目次 次へ  1 2 3 4

Old Testament「Book of Malachi」
旧約聖書:マラキ書

第1章(CHAPTER 1)

  1. これマラキに托(より)てイスラエルに臨(のぞ)めるヱホバの言(ことば)の重負(おもに)なり
  2.  ヱホバ曰(いひ)たまふ我(われ)汝(なんぢ)らを愛したり然(しか)るに汝ら云(い)ふ汝いかに我儕(われら)を愛せしやとヱホバいふエサウはヤコブの兄に非(あら)ずやされど我はヤコブを愛し
  3. エサウを惡(にく)めり且(か)つわれ彼の山を荒(あら)し其(その)嗣業(しげふ)を山犬にあたへたり
  4. エドムは我儕(われら)ほろぼされたれども再び荒(あれ)たる所を建(たて)んといふによりて萬軍(ばんぐん)のヱホバかく曰(いひ)たまふ彼等は建(たて)んされど我これを倒(たふ)さん人は彼等を惡境(あくきゃう)とよび又ヱホバの恒(つね)に怒(いか)りたまふ人民と稱(とな)へん
  5. 汝(なんぢ)らこれを目に見て云(いは)んヱホバはイスラエルの地に大(おほい)なりと
  6.  子は其(その)父を敬(うやま)ひ僕(しもべ)はその主(しゆ)を敬(うやま)ふされば我もし父たらば我を敬(うやま)ふこと安(いづく)にあるや我もし主(しゆ)たらば我をおそるゝこと安(いづく)にあるやなんぢら我(わ)が名を藐視(あなど)る祭司よと萬軍(ばんぐん)のヱホバいひたまふ然(しか)るに汝曹(なんぢら)はいふ我儕(われら)何(いか)に汝の名を藐視(あなど)りしやと
  7. 汝(なんぢ)ら汚(けが)れたるパンをわが壇(だん)の上に獻(さゝ)げしかして言ふ我儕(われら)何(いか)に爾(なんぢ)を汚(けが)せしやと汝曹(なんぢら)ヱホバの臺(だい)は卑(いや)しきなりと云(いひ)しがゆゑなり
  8. 汝(なんぢ)ら盲目なる者を犠牲(いけにへ)に獻(さゝ)ぐるは惡(あしき)に非(あら)ずや又跛足(あしなへ)なるものと病者(やめるもの)を獻(さゝ)ぐるは惡(あしき)に非(あら)ずや今これを汝の方伯(つかさ)に獻(さゝ)げよされば彼なんぢを悦(よろこ)ぶや汝を受納(うけいる)るや萬軍(ばんぐん)のヱホバこれをいふ
  9. 請(こ)ふ汝(なんぢ)ら神に我らをあはれみ給(たま)はんことをもとめよこれらは凡(すべ)て汝らの手になれり彼なんぢらを納(いれ)んや萬軍(ばんぐん)のヱホバこれを言ふ
  10. 汝(なんぢ)らがわが壇(だん)の上にいたづらに火をたくこと無(なか)らんために汝らの中(うち)一人扉を閉(と)づる者あらまほしわれ汝らを悦(よろこ)ばず又なんぢらの手より獻物(さゝげもの)を受(うけ)じと萬軍のヱホバいひ給(たま)ふ
  11. 日の出(いづ)る處(ところ)より沒(い)る處(ところ)までの列國(くにぐに)の中(うち)に我(わが)名は大(おほい)ならん又何處(いづこ)にても香(かう)と潔(きよ)き獻物(さゝげもの)を我(わが)名に獻(さゝ)げんそはわが名(な)列國(くにぐに)の中(うち)に大(おほい)なるべければなりと萬軍(ばんぐん)のヱホバいひ給(たま)ふ
  12. しかるになんぢら之(これ)を褻(けが)したりそは爾曹(なんぢら)はヱホバの臺(だい)は汚(けが)れたりまた其(その)果(み)すなはちその食物(かて)は卑(いや)しと云(いへ)ばなり
  13. なんぢらは又如何(いか)に煩勞(わづらは)しきことにあらずやといひ且(かつ)これを藐視(いやしめ)たり萬軍のヱホバこれをいふ又なんぢらは奪(うば)ひし物(もの)跛足(あしなへ)たる者病(やめ)る者を携(たづさ)へ來(きた)れり汝らかく獻物(さゝげもの)を携(たづさ)へ來(きた)ればわれ之(これ)を汝らの手より受(うく)べけんやヱホバこれをいひ給(たま)へり
  14. 群(むれ)の中(うち)に牡(をす)あるに誓(ちかひ)を立てゝ疵(きず)あるものをヱホバに獻(さゝ)ぐる詐僞者(いつはりもの)は詛(のろ)はるべしそは我は大(おほい)なる王また我名(わがな)は列國(くにぐに)に畏(おそ)れらるべきなればなり萬軍(ばんぐん)のヱホバこれをいふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):マラキ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書