目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5

Old Testament「Book of Lamentations」
旧約聖書:エレミヤの哀歌

第3章(CHAPTER 3)

  1. 我はかれの震怒(いかり)の笞(しもと)によりて艱難(なやみ)に遭(あひ)たる人なり
  2. かれは我をひきて黒暗(くらき)をあゆませ光明(ひかり)にゆかしめたまはず
  3. まことに[しばしば]その手をむけて終日(ひねもす)われを攻(せめ)なやまし
  4. わが肉と肌膚(はだへ)をおとろへしめ わが骨を摧(くだ)き
  5. われにむかひて患苦(くるしみ)と艱難(なやみ)を築(きづ)きこれをもて我を圍(かこ)み
  6. われをして長久(とこしなへ)に死(しに)し者のごとく暗き處(ところ)に住(すま)しめ
  7. 我をかこみて出(いづ)ること能(あた)はざらしめわが鏈索(くさり)を重くしたまへり
  8. 我さけびて助(たすけ)をもとめしとき彼わが祈祷(いのり)をふせぎ
  9. 斫(きり)たる石をもてわが道を塞(ふさ)ぎわが途(みち)をまげたまへり
  10. その我に對(たい)することは伏(ふし)て伺(うか)がふ熊(くま)のごとく潜(ひそ)みかくるゝ獅子(しゝ)のごとし
  11. われに路(みち)を離れしめ我をひきさきて獨(ひとり)くるしましめ
  12. 弓を張りてわれを矢先の的(まと)となし
  13. 矢筒(えびら)の矢をもてわが腰(こし)を射(い)ぬきたまへり
  14. われはわがすべての民のあざけりとなり終日(ひねもす)うたひそしらる
  15. かれ我をして苦(にが)き物に飽(あか)しめ[いんちん]を飮(のま)しめ
  16. 小石をもてわが齒を摧(くだ)き灰をもて我を蒙(おほ)ひたまへり
  17. なんぢわが靈魂(たましひ)をして平和を遠くはなれしめたまへば我は福祉(さいはひ)をわすれたり
  18. 是(こゝ)において我みづから言(いへ)り わが氣力(ちから)うせゆきぬ ヱホバより何をも望むべきところ無しと
  19. ねがはくは我(わ)が艱難(なやみ)と苦楚(くるしみ)[いんちん]と膽汁(たんじふ)とを心に記(とめ)たまへ
  20. わがたましひは今なほ是(これ)らの事を想(おも)ひてわが衷(うち)に鬱(ふさ)ぐ
  21. われこの事を心におもひ起(おこ)せり この故(ゆゑ)に望(のぞみ)をいだくなり
  22. われらの尚(なほ)ほろびざるはヱホバの仁愛(いつくしみ)によりその憐憫(あはれみ)の盡(つき)ざるに因(よ)る
  23. これは朝ごとに新(あらた)なり なんぢの誠實(まこと)はおほいなるかな
  24. わが靈魂(たましひ)は言ふ ヱホバはわが分(ぶん)なり このゆゑに我彼を待ち望まん
  25. ヱホバはおのれを待ち望む者とおのれを尋(たづ)ねもとむる人に恩惠(めぐみ)をほどこしたまふ
  26. ヱホバの救拯(すくひ)をのぞみて靜(しづか)にこれを待(まつ)は善(よ)し
  27. 人わかき時に軛(くびき)を負(おふ)は善(よ)し
  28. ヱホバこれを負(おは)せたまふなれば獨(ひとり)坐(ざ)して黙(もく)すべし
  29. 口を塵(ちり)につけよ あるひは望(のぞみ)あらん
  30. おのれを撃(う)つ者に頬(ほゝ)をむけ 充足(みちた)れるまでに恥辱(はづかしめ)をうけよ
  31. そは主(しゆ)は永久(とこしなへ)に棄(すつ)ることを爲(なし)たまはざるべければなり
  32. かれは患難(なやみ)を與(あた)へ給(たま)ふといへどもその慈悲(じひ)おほいなればまた憐憫(あはれみ)を加へたまふなり
  33. 心より世の人をなやましかつ苦しめ給(たま)ふにはあらざるなり
  34. 世のもろもろの俘囚人(とらはれびと)を脚(あし)の下にふみにじり
  35. 至高者(いとたかきもの)の面(かほ)の前にて人の理(り)を抂(ま)げ
  36. 人の詞訟(うつたへ)を屈(かゞ)むることは主(しゆ)のよろこび給(たま)はざるところなり
  37. 主(しゆ)の命じ給(たま)ふにあらずば誰か事を述(のべ)んにその事即(すなは)ち成(なら)んや
  38. 禍(わざはひ)も福(さいはひ)もともに至高者(いとたかきもの)の口より出(いづ)るにあらずや
  39. 活(いけ)る人なんぞ怨言(つぶやく)べけんや 人おのれの罪の罰(ばつ)せらるゝをつぶやくべけんや
  40. 我等みづからの行(おこなひ)をしらべかつ省(かへり)みてヱホバに歸(かへ)るべし
  41. 我ら天にいます神にむかひて手とともに心をも擧(あぐ)べし
  42. われらは罪ををかし我らは叛(そむ)きたり なんぢこれを赦(ゆる)したまはざりき
  43. なんぢ震怒(いかり)をもてみづから蔽(おほ)ひ 我らを追(おひ)攻め殺してあはれまず
  44. 雲をもてみづから蔽(おほ)ひ 祈祷(いのり)をして通(つう)ぜざらしめ
  45. もろもろの民の中にわれらを塵埃(ちりあくた)となしたまへり
  46. 敵は皆われらにむかひて口を張れり
  47. 恐懼(おそれ)と[おとしあな]また暴行(あらび)と滅亡(ほろび)我らに來(きた)れり
  48. わが民の女(むすめ)の滅亡(ほろび)によりてわが眼(め)には涙の河(かは)ながる
  49. わが目は斷(たえ)ず涙をそゝぎて止(やま)ず
  50. 天よりヱホバの臨(のぞ)み見て顧(かへり)みたまふ時にまで至らん
  51. わが邑(まち)の一切(すべて)の女(むすめ)等の故(ゆゑ)によりてわが眼はわが心をいたましむ
  52. 故(ゆゑ)なくして我に敵する者ども鳥を追(おふ)ごとくにいたく我をおひ
  53. わが生命(いのち)を坑(あな)の中にほろぼしわが上に石を投(なげ)かけ
  54. また水わが頭(かしら)の上に溢(あふ)る 我みづから言(いへ)り滅(ほろ)びうせぬと
  55. ヱホバよ われ深き坑(あな)の底より汝(なんぢ)の名を呼(よべ)り
  56. なんぢ我(わ)が聲(こゑ)を聽(きゝ)たまへり わが哀歎(なげき)と祈求(いのり)に耳をおほひたまふなかれ
  57. わが汝を[よび]たりし時なんぢは近よりたまひて恐(おそ)るゝなかれと宣(のたま)へり
  58. 主(しゆ)よなんぢはわが靈魂(たましひ)の訴(うつたへ)を助け伸(の)べ わが生命(いのち)を贖(あがな)ひ給(たま)へり
  59. ヱホバよ なんぢは我(わ)がかうむりたる不義を見たまへり 願はくは我に正しき審判(さばき)を與(あた)へたまへ
  60. なんぢは彼らが我を怨(うら)み われを害せんとはかるを凡(すべ)て見たまへり
  61. ヱホバよなんぢは彼らが我を詈(のゝし)り 我を害せんとはかるを凡(すべ)て聞(きゝ)たまへり
  62. かの立(たち)て我に逆(さか)らふ者等の言語(ことば)およびその終日(ひねもす)われを攻(せめ)んとて運(めぐ)らす謀計(はかりごと)もまた汝(なんぢ)これを聞(きゝ)たまへり
  63. ねがはくは彼らの起居(たちゐ)をかんがみたまへ 我はかれらに歌(うた)ひそしらる
  64. ヱホバよなんぢは彼らが手に爲(な)すところに循(した)がひて報(むくい)をなし
  65. かれらをして心くらからしめたまはん なんぢの呪詛(のろひ)かれらに歸(き)せよ
  66. なんぢは震怒(いかり)をもてかれらを追ひ ヱホバの天の下よりかれらをほろぼし絶(たち)たまはん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤの哀歌 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書