目次 前へ 次へ  1 2 3

Old Testament「Book of Nahum」
旧約聖書:ナホム書

第2章(CHAPTER 2)

  1. 撃破者(うちやぶるもの)攻(せめ)のぼりて汝(なんぢ)の前に至る汝(なんぢ)城を守り路(みち)を窺(うかゞ)ひ腰(こし)を強くし汝の力を大(おほい)に強くせよ
  2. ヱホバはヤコブの榮(さかえ)を舊(もと)に復(かへ)してイスラエルの榮(さかえ)のごとくしたまふ其(そ)は掠奪者(かすむるもの)これを掠(かす)めその葡萄蔓(ぶだうづる)を壞(そこな)ひたればなり
  3. その勇士(ゆうし)は楯(たて)を紅(くれなゐ)にしその軍兵は紅(くれない)に身を甲(よろ)ふ其(その)行伍(そなへ)を立つる時には戰車(いくさぐるま)の鐵(てつ)灼燦(きらめき)て火のごとし鎗(やり)また閃(ひら)めきふるふ
  4. 戰車(いくさぐるま)街衢(ちまた)に狂(くる)ひ奔(はし)り大路(おほぢ)に推(おし)あふ其(その)形状(ありさま)火炬(たいまつ)のごとく其(その)疾(と)く馳(は)すること電光(いなびかり)の如(ごと)し
  5. 彼その將士(しやうし)を憶(おも)ひいだす彼らはその途(みち)にて躓(つまづ)き仆(たふ)れその石垣に奔(はせ)ゆき大楯(おほだて)を備(そな)ふ
  6. 河々の門(もん)啓(ひら)け宮(みや)消(きえ)うせん
  7. この事(こと)定(さだ)まれり彼は裸(はだか)にせられて捕(とら)はれゆきその宮女(こしもと)胸を打(うち)て鴿(はと)のごとくに啼(な)くべし
  8.  ニネベはその建(たて)し日より以來(このかた)水の滿(みて)る池に似(に)たりしがその民(たみ)今は逃奔(にげはし)る止(とゞま)れ止れと呼(よべ)ども後を顧(かへりみ)る者なし
  9. 白銀(しろかね)を奪(うば)へよ黄金(こがね)を奪へよその寳物(たからもの)限(かぎり)なく諸(もろもろ)の貴(たふ)とき噐用(うつはもの)夥多(おびたゞ)し
  10. 滅亡(ほろびうせ)たり空虚(むなしく)なれり荒果(あれはて)たり心は消え膝(ひざ)は慄(ふる)ひ腰(こし)には凡(すべ)て劇(はげ)しき痛(いたみ)あり面(かほ)はみな色を失(うしな)ふ
  11. 獅子(しし)の穴は何處(いづこ)ぞや少(わか)き獅子の物を食(くら)ふ處(ところ)は何處(いづこ)ぞや雄獅子(をじし)雌獅子(めじし)その小獅子(こじし)とともに彼處(かしこ)に歩(あゆ)むに之(これ)を懼(おそ)れしむる者なし
  12. 雄獅子(をじし)は小獅子(こじし)のために物を噛(かみ)ころし雌獅子(めじし)の爲(ため)に物をくびり殺しその掠(かすめ)獲(え)たる物をもて穴に充(みた)しその裂殺(きりころ)しゝ物をもて住所(すみか)に滿(みた)す
  13. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ言(いひ)たまふ視(み)よ我なんぢに臨(のぞ)む我なんぢの戰車(いくさぐるま)を焚(やき)て煙となすべし汝の少(わか)き獅子(しゝ)はみな劍(つるぎ)の殺す所とならん我また汝の獲物を地より絶(たつ)べし汝の使者の聲(こゑ)かさねて聞(きこ)ゆること無(なか)らん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ナホム書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書