目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7

Old Testament「Book of Micah」
旧約聖書:ミカ書

第2章(CHAPTER 2)

  1. その牀(とこ)にありて不義(ふぎ)を圖(はか)り惡事(あくじ)を工夫(くはだつ)る者等には禍(わざはひ)あるべし彼らはその手に力あるが故(ゆゑ)に天亮(よあけ)におよべばこれを行(おこな)ふ
  2. 彼らは田圃(たはた)を貧(むさぼ)りてこれを奪(うば)ひ家を貧(むさぼ)りて是(これ)を取りまた人を虐(しへた)げてその家を掠(かす)め人を虐(しへた)げてその産業(さんげふ)をかすむ
  3. 是故(このゆゑ)にヱホバかく言(いひ)たまふ視(み)よ我(われ)此族(このやから)にむかひて災禍(わざはひ)を降(くだ)さんと謀(はか)る汝らはその頸(うなじ)を是(これ)より脱(だつ)すること能(あた)はじまた首をあげて歩くこと能(あた)はざるべし其時(そのとき)は災禍(わざはひ)の時なればなり
  4. その日には人(ひと)汝らにつきて詩(し)を作り悲哀(かなしみ)の歌をもて悲哀(かなしみ)て言(いは)ん事(こと)既(すで)にいたれり我儕(われら)は悉(ことごと)く滅(ほろぼ)さる彼わが民の産業を人に與(あた)ふ如何(いか)なれば我よりこれを離(はな)すや 我儕(われら)の田圃(たはた)を違逆者(そむくもの)に分(わか)ち與(あた)ふ
  5. 然(され)ば汝(なんぢ)らヱホバの會衆(くわいしう)の中(うち)には籤(くじ)によりて繩(なは)をうつ者一人も有(あら)じ
  6.  預言(よげん)する勿(なか)れ彼らは預言す彼らは是等(これら)の者等にむかひて預言せじ恥辱(はぢ)彼らを離れざるべし
  7. 汝(なんぢ)ヤコブの家と稱(とな)へらるゝ者よヱホバの氣(こゝろ)短(みぢか)からんやヱホバの行爲(わざ)是(かく)のごとくならんや我言(わがことば)は品行(おこなひ)正直者(たゞしきもの)の益(えき)とならざらんや
  8. 然(しか)るに我民(わがたみ)は近頃起(おこ)りて敵となれり汝らは夫(か)の戰爭(いくさ)を避(さけ)て心配(こゝろおき)なく過(すぐ)るところの者等に就(つき)てその衣服(ころも)の外衣(うはぎ)を奪(うば)ひ
  9. 我民(わがたみ)の婦女(をんな)をその悦(よろこ)ぶところの家より逐(おひ)いだしその子等(こども)より我の妝飾(かざり)を永(なが)く奪(うば)ふ
  10. 起(たち)て去れ是(これ)は汝(なんぢ)らの安息(あんそく)の地にあらず是(これ)は已(すで)に汚(けが)れたれば必ず汝らを滅(ほろぼ)さん其(その)滅亡(ほろび)は劇(はげし)かるべし
  11. 人もし風に歩み[いつはり]を宣(の)べ我(われ)葡萄酒(ぶだうしゅ)と濃酒(こきさけ)の事につきて汝に預言せんと言(いふ)ことあらばその人はこの民の預言者とならん
  12.  ヤコブよ我かならず汝(なんぢ)をことごとく集(つど)へ必ずイスラエルの遺餘者(のこれるもの)を聚(あつ)めん而(しか)して我(われ)之(これ)を同一(ひとつ)に置(おき)てボヅラの羊(ひつじ)のごとく成(なら)しめん彼らは人數(ひとかず)衆(おほ)きによりて牧塲(まきば)の中なる群(むれ)のごとくにその聲(こゑ)をたてん
  13. 打破者(うちやぶるもの)かれらに先だちて登り彼ら遂(つひ)に門を打敗(うちやぶ)り之(これ)を通りて出(いで)ゆかん彼らの王その前(さき)にたちて進みヱホバその首(かしら)に立(たち)たまふべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ミカ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書