目次 前へ  1 2 3 4 5

Old Testament「Book of Lamentations」
旧約聖書:エレミヤの哀歌

第5章(CHAPTER 5)

  1. ヱホバよ我らにありし所の事をおもひたまへ 我らの恥辱(はづかしめ)をかへりみ觀(み)たまへ
  2. われらの産業(もちもの)は外國人(とつくにびと)に歸(き)し われらの家屋(いへ)は他國人(あだしくにびと)の有(もの)となれり
  3. われらは孤子(みなしご)となりて父あらず われらの母は寡婦(やもめ)にひとし
  4. われらは金(かね)を出して自己(おのれ)の水を飮み おのれの薪(たきゞ)を得(う)るにも價(あたひ)をはらふ
  5. われらを追ふ者われらの頸(くび)に迫(せま)る 我らは疲れて休むことを得(え)ず
  6. 食物(くひもの)を得(え)て饑(うゑ)を凌(しの)がんとてエジプト人(びと)およびアツスリヤ人(びと)に手を與(あた)へたり
  7. われらの父は罪ををかして已(すで)に世にあらず 我らその罪を負(お)ふなり
  8. 奴僕(しもべ)等われらを制するに誰ありて我らを之(これ)が手よりすくひ出(いだ)すものなし
  9. 荒野(あれの)の刀兵(つるぎ)の故(ゆゑ)によりて我ら死を冒(をか)して食物を得(う)
  10. 饑饉(ききん)の烈(はげ)しき熱氣(ねっき)によりてわれらの皮膚(はだへ)は爐(かまど)のごとく熱(ねつ)し
  11. シオンにて婦人(をんな)等をかされユダの邑々(まちまち)にて處女等(をとめら)けがさる
  12. 侯伯(きみ)たる者も敵の手にて吊(つる)され 老(おい)たる者の面(かほ)も尊(たふ)とばれず
  13. 少(わか)き者は石磨(いしうす)を擔(にな)はせられ 童子(わらべ)は薪(たきゞ)を負(お)ふてよろめき
  14. 長老(としより)は門にあつまることを止(や)め 少(わか)き者はその音樂を廢(はい)せり
  15. 我らが心の快樂(たのしみ)はすでに罷(や)み われらの跳舞(をどり)はかはりて悲哀(かなしみ)となり
  16. われらの冠冕(かんむり)は首(かうべ)より落(おち)たり われら罪ををかしたれば禍(わざはひ)なるかな
  17. これが爲(ため)に我らの心うれへこれらのために我らが目くらくなれり
  18. シオンの山は荒(あれ)はて 山犬その上を歩くなり
  19. ヱホバよなんぢは永遠(とこしなへ)に在(いま)す なんぢの御位(みくらゐ)は世々かぎりなし
  20. 何とて我らを永く忘れわれらを斯(かく)ひさしく棄(すて)おきたまふや
  21. ヱホバよねがはくは我らをして汝(なんぢ)に歸(かへ)らしめたまへ われら歸(かへ)るべし 我らの日を新(あらた)にして昔日(むかし)の日のごとくならしめたまへ
  22. さりとも汝(なんぢ)まつたく我らを棄(す)てたまひしや 痛(いた)くわれらを怒(いか)りゐたまふや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):エレミヤの哀歌 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書