目次 次へ  1 2 3 4 5 6 7

Old Testament「Book of Micah」
旧約聖書:ミカ書

第1章(CHAPTER 1)

  1. ユダの王ヨタム、アハズおよびヒゼキヤの代(よ)にモレシテ人(びと)ミカに臨(のぞ)めるヱホバの言(ことば)是(これ)すなはちサマリヤとヱルサレムの事につきて彼が示されたる者なり
  2.  萬民(ばんみん)よ聽(き)け地とその中の者よ耳を傾(かたぶ)けよ主(しゆ)ヱホバ汝(なんぢ)らに對(むか)ひて證(あかし)を立(たて)たまはん即(すなは)ち主(しゆ)その聖殿(きよきみや)より之(これ)を立(たて)たまふべし
  3. 視(み)よヱホバその處(ところ)より出(いで)てくだり地の高處(たかきところ)を踏(ふみ)たまはん
  4. 山は彼の下に融(と)け谷は裂(さ)けたり火の前なる蝋(らふ)のごとく坡(さか)に流るゝ水の如(ごと)し
  5. 是(これ)みなヤコブの咎(とが)の故(ゆゑ)イスラエルの家の罪のゆゑなりヤコブの愆(とが)とは何かサマリヤにあらずやユダの崇邱(たかきところ)とは何かヱルサレムにあらずや
  6. 是故(このゆゑ)に我サマリヤを野の石堆(いしづか)となし葡萄(ぶだう)を植(うゝ)る處(ところ)と爲(な)し又その石を谷に投(なげ)おとしその基(もとゐ)を露(あらは)さん
  7. その石像(せきざう)はみな碎(くだ)かれその獲(え)たる價金(あたひ)はみな火にて焚(やか)れん我その偶像(ぐうざう)をことごとく毀(こぼ)たん彼(かれ)妓女(あそびめ)の價金(あたひ)よりこれを積(つみ)たれば是(これ)はまた歸(かへ)りて妓女(あそびめ)の價金(あたひ)となるべし
  8.  我(われ)これがために哭(なげ)き[さけ]ばん衣(ころも)を脱(ぬ)ぎ裸體(はだか)にて歩行(あるか)ん山犬(やまいぬ)のごとくに哭(なげ)き駝鳥(だちやう)のごとくに啼(なか)ん
  9. サマリヤの傷(きず)は醫(いや)すべからざる者にてすでにユダに至り我民(わがたみ)の門ヱルサレムにまでおよべり
  10. ガテに傳(つた)ふるなかれ泣(なき)さけぶ勿(なか)れベテレアフラにて我(われ)塵(ちり)の中に輾(まろ)びたり
  11. サピルに住(すめ)る者よ汝(なんぢ)ら裸(はだか)になり辱(はぢ)を蒙(かうむ)りて進みゆけザアナンに住(すめ)る者は敢(あへ)て出(いで)ずベテエゼルの哀哭(なげき)によりて汝らは立處(たちどころ)を得(え)ず
  12. マロテに住(すめ)る者は己(おのれ)の幸福(さいはひ)につきて思ひなやむ其(そ)は災禍(わざはひ)ヱホバより出(いで)てヱルサレムの門に臨(のぞ)めばなり
  13. ラキシに住(すめ)る者よ馬に車をつなげラキシはシオンの女(むすめ)の罪の根本(もと)なりイスラエルの愆(とが)は汝の中(うち)に見ゆ
  14. この故(ゆゑ)に汝(なんぢ)モレセテガテに離別(りべつ)の饋物(おくりもの)を與(あた)へよアクジブの家々はイスラエルの王等におけること人を欺(あざむ)く溪川(たにがは)のごとくなるべし
  15. マレシヤにすめる者よ我また汝(なんぢ)の地を獲(う)べき者を汝に携(たづさ)へ往(ゆく)べしイスラエルの榮光(さかえ)アドラムに往(ゆか)ん
  16. 汝(なんぢ)その悦(よろこ)ぶところの子等(こども)の故(ゆゑ)によりて汝の髮(かみ)を剃(そり)おろせ汝の首(かしら)の剃(そり)し處(ところ)を大きくして鷲(わし)のごとくにせよ其(そ)は彼等捕(とら)へられて汝を離(はな)るればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ミカ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書