目次 前へ  1 2 3

Old Testament「Book of Nahum」
旧約聖書:ナホム書

第3章(CHAPTER 3)

  1. 禍(わざはひ)なるかな血を流す邑(まち)その中には全く詭譎(いつはり)および暴行(あらきわざ)充(み)ち掠(かす)め取ること息(や)まず
  2. 鞭(むち)の音あり輪(わ)の轟(とゞろ)く音あり馬は躍(をど)り跳(は)ね車は輾(きし)り行く
  3. 騎兵(きへい)馳(はせ)のぼり劍(つるぎ)きらめき鎗(やり)ひらめく殺さるゝ者夥多(おびたゞ)しくして死屍(しかばね)山を爲(な)し死骸(しがい)限(かぎり)なし皆死屍(しかばね)に躓(つまづ)きて倒(たふ)る
  4. 是(これ)はかの魔術(まじゆつ)の主(ぬし)なる美しき妓女(あそびめ)多く淫行(いんかう)を行ひその淫行をもて諸國を奪ひその魔術をもて諸族(しよぞく)を惑(まどは)したるに因(より)てなり
  5. 萬軍(ばんぐん)のヱホバ言(いひ)たまふ視(み)よ我なんぢに臨(のぞ)む我なんぢの裳裾(もすそ)を掲(かゝ)げて面(かほ)の上にまで及ぼし汝(なんぢ)の陰所(かくしどころ)を諸民(しょみん)に見(しめ)し汝の羞(はづ)る所を諸國に見(しめ)すべし
  6. 我また穢(けがら)はしき物を汝の上に投(なげ)かけて汝を辱(はづか)しめ汝をして賽物(みもの)とならしめん
  7. 凡(すべ)て汝(なんぢ)を見る者はみな汝を避(さけ)て奔(はし)り去りニネベは亡(ほろ)びたりと言(いは)ん誰か汝のために哀(なげ)かんや何處(いづこ)よりして我なんぢを弔(とむら)ふ者を尋(たづ)ね得(え)んや
  8.  汝(なんぢ)あにノアモンに愈(まさ)らんやノアモンは河々の間に立ち水をその周圍(まはり)に環(めぐ)らし海をもて壕(ほり)となし海をもて垣(かき)となせり
  9. かつその勢力(ちから)たる者はエテオピア人(びと)およびエジプト人(びと)などにして限(かぎり)あらずフテ人(びと)ルビ人(びと)等汝(なんぢ)を助けたりき
  10. 然(しか)るに是(これ)も俘囚(とりこ)となりて捕(とら)はれてゆきその子女(こども)は一切(すべて)の衢(ちまた)の隅々にて投付(なげつけ)られて碎(くだ)け又その尊貴者(たふときもの)は籤(くじ)にて分(わか)たれ其(その)大(おほい)なる者はみな鏈(くさり)に繋(つな)がれたり
  11. 汝(なんぢ)もまた酔(ゑは)せられて終(つひ)に隱匿(かくれ)ん汝もまた敵を避(さけ)て逃(のが)るゝ處(ところ)を尋(たづ)ね求めん
  12. 汝(なんぢ)の城々はみな初(はじめ)に結びし果(み)のなれる無花果樹(いちじくのき)のごとし之(これ)を撼(ゆる)がせばその果(み)落(おち)て食(くら)はんとする者の口にいる
  13. 汝(なんぢ)の中にある民は婦人(をんな)のごとし汝の地の門はみな汝の敵の前に廣(ひろ)く開きてあり火なんぢの關(くわん)を焚(やか)ん
  14. 汝(なんぢ)水を汲(くみ)て圍(かこ)まるゝ時の用に備(そな)へ汝の城々を堅(かた)くし泥の中に入(いり)て踐(ふみ)て石灰(しつくい)を作りかつ瓦(かはら)燒窰(やきがま)を修理(つくろ)へよ
  15. 其處(そこ)にて火汝を燒き劍(つるぎ)なんぢを斬(きら)ん其(その)なんぢを滅(ほろぼ)すこと吸蝗(すひいなご)のごとくなるべし汝(なんぢ)吸蝗(すひいなご)のごとく數(かず)多からば多かれ汝(なんぢ)群蝗(むれいなご)のごとく數(かず)多からば多かれ
  16. 汝(なんぢ)はおのれの商賣(あきうど)を空の星よりも多くせり吸蝗(すひいなご)掠(かす)めて飛(とび)さる
  17. 汝(なんぢ)の重臣(ちょうしん)は群蝗(むれいなご)のごとく汝の軍長は蝗(いなご)の群(むれ)のごとし寒(さむ)き日には垣(かき)に巣窟(そうくつ)を構(かま)へ日出(いで)きたれば飛(とび)て去るその在(あ)る處(ところ)を知る者なし
  18. アツスリヤの王よ汝の牧者(ぼくしゃ)は睡(ねむ)り汝の貴族(きぞく)は臥(ふ)す又なんぢの民は山々に散(ちら)さる之(これ)を聚(あつ)むる者なし
  19. 汝(なんぢ)の傷(いたみ)は愈(いゆ)ること無し汝の創(きず)は重し汝の事を聞(きゝ)およぶ者はみな汝の故(ゆゑ)によりて手を拍(うた)ん誰か汝の惡行を恒(つね)に身に受(うけ)ざる者やある

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ナホム書 -
画面上へ 1章 2章 3章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書