目次 前へ 次へ  1 2 3

Old Testament「Book of Joel」
旧約聖書:ヨエル書

第2章(CHAPTER 2)

  1. 汝(なんぢ)らシオンにて喇叭(らつぱ)を吹け我(わが)聖山(きよきやま)にて音たかく之(これ)を吹鳴(ふきなら)せ國(くに)の民みな慄(ふる)ひわなゝかん そはヱホバの日きたらんとすればなりすでに近づけり
  2. この日はKくをぐらき日雲むらがるまぐらき日にしてしのゝめの山々にたなびくが如(ごと)し 數(かず)おほく勢(いきほひ)さかんなる民むれいたらん かゝる者はいにしへよりありしことなくのちの代々(よゝ)の年にもあることなかるべし
  3. 火彼らの前を焚(や)き[ほのほ]かれらの後にもゆその過(すぎ)ざる前は地エデンのごとくその過(すぎ)しのちは荒(あれ)はてたる野の如(ごと)し此(これ)をのがれうるもの一(ひとつ)としてあることなし
  4.  彼らの状(かたち)は馬のかたちのごとく其(その)馳(はせ)ありくことは軍馬(いくさむま)のごとし
  5. その山の嶺(いたゞき)にとびをどる音は車の轟聲(とゞろく)がごとしまた火の稗株(いなかぶち)をやくおとの如(ごと)くしてその樣(さま)強き民の行伍(そなへ)をたてゝ戰陣(いくさ)にのぞむに似(に)たり
  6. そのむかふところ諸民(しょみん)戰慄(をのゝ)きその面(かほ)みな色を失ふ
  7. 彼らは勇士(ゆうし)のごとくに趨(はせ)あるき軍人(いくさびと)のごとくに石垣に攀(よぢ)のぼる彼ら各々おのが道を進みゆきてその列(なみ)を亂(みだ)さず
  8. 彼ら互(たがひ)に推(おし)あはず各々その道にしたがひて進み行く彼らは刄(やいば)に觸(ふる)るとも身を害(そこな)はず
  9. 彼らは邑(まち)をかけめぐり石垣の上に奔(はし)り家に攀登(よぢのぼ)り盗賊(ぬすびと)のごとくに窓より入る
  10. そのむかふところ地ゆるぎ天(てん)震(ふる)ひ日も月も暗くなり星その光明(ひかり)を失(うしな)ふ
  11. ヱホバその軍勢の前にて聲(こゑ)をあげたまふ其(その)軍旅(ぐんりょ)はなはだ大(おほい)なればなり其(その)言(ことば)を爲(なし)とぐる者は強しヱホバの日は大(おほい)にして甚(はなは)だ畏(おそ)るべきが故(ゆゑ)に誰かこれに耐(たふ)ることを得(え)んや
  12.  然(され)どヱホバ言(いひ)たまふ今にても汝ら斷食(だんじき)と哭泣(なげき)と悲哀(かなしみ)とをなし心をつくして我に歸(かへ)れ
  13. 汝(なんぢ)ら衣(ころも)を裂(さ)かずして心を裂(さ)き汝等の神ヱホバに歸(かへ)るべし彼は恩惠(めぐみ)あり憐憫(あはれみ)ありかつ怒(いか)ることゆるく愛憐(いつくしみ)大(おほい)にして災害(わざはひ)をなすを悔(くい)たまふなり
  14. 誰か彼のあるひは立歸(たちかへ)り悔(くい)て祝福(めぐみ)をその後(あと)にとめのこし汝らをして素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)とをなんぢらの神ヱホバにさゝげしめたまはじと知(しら)んや
  15.  汝(なんぢ)らシオンにて喇叭(らつぱ)を吹きならし斷食(だんじき)を定(さだ)め公會(こうくわい)をよびつどへ
  16. 民を集めその會(くわい)を潔(きよ)くし老(おい)たる人をあつめ孩童(わらはべ)と乳哺子(ちのみご)を集め新郎(にいむこ)をその室(ねや)より呼(よび)いだし新婦(にいよめ)をその密室(おくねや)より呼(よび)いだせ
  17. 而(しか)してヱホバに事(つか)ふる祭司等は廊(ほそどの)と祭壇(さいだん)の間にて泣(なき)て言へヱホバよ汝の民を赦(ゆる)したまへ汝の産業を恥辱(はぢ)しめらるゝに任(まか)せ之(これ)を異邦人(ことくにびと)に治(をさ)めさする勿(なか)れ何ぞ異邦人をして彼らの神は何處(いづく)にあると言(いは)しむべけんや
  18.  然(しか)せばヱホバ己(おのれ)の地のために嫉妬(ねたみ)を起しその民を憐(あはれ)みたまはん
  19. ヱホバ應(こた)へてその民に言(いひ)たまはん視(み)よ我(われ)穀物とあたらしき酒と油を汝におくる汝ら之(これ)に飽(あか)ん我なんぢらをして重(かさ)ねて異邦人(ことくにびと)の中(うち)に恥辱(はぢ)を蒙(かうむ)らしめじ
  20. 我(われ)北よりきたる軍を遠く汝らより離(はな)れしめうるほひなき荒地(あれち)に逐(おひ)やらん其(その)前軍を東の海にその後軍を西の海に入れんその臭味(くさきにほひ)立ちその惡臭(あしきにほひ)騰(のぼ)らん是(これ)大(おほい)なる事を爲(なし)たるに因(よ)る
  21.  地よ懼(おそ)るゝ勿(なか)れ喜び樂しめヱホバ大(おほい)なる事を行ひたまふなり
  22. 野の獸(けもの)よ懼(おそ)るゝ勿(なか)れあれ野の牧草(まきくさ)はもえいで樹は果を結び無花果樹(いちじく)葡萄樹(ぶだうのき)はその力をめざすなり
  23. シオンの子等よ汝(なんぢ)らの神ヱホバによりて樂(たのし)め喜べヱホバは秋の雨を適當(ほどよく)なんぢらに賜(たま)ひまた前(さき)のごとく秋の雨と春の雨とを汝らの上に降(ふら)せたまふ
  24. 打塲(うちば)には穀物盈(み)ち甕(かめ)にはあたらしき酒と油溢(あふ)れん
  25. 我(わ)が汝らに遣(つかは)しゝ大軍すなはち群(むれ)ゐる蝗(いなご)なめつくす蝗(いなご)喫(すひ)ほろぼす蝗(いなご)噬(かみ)くらふ蝗(いなご)の觸(くひ)あらせる年をわれ汝らに賠(つくの)はん
  26. 汝(なんぢ)らは食(くら)ひ食(くら)ひて飽(あ)きよのつねならずなんぢらを待(あしら)ひたまひし汝らの神ヱホバの名をほめ頌(たゝ)へん我民(わがたみ)はとこしへに辱(はづか)しめらるゝことなかるべし
  27. かくて汝(なんぢ)らはイスラエルの中(うち)に我(わ)が居(を)るを知り汝らの神ヱホバは我のみにて外(ほか)に無(な)きことを知らん我民(わがたみ)は永遠(とこしへ)に辱(はづ)かしめらるゝことなかるべし
  28.  その後(のち)われ吾靈(わがみたま)を一切(すべて)の人に注(そゝ)がん汝(なんぢ)らの男子(むすこ)女子(むすめ)は預言(よげん)せん汝らの老(おい)たる人は夢(ゆめ)を見 汝らの少(わか)き人は異象(まぼろし)を見ん
  29. その日我またわが靈(みたま)を僕(しもべ)婢(しもめ)に注(そゝ)がん
  30. また天と地に徴證(しるし)を顯(あらは)さん即(すなは)ち血あり火あり煙(けぶり)の柱(はしら)あるべし
  31. ヱホバの大(おほい)なる畏(おそ)るべき日の來(きた)らん前(さき)に日は暗く月は血に變(かは)らん
  32. 凡(すべ)てヱホバの名を[よ]ぶ者は救(すく)はるべしそはヱホバの宣(のたま)ひし如(ごと)くシオンの山とヱルサレムとに救(すく)はれし者あるべければなり其(その)遺(のこ)れる者の中(うち)にヱホバの召(め)し給(たま)へるものあらん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書