれを銅索(くさり)に繋(つな)ぎてバビロンに携(たづさ)へゆきその死(しぬ)る日まで獄(ひとや)に置(お)けり
  12.  バビロン王ネブカデネザルの世の十九年の五月十日バビロンの王の前につかふる侍衞(じゑい)の長(かしら)ネブザラダン、ヱルサレムにきたり
  13. ヱホバの室(いへ)と王の室(いへ)を燒き火をもてヱルサレムのすべての室(いへ)と大(おほい)なる諸(すべて)の室(いへ)を燒けり
  14. また侍衞(じゑい)の長(かしら)と偕(とも)にありしカルデヤ人(びと)の軍勢ヱルサレムの四周(まはり)の石垣を悉(ことごと)く毀(こぼ)てり
  15. 侍衞(じゑい)の長(かしら)ネブザラダンすなはち民のうちの貧乏者(まづしきもの)城邑(まち)の中(うち)に餘(のこ)れる者およびバビロンの王に降(くだ)りし人と民の餘(のこ)れる者を捕(とら)へ移せり
  16. 但(たゞ)し侍衞(じゑい)の長(かしら)ネブザラダンその地のある貧者(まづしきもの)を遺(のこ)して葡萄(ぶだう)を耕(つく)る者となし農夫となせり
  17.  カルデヤ人(びと)またヱホバの室(いへ)の銅(あかゞね)の柱と洗盥(たらひ)の臺(だい)と銅(あかゞね)の海を碎(くだ)きてその銅(あかゞね)を悉(ことごと)くバビロンに運び
  18. また鍋(なべ)と火鑪(じふのう)と燭剪(しんきり)と鉢(はち)と匙(さじ)およびすべて用ふるところの銅器(あかゞねのうつは)を取れり
  19. 侍衞(じゑい)の長(かしら)もまた洗盥(たらひ)と火盤(ひいれ)と鉢(はち)と鍋(なべ)と燭臺(しょくだい)と匙(さじ)と[さかづき]など凡(すべ)て金銀にて作れる者を取り
  20. またソロモン王がヱホバの室(いへ)に造りしところの二つの柱と一(ひとつ)の海と臺(だい)の下なる十二の銅(あかゞね)の牛を取れりこのもろもろの銅(あかゞね)の重(おもさ)は稱(はか)る可(べか)らず
  21. この柱は高さ十八キユビトなり又紐(ひも)をもてその周圍(まはり)を測(はか)るに十二キユビトあり指四本の厚(あつさ)にして空(うつろ)なり
  22. その上に銅(あかゞね)の頂(かしら)ありその頂(かしら)の高さは五キユビトその周圍(まはり)は銅(あかゞね)の網子(あみ)と石榴(ざくろ)にて飾れり他の柱とその石榴(ざくろ)も之(これ)におなじ
  23. その四方に九十六の石榴(ざくろ)あり網子(あみ)の上なるすべての石榴(ざくろ)の數は百なり
  24.  侍衞(じゑい)の長(かしら)は祭司の長(をさ)セラヤと第二の祭司ゼパニヤと三人の門守(かどもり)を執(とら)へ
  25. また兵卒を督(つかさど)る一人の寺人(じじん)と王の前にはべるもののうち城邑(まち)にて遇(あひ)しところの者七人とその地の民を募(つの)る軍勢の長(かしら)なる書記と城邑(まち)の中(うち)にて遇(あひ)しところの六十人の者を邑(まち)よりとらへされり
  26. 侍衞(じゑい)の長(かしら)ネブザラダンこれらを執(とら)へてリブラに居(を)るバビロンの王の許(もと)にいたれり
  27. バビロンの王ハマテの地のリブラにこれを撃(う)ち殺せりかくユダはおのれの地よりとらへ移されたり
  28.  ネブカデネザルがとらへ移せし民は左(さ)の如(ごと)し第七年にユダ人(びと)三千二十三人
  29. またネブカデネザルその十八年にヱルサレムより八百三十二人をとらへ移せり
  30. ネブカデネザルの二十三年に侍衞(じゑい)の長(かしら)ネブザラダン、ユダ人(びと)七百四十五人をとらへ移したり其(その)總(すべ)ての數は四千六百人なりき
  31.  ユダの王ヱホヤキンがとらへ移されたる後三十七年の十二月二十五日バビロンの王エビルメロダクその治世(よ)の一年にユダの王ヱホヤキンを獄(ひとや)よりいだしてその首(かうべ)をあげしめ
  32. 善言(よきことば)をもて彼を慰(なぐさ)めその位(くらゐ)をバビロンに偕(とも)に居(を)るところの王等(わうたち)の位(くらゐ)よりもたかくし
  33. 其(その)獄(ひとや)の衣服(ころも)を易(か)へしむヱホヤキンは一生の間つねに王の前に食せり
  34. かれ其(その)死(しぬ)る日まで一生の間たえず日々の分をバビロンの王よりたまはりて其(その)食物(くひもの)となせり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書