目次 前へ 次へ  1 2 3 4

Old Testament「Book of Malachi」
旧約聖書:マラキ書

第2章(CHAPTER 2)

  1. 祭司(さいし)等よ今この命令(いひつけ)なんぢらにあたへらる
  2. 萬軍(ばんぐん)のヱホバいひたまふ汝等もし聽(き)きしたがはず又これを心にとめず我名(わがな)に榮光(さかえ)を歸(き)せずばわれ汝(なんぢ)らの上に詛(のろひ)を來(きた)らせん又なんぢらの祝福(めぐみ)を詛(のろ)はんわれすでに此等(これら)を詛(のろ)へり汝らこれを心にとめざりしに因(より)てなり
  3. 視(み)よ我なんぢらのために種(たね)をいましめんまた糞(ふん)すなはち汝らの犠牲(いけにへ)の糞(ふん)を汝らの面(かほ)の上に撒(まきちら)さん汝らこれとともに携(たづさ)へさられん
  4. わが此(この)命令(いひつけ)をなんぢらに下(くだ)し與(あた)ふるは我(わが)契約(けいやく)をしてレビに保(たも)たしめんためなるを汝ら知るべし萬軍のヱホバこれをいふ
  5. わが彼と結びし契約(けいやく)は生命(いのち)と平安(へいあん)とにあり我(わ)がこれを彼に與(あた)へしは彼に我を畏(おそ)れしめんが爲(ため)なり彼われを懼(おそ)れわが名の前にをのゝけり
  6. 眞理(まこと)の法(おきて)彼の口に在(あり)て不義(ふぎ)その口唇(くちびる)にあらず彼(かれ)平安と公義(こうぎ)をとりて我とともにあゆみ又多(おほく)の人を不義より立歸(たちかへ)らせたりき
  7. 夫(そ)れ祭司の口唇(くちびる)に知識を持(もつ)べく又人彼の口より法(おきて)を諮詢(たづぬ)べしそは祭司(さいし)は萬軍のヱホバの使者(つかひ)なればなり
  8. しかるに汝らは道を離れ衆多(おほく)の人を法(おきて)に躓礙(つまづ)かせレビの契約を壞(やぶ)りたり萬軍のヱホバこれをいふ
  9. 汝(なんぢ)らは我道(わがみち)を守らず法(おきて)をおこなふに當(あた)りて人に偏(かたよ)りし故(ゆゑ)にわれも汝らを一切(すべて)の民の前に輕(かろし)められまた賤(いやし)められしむ
  10.  我儕(われら)の父は皆同一(ひとつ)なるにあらずやわれらを造りし神は同一(ひとつ)なるにあらずや我儕(われら)先祖等の契約を破りて各々(おのおの)おのれの兄弟にいつはりを行(おこな)ふは何ぞ
  11. ユダは誓約(ちかひ)にそむけりイスラエル及びヱルサレムの中には憎(にく)むべき事(こと)行(おこな)はるすなはちユダはヱホバの愛したまふ聖所(せいじょ)を褻(けが)して他神(あだしかみ)の女(むすめ)をめとれり
  12. ヱホバこれをおこなふ人をば主(しゆ)なるものをも事(つか)ふる者をもヤコブの幕屋(まくや)よりのぞきたまはん萬軍のヱホバに獻物(さゝげもの)をさゝぐるものにてもまた然(しか)り
  13. つぎに又なんぢらはこれをなせり即(すなは)ち涙(なみだ)と泣(なき)と歎(なげき)とをもてヱホバの壇(だん)をおほはしめたり故(ゆゑ)に彼もはや獻物(さゝげもの)を顧(かへり)みずまたこれを汝らの手より悦(よろこ)び納(いれ)たまはざるなり
  14. 汝(なんぢ)らはなほ何故(なにゆゑ)ぞやと言ふそは是(これ)はヱホバ汝となんぢの若き時の妻の間(あひだ)にいりて證(あかし)をなしたまへばなり彼はなんぢの伴侶(とも)汝が契約をなせし妻なるに汝(なんぢ)誓約(ちかひ)に背(そむ)きてこれを棄(す)つ
  15. ヱホバは只(たゞ)一(ひとつ)を造りたまひしにあらずやされども彼にはなほ靈(れい)の餘(あまり)ありき何故(なにゆゑ)にひとつのみなりしや是(こ)は神を敬虔(うやまふ)の裔(すゑ)を得(え)んが爲(ため)なりき故(ゆゑ)になんぢら心に謹(つゝし)みその若き時の妻を誓約(ちかひ)にそむきて棄(すつ)るなかれ
  16. イスラエルの神ヱホバいひたまふわれは離縁(りえん)を惡(にく)みまた虐遇(しへたげ)をもて其(その)衣(ころも)を蔽(おほ)ふ人を惡(にく)む故(ゆゑ)に汝ら誓約(ちかひ)にそむきて妻を待遇(あしら)はざるやう心につゝしむべし萬軍のヱホバこれをいふ
  17.  なんぢらは言(ことば)をもてヱホバを煩勞(わづら)はせりされど汝ら言ふ何(いか)にわづらはせしやと如何(いかに)となればなんぢら凡(すべ)て惡をなすものはヱホバの目に善(よし)と見えかつ彼に悦(よろこ)ばると言ひまた審判(さばき)の神は安(いづく)にあるやといへばなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):マラキ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書