目次 次へ  1 2 3

Old Testament「Book of Joel」
旧約聖書:ヨエル書

第1章(CHAPTER 1)

  1. ペトエルの子ヨエルに臨(のぞ)めるヱホバの言(ことば)
  2.  老(おい)たる人よ汝(なんぢ)ら是(これ)を聽(き)けすべて此地(このち)に住む者汝(なんぢ)ら耳を傾(かたむ)けよ汝らの世あるは汝らの先祖(せんぞ)の世にも是(かく)のごとき事ありしや
  3. 汝(なんぢ)ら之(これ)を子に語(かた)り子はまた之(これ)をその子に語りその子之(これ)を後(のち)の代(よ)に語りつたへよ
  4. 噬(かみ)くらふ蝗虫(おほねむし)の遺(のこ)せる者は群(むれ)ゐる蝗虫(おほねむし)のくらふ所となりその遺(のこ)せる者はなめつくすおほねむしのくらふ所となりその遺(のこ)せる者は喫(くひ)ほろぼす蝗虫(おほねむし)の食(くら)ふ所となれり
  5.  醉(ゑひ)る者よ汝ら目を醒(さま)して泣けすべて酒をのむ者よ哭(なげ)きさけべあたらしき酒なんぢらの口に絶(た)えたればなり
  6. そはことなる民わが國(くに)に攻(せめ)よすればなりその勢(いきほ)ひ強くその數(かず)はかられずその齒(は)は獅子(しゝ)の齒のごとくその牙(きば)は牝獅子(めじゝ)の牙(きば)のごとし
  7. 彼等わが葡萄(ぶだう)の樹を荒(あら)しわが無花果(いちじく)の樹を折りその皮をはぎはだかにして之(これ)を棄(す)つその枝(えだ)白くなれり
  8.  汝(なんぢ)ら哀哭(なげき)かなしめ貞女(ていぢょ)その若かりしときの夫のゆゑに麻布(あさぬの)を腰(こし)にまとひて哀哭(なげき)かなしむがごとくせよ
  9. 素祭(そさい)灌祭(くわんさい)ともにヱホバの家に絶(た)えヱホバに事(つか)ふる祭司等(さいしら)哀傷(かなしみ)をなす
  10. 田(はた)は荒れ地は哀傷(かなし)む是(これ)穀物(こくもつ)荒(あれ)はて新しき酒つき油たえんとすればなり
  11. こむぎ大むぎの故(ゆゑ)をもて農夫(のうふ)羞(は)ぢよ葡萄(ぶだう)つくり哭(な)けよ田(はた)の禾稼(みのり)うせはてたればなり
  12. 葡萄樹(ぶだうのき)は枯(か)れ無花果樹(いちじくのき)は萎(しほ)れ石榴(ざくろ)椰子(やし)林檎(りんご)および野の諸(すべて)の樹は凋(しぼ)みたり是(こゝ)をもて世の人の喜樂(たのしみ)かれうせぬ
  13.  祭司(さいし)よ汝ら麻布(あさぬの)を腰(こし)にまとひてなきかなしめ祭壇(さいだん)に事(つか)ふる者よ汝らなきさけべ神に事(つか)ふる者よなんぢら來(きた)り麻布(あさぬの)をまとひて夜をすごせ其(そ)は素祭(そさい)も灌祭(くわんさい)も汝らの神の家に入(いる)ことあらざればなり
  14. 汝(なんぢ)ら斷食(だんじき)を定め集會(しふくわい)を設(まう)け長老(としより)等を集め國(くに)の居民(きよみん)をことごとく汝らの神ヱホバの家に集めヱホバにむかひて號呼(よばは)れよ
  15.  あゝその日は禍(わざはひ)なるかなヱホバの日近く暴風(はやち)のごとくに全能者(ぜんのうしゃ)より來(きた)らん
  16. 我らがまのあたりに食物絶(たえ)しにあらずや我らの神の家に歡喜(よろこび)と快樂(たのしみ)絶(たえ)しにあらずや
  17. 種(たね)は土の下に朽(く)ち倉(くら)は壞(やぶ)れ廩(よねぐら)は[くづ]るそは穀物(こくもつ)ほろぼされたればなり
  18. いかに畜獸(けもの)は哀(かなし)み鳴(な)くや牛の群(むれ)は亂(みだ)れ迷(まよ)ふ草なければなり羊(ひつじ)の群(むれ)もまた死(しに)喪(うせ)ん
  19. ヱホバよ我なんぢに向(むか)ひて呼(よば)はらん荒野(あれの)の諸(すべて)の草は火にて燒け野の諸(すべて)の樹は[ほのほ]にてやけつくればなり
  20. 野の獸(けもの)もまた汝にむかひて呼(よば)はらん其(そ)は水の流(ながれ)涸(かれ)はてあれのの草(くさ)火にてやけつくればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書