目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7

Old Testament「Book of Micah」
旧約聖書:ミカ書

第7章(CHAPTER 7)

  1. 我は禍(わざはひ)なるかな我の景况(ありさま)は夏の菓物(くだもの)を採(と)る時のごとく遺(のこ)れる葡萄(ぶだう)を斂(をさ)むる時に似たり食(くら)ふべき葡萄(ぶだう)あること無(な)く我(わ)が心に嗜(たし)む初結(はつなり)の無花果(いちじく)あること無し
  2. 善人(ぜんにん)地に絶(た)ゆ人の中(うち)に直(なほ)き者なし皆血を流さんと伏(ふし)て伺(うかゞ)ひ各々網(あみ)をもてその兄弟を獵(か)る
  3. 兩手(もろて)は惡を善(よく)なすに急(いそ)がし牧伯(つかさ)は要求(もと)め裁判人(さばきびと)は賄賂(まひなひ)を取り力ある人はその心の惡(あし)き望(のぞみ)を言(いひ)あらはし斯(かく)共にその惡をあざなひ合(あは)す
  4. 彼らの最(もつと)も善(よ)き者も荊棘(いばら)のごとく最も直(なほ)き者も刺(とげ)ある樹の垣より惡(あし)し汝の觀望人(ものみびと)の日すなはち汝の刑罰の日いたる彼らの中(うち)に今混亂(こんらん)あらん
  5. 汝(なんぢ)ら伴侶(とも)を信ずる勿(なか)れ朋友(ともだち)を恃(たの)むなかれ汝の懐(ふところ)に寢(いぬ)る者にむかひても汝の口の戸を守れ
  6. 男子(むすこ)は父を藐視(いやし)め女子(むすめ)は母に背(そむ)き嫁(よめ)は姑(しうとめ)に背(そむ)かん人の敵(あだ)はその家の者なるべし
  7.  我はヱホバを仰(あふ)ぎ望み我を救(すく)ふ神を望み俟(ま)つ我神(わがかみ)われに聽(きゝ)たまふべし
  8. 我(わが)敵人(あだびと)よ我につきて喜ぶなかれ我(われ)仆(たふ)るれば興(おき)あがる幽暗(くらき)に居(を)ればヱホバ我(われ)の光となりたまふ
  9. ヱホバわが訴訟(うつたへ)を理(たゞ)し我(わが)ために審判(さばき)をおこなひたまふまで我は忍(しの)びてその忿怒(いかり)をかうむらん其(そ)は我これに罪を得(え)たればなりヱホバつひに我を光明(ひかり)に携(たづさ)へいだし給(たま)はん而(しか)して我ヱホバの正義(たゞしき)を見ん
  10. わが敵これを見ん汝(なんぢ)の神ヱホバは何處(いづこ)にをるやと我に言(いへ)る者恥辱(はぢ)をかうむらん我かれを目に見るべし彼は街衢(ちまた)の泥のごとくに踏(ふみ)つけらるべし
  11. 汝(なんぢ)の垣を築(きづ)く日いたらん其日(そのひ)には法度(のり)遠く徙(うつ)るべし
  12. その日にはアツスリヤよりエジプトの邑々(まちまち)より人々汝に來(きた)りエジプトより河まで海より海まで山より山までの人々汝に來(きた)り就(つか)ん
  13. その日地はその居民(きょみん)の故(ゆゑ)によりて荒(あれ)はつべし是(これ)その行爲(おこなひ)の果報(くわはう)なり
  14.  汝(なんぢ)の杖(つゑ)をもて汝の民(たみ)即(すなは)ち獨(ひとり)離れてカルメルの中の林にをる汝の産業(さんげふ)の羊(ひつじ)を牧養(やしな)ひ之(これ)をして古昔(むかし)の日のごとくバシヤンおよびギレアデにおいて草を食(くら)はしめたまへ
  15. 汝(なんぢ)がエジプトの國(くに)より出(いで)來(き)し日のごとく我ふしぎなる事等を彼にしめさん
  16. 國々の民見てその一切(すべて)の能力(ちから)を恥(は)ぢその手を口にあてんその耳は聾となるべし
  17. 彼らは蛇(へび)のごとくに塵(ちり)を[な]め地に匍(は)ふ者の如(ごと)くにその城より振(ふる)ひて出(い)で戰慄(をのゝき)て我らの神ヱホバに詣(いた)り汝のために懼(おそ)れん
  18.  何(いづれ)の神か汝(なんぢ)に如(しか)ん汝は罪を赦(ゆる)しその産業の遺餘者(のこりのもの)の愆(とが)を見過(みすぐ)したまふなり神は憐憫(あはれみ)を悦(よろこ)ぶが故(ゆゑ)にその震怒(いかり)を永く保(たも)ちたまはず
  19. ふたゝび顧(かへり)みて我らを憐(あはれ)み我らの愆(とが)を踏(ふみ)つけ我らの諸(もろもろ)の罪を海の底に投(なげ)しづめたまはん
  20. 汝(なんぢ)古昔(むかし)の日われらの先祖(せんぞ)に誓(ちか)ひたりし其(その)眞實(まこと)をヤコブに賜(たま)ひ憐憫(あはれみ)をアブラハムに賜(たま)はん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ミカ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書