目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5

Old Testament「Book of Lamentations」
旧約聖書:エレミヤの哀歌

第2章(CHAPTER 2)

  1. あゝヱホバ震怒(いかり)をおこし 黒雲(くろくも)をもてシオンの女(むすめ)を蔽(おほ)ひたまひ イスラエルの榮光(さかえ)を天より地におとし その震怒(いかり)の日に己(おのれ)の足[だい]を心にとめたまはざりき
  2. 主(しゆ)ヤコブのすべての住居(すみか)を呑(のみ)つくしてあはれまず 震怒(いかり)によりてユダの女(むすめ)の保砦(とりで)を毀(こぼ)ち これを地にたふし その國(くに)とその牧伯(きみ)等を辱(はづ)かしめ
  3. 烈(はげ)しき震怒(いかり)をもてイスラエルのすべての角(つの)を絶(た)ち 敵の前にて己(おのれ)の右の手をひきちゞめ 四面(あたり)を焚(や)きつくす燃(もゆ)る火のごとくヤコブを焚(や)き
  4. 敵のごとく弓を張り 仇(あだ)のごとく右の手を挺(のべ)て立ち 凡(すべ)て目に喜こばしきものを滅(ほろぼ)し シオンの女(むすめ)の幕屋(まくや)に火のごとくその怒(いかり)をそゝぎたまへり
  5. 主(しゆ)敵のごとくに成(なり)たまひてイスラエルを呑(のみ)ほろぼし その諸(もろもろ)の殿を呑(のみ)ほろぼし そのもろもろの保砦(とりで)をこぼち ユダの女(むすめ)の上に憂愁(うれひ)と悲哀(かなしみ)を増(まし)くはへ
  6. 園(その)のごとく己(おのれ)の幕屋(まくや)を荒し その集會(あつまり)の所をほろぼしたまへり ヱホバ節會(せちゑ)と安息日(あんそくにち)とをシオンに忘れしめ 烈(はげ)しき怒(いかり)によりて王と祭司とをいやしめ棄(すて)たまへり
  7. 主(しゆ)その祭壇を忌(いみ)棄(す)て その聖所を嫌(きら)ひ憎(にく)みて その諸(もろもろ)の殿の石垣を敵の手にわたしたまへり 彼らは節會(せちゑ)の日のごとくヱホバの室(いへ)にて聲(こゑ)をたつ
  8. ヱホバ、シオンの女(むすめ)の石垣を毀(こぼ)たんと思ひさだめ 繩(なは)を張り こぼち進みてその手をひかず 壕(ほり)と石垣とをして哀(かな)しましめたまふ 是(これ)らは共に憂(うれ)ふ
  9. その門は地に埋(うづ)もれ ヱホバその關木(くわんぬき)をこぼちくだき その王ともろもろの牧伯(きみ)は律法(おきて)なき國人(くにびと)の中にあり その預言者はヱホバより異象(いしやう)を蒙(かうむ)らず
  10. シオンの女(むすめ)の長老等(としよりたち)は地に坐(すわ)りて黙(もく)し 首(かうべ)に灰をかむり 身に麻(あさ)をまとふ ヱルサレムの處女(をとめ)は首(かうべ)を地に低(た)る
  11. わが目は涙の爲(ため)に潰(つぶ)れんとし わが膓(はらわた)は沸(わき)かへり わが肝(きも)は地に塗(まみ)る わが民の女(むすめ)ほろぼされ 幼少(をさなき)ものや乳哺子(ちのみご)は疲れはてゝ邑(まち)の街衢(ちまた)に氣息(いき)たへなんとすればなり
  12. かれらは疵(きず)を負(おへ)る者の如(ごと)く邑(まち)のちまたにて氣息(いき)たえなんとし 母の懐(ふところ)にその靈魂(たましひ)をそゝがんとし 母にむかひて言ふ 穀物(こくもつ)と酒とはいづくにあるやと
  13. ヱルサレムの女(むすめ)よ 我なにをもて汝(なんぢ)にあかしし 何をもて汝にならべんや シオンの處女(をとめ)よ われ何をもて汝になぞらへて汝をなぐさめんや 汝のやぶれは海のごとく大(おほい)なり 嗟(あゝ)たれか能(よ)く汝を醫(いや)さんや
  14. なんぢの預言者は虚(むな)しき事と愚(おろか)なることをなんぢに預言し かつて汝の不義をあらはしてその俘囚(とらはれ)をまぬかれしめんとはせざりき その預言するところは唯(たゞ)むなしき重荷(おもに)および追放(おひはな)たるゝ根本(もと)となるべき事のみ
  15. すべて往來(ゆきゝ)の人なんぢにむかひて手を拍(う)ち ヱルサレムの女(むすめ)にむかひて嘲(あざけ)りわらひ かつ頭(かうべ)をふりて言ふ 美麗(うるはしき)の極(きはみ)全地の欣喜(よろこび)ととなへたりし邑(まち)は是(これ)なるかと
  16. なんぢのもろもろの敵はなんぢに對(むか)ひて口を開(あ)け あざけり笑ひて切齒(はがみ)をなす 斯(かく)て言ふわれら之(これ)を呑(のみ)つくしたり 是(これ)われらが望みたりし日なり 我ら已(すで)に之(これ)にあへり 我らすでに之(これ)を見たりと
  17. ヱホバはその定(さだ)めたまへることを成(な)し いにしへより其(その)命じたまひし言(ことば)を果(はた)したまへり ヱホバはほろぼして憐(あは)れまず 敵をして汝(なんぢ)にかちほこらしめ汝の仇(あだ)の角(つの)をたかくしたまへり
  18. かれらの心は主(しゆ)にむかひて呼(よば)はれり シオンの女(むすめ)の墻垣(かき)よ なんぢ夜も晝も河の如(ごと)く涙をながせ みづから安んずることをせず 汝の瞳子(ひとみ)を休むることなかれ
  19. なんぢ夜の初更(しょかう)に起(おき)いでて呼(よび)さけべ 主(しゆ)の御前(おんまへ)に汝の心を水のごとく灌(そゝ)げ 街衢(ちまた)のほとりに饑(うゑ)たふるゝなんぢの幼兒(をさなご)の生命のために主にむかひて兩手(もろて)をあげよ
  20. ヱホバよ視(み)たまへ 汝(なんぢ)これを誰におこなひしか 願(ねが)はくは顧(かへり)みたまへ 婦人(をんな)おのが實(み)なるその懷(いだ)き育てし孩兒(をさなご)を食(くら)ふべけんや 祭司(さいし)預言者(よげんしゃ)等(ら)主の聖所(せいじょ)において殺さるべけんや
  21. をさなきも老(おい)たるも街衢(ちまた)にて地に臥(ふ)し わが處女(をとめ)も若き男も刄(やいば)にかゝりて斃(たふ)れたり なんぢはその震怒(いかり)の日にこれを殺し これを屠(ほふ)りて恤(あは)れみたまはざりき
  22. なんぢ節會(せちゑ)の日のごとくわが懼(おそ)るゝところの者を四方(よも)より呼(よび)あつめたまへり ヱホバの震怒(いかり)の日には遁(のが)れたる者なく又のこりたる者なかりき わが懷(いだ)き育てし者はみなわが敵のためにほろぼされたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤの哀歌 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書